2015年 出雲&全日本結果考察 ~明治大学~

続いては明治大学について、出雲、全日本の結果を振り返りつつ、箱根への展望も書いていきます。出雲・全日本結果はこのようになっております。出雲では総合8位と最強世代+横手がいない穴を大いに感じてしまう結果となりましたが、全日本では終盤に猛追されたものの、6位で見事にシード権を獲得しました。強豪チームというのは、卒業生の穴が大きくとも、また戦えるチームを作ってきますね。明治はかつても石川、安田、松本、北条らが揃った世代が卒業し、弱体化が心配されましたが、また優勝候補に名前が挙がるようなチームとなりましたし・・・

 

 

出雲はもはや主力としての活躍が期待されるルーキーの坂口を体調不良で欠いたこともあり、苦しい走りとなってしまいました。1区こそエースの木村が区間4位と好走、明治が3大駅伝の全区間で最も苦手と言ってもいい区間でさすがの走りを見せ、好スタートを切りました。しかし、正直見せ場はこの1区くらい・・・2区江頭賢こそ区間6位と粘りましたが、初の3大駅伝となった齋田が3区10位、4区牟田が区間8位と4年生が奮いませんでした。。。特に牟田は三拍子揃った持ちタイムからすると、3大駅伝では物足りない気がしてしまいます。5区を任されたルーキーの田中が区間8位、最長区間を任された3大駅伝デビューの薮田が区間9位で総合8位、またしても過去最高順位の7位を更新することは出来ませんでした。。。13分台を10人以上揃えることもあった明治が最高7位というのが未だに信じられないです・・・

 

 

出雲とは違って見せ場の多かった全日本、多くの選手が結果を残した中、シードの立役者となると、1区坂口、5区齋田かなあ。坂口は東洋の勇馬、青学の一色、駒澤の中谷ら大学を代表する選手が揃う中で区間7位、トップと16秒差と順位以上にタイム差が素晴らしいですね。大学で外すレースもほぼ無く、もう主要区間を安心して任せられそうな気さえしてしまいます。横手、木村が卒業した後は2年生にしてエースとして君臨していてもおかしくないですね。2区を任されたエースの木村も区間3位とさすがの走りで総合でも4位まで順位を上げました。ここまでは想定以上の順位と言っていいでしょう。前にいるのは東洋、駒澤、青学だけですからね。

 

 

一方で誤算だったのは3区の田中・・・区間15位で一気に7位まで順位を下げてしまいました。4区は江頭賢、区間8位とまずまずの走りではありましたが、総合8位となり、正直この時点ではシードは厳しいのかなと思っていたのですが・・・5区齋田がここで区間3位の快走、総合5位とタイム差無しの6位にまで順位を押し上げました。この走りがとにかく大きかった。出雲では急遽の3区だったこともあり、力を発揮出来ませんでしたが、さすがは4年生、大事なところで結果を残しました。

 

 

6区を任された山田稜は区間7位、引き続き総合6位をキープします。7区で3大駅伝デビューとなった吉田が区間4位でまたしても東海に追いつき、最終区の薮下にたすきを繫ぎました。この時点で気になるのは山梨学院のニャイロ、日大のキトニーとのタイム差ですが、それぞれ2分59秒、3分23秒差と射程圏内とも言える差でした。。。東海の高木と並走しながら、必死に逃げました。タイム差を測るたびにどんどんニャイロとの差が縮まり、最後は高木に差を離され始め、さらにニャイロがすぐ後ろに迫るという非常に怖い展開でしたが、何とか5秒差で逃げ切り、4年連続でシードを獲得しました。

 

 

出雲・全日本で3大駅伝デビューの選手が多く経験を詰めたのは大きいですね。箱根には、絶対的エースである横手も戻ってきてくれるでしょうし、これだけで戦力の大幅アップは間違いないですし、前回の箱根経験者である末次もいます。往路は横手、木村、坂口の3人はまず任せられそうですし、後は山を走れる選手が出てくれば、面白そうなチームなんですよねー。最強世代がいたことで、メンバーが固定される傾向にありましたが、今はチーム内の競争も激しいですからねー。昨年度と同じ4位というのはさすがに厳しいかもしれませんが、箱根でも新戦力の台頭、そして全日本のように私の予想をいい意味で裏切るような走りを見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP