2015年 全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~中央学院大学~

続いては、中央学院について、戦力分析と区間配置予想をしていきます。出雲ではちょっと予想外な区間配置で、1区で13位と出遅れてしまいました。2区潰滝の区間新記録の走りで追い上げましたが、もう一人のエースである海老澤剛も奮わず、7位に留まりました。全日本では、潰滝と海老澤剛のコンディションが気になるところです。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:潰滝 大記塩谷 桂大山本 拓巳小川 貴弘

3年:海老澤 剛村上 優輝清水 翔太伊藤 翼

2年:新井 翔理大森 澪細谷 恭平

1年:森田 智哉樋口 陸

 

 

順当なエントリーといったところですかねー。出雲の10人はそのままエントリーされていますし、個人的に期待していたルーキーの樋口もしっかりと入ってきました。

 

 

4年生からは、出雲を走った2区1位の潰滝、3区5位の塩谷、6区6位の山本の3人に出雲エントリーされた小川の4人。

 

3年生からは、出雲4区9位の海老澤剛に、エントリーされた村上、今年度5000mでベストをマークしており、昨年度は箱根予選で119位だった清水、3大駅伝・予選会は経験がありませんが、1万mで29分53秒を持つ伊藤の4人。

 

2年生からは、出雲で1区13位だった大森、5区5位だった新井にエントリーされた細谷と出雲と同じ3人。

 

1年生からは、出雲にエントリーされた森田に今年度ベスト連発、5000mで14分15秒、10000mで29分33秒までベストを伸ばして乗りに乗っている樋口の2人。

 

 

そんな中央学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

潰滝(4)-海老澤剛(3)-新井(2)-塩谷(4)

森田(1)-大森(2)-村上(3)-山本(4)

 

 

出雲の区間配置が予想を難しくしている気もしますが・・・めげずに再度潰滝を1区予想にしてみました。全日本の1区も潰滝以外では出遅れるリスクが高くなりそうですし、少なくとも出雲2区で区間新が出せる状態ならば、全日本1区でも問題は無さそうなあと。もう一方のエースで出雲での走りが心配だった海老澤剛ですが・・・取り合えず2区としてみました。繫ぎ区間も考えましたが、状態が上がっていることを期待して・・・シード権を狙うとなると、走るべき選手がしっかりと走ってくれないことには届かないですからねー。そして4区に塩谷、前回も4区7位とまずまずの走りを見せていますし、出雲3区と同じく中盤の主要区間を担って欲しいという思いもあります。

 

 

最終区は出雲同様に山本としました。今シーズン好調であること、そして出雲での快走を見ると、安心してアンカーを任せられそうですよねー。前半型のオーダーが多い中央学院ですが、山本はスピードタイプでは無いですし、前回も経験しているアンカーの可能性が高いかなあと。。。繫ぎ区間ですが、3区は出雲でも結果を残した新井かなあと。スピードのある選手ですし、走力も高いですからねー。最短区間かつ重要視される3区でも安心して任せられそうです。6区に出雲1区の大森としてみましたが、監督の期待は大きそうですし、出雲に続いての主要区間もあるのかなあ?まだ3大駅伝では結果を残せていないのが気になるところです・・・

 

 

5区はルーキーの森田、過去2年は村上、大森と期待のルーキーを起用している区間ということもあり、今年度の活躍からすれば、駅伝でも結果を残すことを十分期待出来ますしね。7区には上級生が起用されることも多いということで、3年の村上にしてみました。ハーフの距離はともかく、10000mまでのスピードは十分ですからねー。繫ぎ区間ならば、上位での走りも期待出来る選手です。結局、全日本予選を走った8人がそのまま起用されるという予想になりました。今年度の実績を見る限りはこの8人が抜けているんですよね―。後はルーキー樋口の抜擢があるくらいかなあ?

 

 

全日本のシードを獲得したのは2008年度が最後ということになりますね。絶対的エースだった木原が4年時のことです。それ以来のシードを狙う戦力としては、最も整っているかなあ?絶対的エースが4年生というのも、潰滝が最終学年を迎えるということで似ていますね。前回の箱根シード校はどこも強力ですし、予選会校も他に早稲田や日大といったシード権を争うライバルがいますし、シード獲得への道は決して簡単では無いですが、全日本予選でもそうでしたが、今の中央学院には期待させるだけの力がありますからね。是非とも、全日本シードを獲得し、中央学院の強さを示して欲しいです!

 

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~

 


PAGE TOP