2015年 全日本駅伝区間エントリー発表 & 雑感!!

ついに、全日本大学駅伝の区間エントリーが発表されました。昨年同様、前日の区間変更が可能となっていますので、エースが補欠の大学も多いですね。昨年度よりも多めに当日変更がありそうです。しかし、この2日前に発表&前日変更というシステムはもう少しどうにかならないのかなあと思うのですが…あまり意味が無いですよね。。。それはさておき、各大学ごとの区間エントリーの雑感を簡単に述べたいと思います。

 

 

駒澤大学

片西-工藤-西山-高月-下-馬場-高本-大塚 (井上、小山、其田、中谷、紺野)

1区、4区が明らかに変わりそうなオーダー、順当ならば1区に中谷、4区に其田ということになるでしょう。西山も3区に入れており、前半から逃げたいオーダーというのが伺えます。3大駅伝未経験者からは下、高本と昨年度、そして今年度のNo.1ルーキーがデビューとなりそうですね。予想通りの前日変更ならば何も問題は無さそうですし、青学が大きな壁となりそうですが、5連覇を目指して欲しいです。

 

 

明治大学

坂口-木村-田中-江頭賢-齋田-山田-吉田-薮下 (牟田、磯口、末次、角出、竹山)

1区はやはり坂口で来ましたか。エース級が揃う中、どこまでやれるか楽しみです。当日変更があるとすれば、牟田が繫ぎ区間に入るかどうかくらいですかね?このままのオーダーの可能性が高そうですが果たして?初の主要区間となる4区江頭賢の走りが大事になってきそうですね。薮下も出雲に続いてのアンカー、結果を残したいところです。吉田の3大駅伝デビューも密かに楽しみです。

 

 

青山学院大学

一色-小椋-田村和-久保田-下田-渡邉心-橋本-神野 (伊藤、山村、渡邉利、中村、梶谷)
まさに万全のオーダーですね。当日変更があるとすれば繫ぎ区間でしょうか?出雲を走った山村、中村あたりは再度走ってもおかしくないと思うのですが・・・1区一色、2区小椋、4区久保田、8区神野の4本柱を主要区間にきっちりと配置し、順当ならば4区あたりで抜け出し、神野で逃げ切るというパターンでしょうか。繫ぎ区間も3区に田村和を起用するなど正直隙が無いですね。何かアクシデントでもない限り、全日本初優勝は濃厚な気がしてしまいます。

 

東洋大学

勇馬-竹下-口町-牧浦-高橋-野村-堀-上村 (寺内、櫻岡、弾馬、山本采、小笹)

勇馬1区はちょっとびっくりしましたが、楽しみです。主要区間を任される状態ならば、区間賞も期待したいところです。順当ならば2,4区に櫻岡、弾馬が入る形になるのかな?出雲で好走した2~4区は非常に強力になりそうです。後半の区間もスピードのある選手が揃い、上村をアンカーに起用出来るのも大きいですね。初の3大駅伝となる堀も楽しみですし、青学を駒澤らとともに追う立場となりそうかな?

 

 

山梨学院大学

市谷-佐藤-田代-上田-上村-前田拓-河村-ニャイロ (谷原、熊代、秦、古賀、久保)

出雲で結果を残した市谷、佐藤、上田、ニャイロを1,2,4、8区と主要区間に配置する順当かつ万全の配置だと思います。繫ぎ区間も順番はともかく予想通りの4人で現状のベストメンバーと言っていいのではないでしょうか?変更も無さそうですね。ニャイロにトップとどのくらいの差で繋ぐのか?というのが出雲同様に大事になってきますね。まずは4区終了時でどの位置にいるかですよね。出雲の走りや記録会を見ていると、ニャイロがシード獲得の切り札ではなく、優勝を狙う切り札となる期待もあります。2位が10度と後一歩届かない栄冠をそろそろ狙いたいところです。

 

 

東海大学

川端-石橋-湊谷-春日-廣田-林-國行-高木 (白吉、宮上、荒井、安藤、土屋)

出雲同様に1区川端できいましたね。やはり、直前の記録会を走った白吉、宮上は補欠のままかなあ。2区石橋は少しびっくりですが、4区春日、8区高木は確かに面白いかもしれません。繫ぎ区間も出雲を走った選手は順当とすると、変更があるとしたら7区國行のところでしょうか?補欠のメンバーが豪華で変更も予想がつかないですね。2年連続のシード権も十分狙えそうです。

 

 

中央学院大学

潰滝-樋口-海老澤剛-塩谷-村上-新井-森田-大森 (山本、小川、清水、伊藤、細谷)

エースの潰滝が1区に戻ってきました。他の大学もエースが揃っており、これは楽しみな対決になってきました。もう大学生には負けないと個人的には期待しているのですが、区間賞取れるか?2区樋口はさすがに山本と変更ですかね?中央学院はあまり変更をしないイメージがありますが、いくら期待のルーキーでもいきなり2区はさすがに・・・となると、全日本予選をトップ通過した8人がそのまま全日本に出場、オーダーも万全となってシード権も期待出来そうです。

 

 

日本大学

荻野-木津-清水目-石川-山崎一-高野-新関-キトニー (山崎和、石井、岡野、加藤、ワンブィ)

荻野1区、キトニー8区は予想どおりも2区木津できましたね。2区石川だと3~7区が3本柱以外というのがちょっと気になっていたので、4区石川は面白いと思います。繫ぎ区間は、3区清水目や7区新関あたりが岡野や加藤との変更がありそうかなあ?アンカーにキトニーが控えるだけに、シードラインと2,3分差であっても逆転シードが期待出来るかと思いますが・・・どうせならシード圏内でアンカーにたすきを渡すくらいの走りも期待したいです。

 

 

神奈川大学

鈴木健-山藤-永信-西山-多和田-渡邉-松浦-我那覇 (木藤、石橋、朝倉、大川、大野)

1区に鈴木健を持ってきましたね。やはり、ここまでの出来では最も信頼できそう。4区西山は予想通りも8区我那覇はびっくりしました。本気でシード権を狙っているのが伺えるような・・・2区山藤もびっくりですが、全日本予選の3,4組が主要区間に順当ともいえますね。大川、大野の二人が変更で繫ぎ区間に入ってきそうですかね?正直、どこに入ってもおかしくはない気がしますが。。。2区山藤がしのげれば、シード争いに向けて非常に面白くなりそうです。

 

 

早稲田大学

中村信-平-三浦-安井-光延-井戸-永山-佐藤 (高田、柳、武田、石田、藤原)

1区中村信は箱根の結果を考えれば順当かもですが、他の主要区間はびっくりでした。2区平、4区安井はそのまま走りそうですが、8区佐藤はさすがに高田、柳、武田のいずれかと変更でしょうか?3区三浦も変更しそうですが、下りの3区に三浦は面白い気も・・・高田、柳、武田のうち最低一人、場合によっては二人走らないかもしれませんね。井戸も繫ぎ区間ですし、ちょっと2年ぶりのシード返り咲きに向けて、気になるオーダーです。

 

 

帝京大学

高橋裕-君島-竹下-畔上-堤-瀬戸口-大塚-山崎 (野村、加藤、島口、小手川、濱川)

高橋裕の1区は順当ですが、他は当日変更も含めて良く分かりませんね。箱根予選の結果を見れば、2区君島、4区畔上もありそうですが・・・アンカー山崎はさすがに加藤あたりと変更でしょうか?主力の堤も5区ですし、ちょっとエントリー同様、万全とは思えないオーダーですね。竹下、畔上、大塚のルーキーは非常に楽しみなのですが・・・まずは1区で好位置でたすきを繫ぎ、2区以降の走りにも期待したいところです。

 

 

順天堂大学

松枝-塩尻-田中-聞谷-稲田-森-西澤-栃木 (中村、江口、金原、馬場、吉岡)

1区松枝、2区塩尻は楽しみですね。2区終了時で上位につけている可能性は十分にありそうです。さらに3区田中、4区聞谷、5区稲田と力のある選手を前半からつぎ込んできました。変更は無さそうで、エントリーされた中ではベストと呼べるオーダーが組めたのではないでしょうか?アンカー栃木にはちょっと驚きましたが、ハーフでの実績は1年時からありますし、上手く流れにのってレースを進められれば、面白いかもしれません。

 

 

日本体育大学

小松-冨安-平田-周防-山本-辻野-小野木-奥野 (小町、重松、白永、吉田、室伏)

1区小松は箱根予選の走りを見ても楽しみです。2区冨安、アンカー奥野も順当ですが、4区周防は小町と変更がありそうかなあ?繫ぎ区間では3区平田が吉田と変更もありそう。この二人はコンディションに問題無ければ起用されるでしょうからね。ルーキーの室伏も見てみたいですがどうですかね?ルーキーを並べた昨年度とは違い、順当なオーダーだと思います。少なくとも昨年度のようなことは無いでしょうし、シード争いにも絡んでいって欲しいです。

 

 

大東文化大学

原-北村-下尾-森橋-鴇沢-中野-大久保-山本 (大隅、立花、林、前田、渡辺)

やはり、大隅は欠場かなあ。主要区間は原、北村、森橋、山本でわざわざ変更するとも思えないですし・・・繫ぎ区間は3区下尾や5区鴇沢あたりが林、前田、渡辺といった2年生と代わってもおかしくないくらいでしょうか?1区原は楽しみではありますが、全体的にやはり厳しそうですね。何とか、1つでも上を目指したいところですが。

 

 

國學院大学

細森-向-江島-稲毛-花沢-國澤-内田-瀬川 (吾妻、廣川、曽我部、松本、磯邊)

箱根予選で好走した細森1区できましたね。これは期待したいところです。向、稲毛の2,4区も順当ですが、8区瀬川は廣川と変更になりそうかなあ?2年生が並ぶ5~7区に吾妻や松本が入ってもおかしくないですが、どうですかね?ちょっと変更が読みにくい区間配置ですが、順当に思える区間配置ですし、関東最下位通過からの巻き返し、期待したいです!

 

 

その他

全日本大学選抜の1区平井や第一工大のカリウキらやはり1区にエース格が集まりましたね。昨年度は予想外のスローペースと成りましたが、今年度はどうでしょうか?優勝候補もエースを1区に持ってきていますし、気象条件に問題無ければ、出雲同様にサバイバルレースの1区となりそうですが。。。青学絶対優位は動かない状況かと思いますが、優勝候補がそのまま勝つとは限らないのが駅伝の面白さでも怖さでもありますし、見どころの多い熱い戦いを魅せて欲しいです!!

 


PAGE TOP