2015年 出雲&全日本結果考察 ~中央学院大学~

続いては中央学院大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。トラックシーズンはベスト連発、全日本予選でトップ通過を果たすなど充実したシーズンを送っていただけに、駅伝シーズンも期待されましたが、出雲では潰滝、海老澤剛といったエースたちが繫ぎ区間に回ったこともあって総合7位、全日本でも1区で潰滝がまさかの出遅れとなってしまい、総合で9位とちょっと物足りない結果となってしまいました。両駅伝ともに出遅れたのが痛かったかなあ?

 

 

出雲では、初の主要区間となった大森が1区13位と出遅れてしまったのが痛かったですね。それでも、最短区間の2区に回った潰滝が区間新の走り、3区塩谷も区間5位と最上級生がきっちりと走ってくれました。しかし、4区に回った海老澤剛が9位と奮わず、、、それでも、5区新井が区間5位、6区山本が区間6位とまとめてきました。ちょっと区間順位が凸凹でしたが、3大駅伝初出場の新井が無難にデビューを果たし、山本が主要区間で結果を残したのは収穫でしたかねー。全日本にも期待が持てる結果でした。

 

 

全日本では1区潰滝が起用され、区間賞も期待されましたが、終盤に失速してしまい区間13位と出遅れてしまいました。今年度は失敗レースと呼べるものは記録会、勝負レースのいずれも無かっただけに、意外でしたね。。。箱根にはしっかりと合わせてきてくれるでしょう。最大のサプライズは2区に抜擢されたルーキーの樋口、いきなりのエース区間起用はびっくりでしたが、区間9位でまとめました。箱根でも2区起用があり得るかもと監督の期待が高まる樋口、この1年での飛躍は見事です。3区に海老澤剛、最短区間での起用でしたが区間7位とまたしても奮わず・・・本来であれば箱根2区 or 5区といった主要区間も期待される選手なだけに箱根を迎える際のコンディションが気になります。

 

 

4区塩谷は区間3位と見事な走りを披露、下級生の頃は勝負レースでなかなか結果を出せない印象でしたが、上級生になると記録会では凡走することがあっても、勝負レースや駅伝となると一切外さないようになりましたね。チームにとって欠かせない頼もしい存在です。5区を任された村上は区間12位・・・トラックではベストを更新してきていますが、3大駅伝は4回目の出場でなかなか区間1桁に手が届きませんね。本来であれば主力となってほしい選手なだけにもどかしいです。6区新井は区間8位と出雲に続いてまずまずですかねえ?ハーフも64分30秒で走っていますし、出雲~箱根まで欠かせない戦力となっていってくれそう。

 

 

7区にルーキーの森田が起用されるも区間10位・・・8番手の選手が起用されることが多い区間でこの順位はちょっと残念かなあ。トラックシーズンは好調でルーキーイヤーから3大駅伝での活躍も期待されていますからね~アンカーを任された大森は苦しい走りだった出雲とはガラッと変わり、区間5位と見事な走りを見せてくれました。ハーフ62分台の走力を最長区間で発揮しましたね!タイムも一気に伸ばしてきていますし、箱根でも主要区間への起用となりそうで、ここで結果を残したのは大きいです。4区終了時には6位とシード圏内に入ってくるなど見せ場も作ってくれました。

 

 

箱根に向けては戦力は引き続き充実しています。全日本を走った8人の他に、出雲で好走した山本がおり、いきなりハーフでチーム5番手となる64分6秒をマークしたルーキーの光武も楽しみな存在。海老澤太、藤花、久保田ら3大駅伝・予選会の経験がある3年生が1万mでベストを伸ばしてきているのも好材料ですね。ここから繫ぎ区間を任せられる選手も出てくるでしょう。往路は潰滝、塩谷、海老澤剛、山本あたりが任せられることになりそうかなあ?全日本の2区とは違い、箱根屈指の難コースである2区に本当に樋口が起用されたらびっくりですが果たして・・・?

 

 

復路は大森が中心になるのかなあ?往路、復路ともに選手は揃っていますので、2年連続のシード確保、そして前回の8位という順位を上回るためには何といっても5区ですよねー。前回は5区3位の及川の快走がシード獲得に大きく貢献しました。今年度は総合力では昨年度以上だと思うので、稼ぐ5区で無くともシードは可能だと思いますが、ブレーキになる5区ではシードが遠ざかってしまいますからねえ。6区も含めて山さえ目処がつけば、十分に期待出来る戦力だと思います。絶対的エースの潰滝が最終学年となる今年度は、近年でも戦力が最も充実する勝負の年となるでしょうし、そんな大会で是非とも満足の行く結果を残して欲しいです!!

 


PAGE TOP