2015年 全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

続いては早稲田大学にて、戦力分析&区間配置予想をしていきます。出雲では3,4年生のみでオーダーを組み、1区6位の出だしから、その後ほとんど総合順位は変動することなく、6位でのフィニッシュとなりました。区間ごとでは、平が4区3位で見せ場を作った一方、6区を任された井戸が10位に留まるなど、全日本予選同様、出雲もちょっと物足りない結果になりましたかね。それでも、武田、平、佐藤ら全日本予選に出場しなかった選手が元気な姿を見せてくれたのは良かったです。そんな早稲田大学のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:柳 利幸高田 康暉中村 信一郎三浦 雅裕

3年:井戸 浩貴武田 凜太郎平 和真佐藤 淳

2年:光延 誠安井 雄一藤原 滋記石田 康幸

1年:永山 博基

 

 

万全のエントリーと言えるのではないでしょうか?出雲にはいなかったエースの高田が復帰していますし、1万mの持ちタイムで29分30秒を切る選手は11人いますが、その11人が全員エントリーされています。出雲に入っていた10人もそのまま入ってきていますしね。

 

 

4年生からは、出雲でそれぞれ2,3区を走った柳、中村信に加えて、箱根2区で区間賞経験者、前回の全日本では2区7位で走っているエースの高田、箱根6区で2度の58分台をマークしている山下りのスペシャリストである三浦の4人。

 

3年生からは、出雲で1区6位の武田、4区3位の平、5区5位の佐藤、6区10位の井戸と出雲出走者の4人がそのままエントリー。

 

2年生からは、出雲にエントリーされた光延、安井、藤原の3人に、今年度1万mで29分47秒をマーク、高校時代に5000mでも14分10秒台をマークしている石田の4人。

 

1年生からは、出雲と同じく永山が唯一エントリー。

 

 

そんな早稲田の区間配置予想は以下のとおりです。

 

武田(3)-高田(4)-平(3)-中村信(4)

永山(1)-柳(4)-安井(2)-井戸(3)

 

 

出雲の区間配置を中心に予想してみました。1区は出雲でも結果を残した武田、早稲田としても1区は固定したいでしょうし、出雲であれだけ走れるのであれば、全日本、箱根と1区は武田に任せて良さそう。2区は前回も走っている高田、主要区間で重要度は高いものの走りやすい2区ということで、出雲に間に合わなかった高田としてみました。4区は中村信、出雲ではやや物足りない結果でしたが、昨年度の箱根から主要区間を任されているわけですし、やはり全日本でも主要区間を走って欲しいなあと。8区は出雲でアンカーだった井戸、これまた出雲は微妙な結果でしたが、距離が長くなるほど井戸の持ち味が生きてくるはず、最長区間で唯一ハーフの距離に近いアンカーを任せたいです。

 

 

繫ぎ区間ですが・・・ここら辺でルーキー永山の3大駅伝デビューが見たい・・・となると、過去5大会で4度ルーキー(志方、高田、武田、光延)が起用されている5区が妥当かなあと?距離は3区よりは長いですが、重要度は劣りますし、デビュー戦としては無難では?6区には柳、繫ぎ区間が3連続で続く中で真ん中の6区はやや重視される傾向がありますからねえ。状態が万全ならば主要区間を走る可能性も十分ありそうです。3区は1年時に走っている平、スピードのある選手ですし、出雲でも結果を残していますからね。7区は2年の安井としました。出雲、全日本と2年生が1人も起用されないことは無さそうかなと。今シーズンの勢いだと、安井が一番可能性が高そうかなと思いました。出雲を走った佐藤や前回全日本を走った光延の起用も十分考えられますね―。

 

 

ベストメンバーが揃ったことで、取り合えず、穴の無い区間配置は出来そうです。少なくとも、繫ぎ区間は上位での走りが期待出来ますよね―。となると、問題になるのは主要区間・・・ここでは距離が長く、繫ぎ区間以上に差がつきやすいですからね。恐らく武田、高田、井戸、柳、中村信のうち4人が主要区間かなあとは思うのですが、どれだけ粘れるかですかねー。前回は、アンカーを含む4区間で区間二桁を出してしまい、まさかのシード落ちでした。今回、出雲で上位4校(青学、山梨学院、駒澤、東洋)はシードが濃厚で残り2枠を争う形になるでしょうか?それでも、明治、東海、中央学院などライバルは多いですし、厳しい戦いになりそうです。早稲田の強さを見せるためにも、まずはしっかりとシード権を確保し、1つでも上の順位を目指して欲しいです。

 

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~

 


PAGE TOP