2015年 全日本大学駅伝戦力分析&区間配置予想 ~青山学院大学~

箱根予選も終わり、次は全日本大学駅伝ですね―。まだ、公式サイトではエントリーが発表されていませんが、個別で発表している大学がありますので、戦力分析&区間配置予想をしていきます。まずは、出雲を見事に制し、2冠目を狙う青山学院について・・・エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:小椋 裕介久保田 和真神野 大地渡邉 心

渡邉 利典橋本 崚山村 隼伊藤 弘毅

3年:一色 恭志

2年:中村 祐紀田村 和希下田 裕太

1年:梶谷 瑠哉

 

 

出雲以上に盤石のエントリーとなりました。3年生が一色しかいないのがびっくりですが、田村和、神野が戻ってきたのは出雲から大きな上積みとなります。目立ったエントリー漏れも見られず、初の全日本制覇、そして2冠達成に向けて死角は見られません。13人中8人が4年生というエントリーからも、今回の全日本にかける意気込みが感じられます。

 

 

4年生からは、出雲メンバーの小椋、久保田、渡邉心、渡邉利、山村、伊藤に加えて、4本柱の1人であり、前回8区3位、ハーフ61分21秒を誇る神野、今シーズン5000m,10000mでベストをマーク、2年時に全日本を6区5位で走っている橋本の計8人。

 

3年生からは、出雲アンカーで優勝のゴールテープを切った一色が唯一のエントリー。

 

2年生からは、出雲を走った中村、下田に加えて、2015年に3部門全てでベストをマーク、箱根4区で区間新をマークした田村和の3人。

 

1年生からは、高校時代に13分台をマーク、今年度も既に14分0秒をマークしている梶谷が唯一のエントリー。

 

 

そんな青学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

久保田(4)-神野(4)-中村(2)-小椋(4)

伊藤(4)-田村和(2)-山村(4)-一色(3)

 

 

何かもう予想していて笑ってしまうほど盤石ですね・・・全日本の主要区間は1,2,4,8区と言われていますので、そこにそのまま4本柱を起用してくる可能性が高そう。そこでポイントになるのが神野の区間ですが、やはり出雲を欠場しているということでいきなり最長区間の8区は可能性が低そう。となると、主要区間で最短かつ走りやすく、経験もある2区が妥当かなあ?と思いました。そこで空いてしまう8区には、再度のアンカー勝負も考慮して絶対的に信頼のある一色を出雲6区に続いて予想。1区は確実に先手を取るためにも、出雲3区区間賞、箱根1区2位の久保田の方が良さそうかなあと。残る4区を2年連続の小椋に任せれば、主要区間はまず盤石でしょう。

 

 

繫ぎ区間ですが、個人的に大事だと思っている6区に田村和、ロードでの強さは抜群ですし、これまた安心して任せられそう。7区山村は過去に経験があること、出雲同様にアンカー前の区間でまた好位置で繋いでくれればと思い予想しました。残る3区には出雲で最短区間の2区を走った中村、5区には今年度好記録連発の伊藤としましたが、ここら辺は直前の調子で決まりそうですね―。誰が走っても心配無さそう。。。

 

 

出雲はまだ隙があるかなあと思いましたが、全日本は正直負ける姿が想像出来ないですね。。。出雲を見る限り、優勝候補のプレッシャーの影響も心配無さそうですし、4本柱で主要区間を任せられるのは大きいですよね。負けるとしたら、アクシデントや大きなブレーキがあった時くらいな気もしちゃいます。優勝候補筆頭、それも圧倒的な優勝候補と言えそうです。

 

 

全日本大学駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!正確な統計のためにも、1人、1度の投票でお願いします~

 


PAGE TOP