2015年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~山梨学院大学~

全大学のエントリーが公式サイトで発表されています~。最後は山梨学院大学の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:田代 一馬前田 拓哉

3年:佐藤 孝哉上村 純也秦 将吾

2年:上田 健太市谷 龍太郎河村 知樹古賀 裕樹

1年:D・ニャイロ

 

 

まさか、最後の出雲でオムワンバがエントリーされないとは・・・本来であれば優勝候補に名を連ねていたはずなのですが、一歩後退してしまった感じですね。ただ、他は順当なエントリーです。先日の記録会で13分台を5人もマークしましたが、5人ともにエントリーされていますしね。これだけ好タイム連発となると、久しぶりの出雲優勝も期待したくなりますねー。最多優勝かつ最多連続優勝を誇る大学ですしね。

 

 

4年生からは、故障で苦しむことが多かったものの、先日の記録会で13分55秒をマークし、完全復活を印象づけた田代、箱根では5区を任された後、5000mで14分10秒をマークし、監督も一押しの選手として名前を挙げていた前田拓の2人。

 

3年生からは、今年度のエースとして期待を集め、5000mで13分55秒をマークした佐藤、3大駅伝では3度出場してまだ区間1桁順位が無いものの、先日13分58秒をマークした上村、今年度13分台を既に2度マークし、1500mでの実績が豊富な秦の3人。

 

2年生からは、28分48秒のベストを今シーズンマークし、昨年度の故障から復活してきた上田、昨年度はルーキーで唯一3大駅伝を経験、5000mで13分51秒をマークした市谷、長い距離に定評がある一方、今年度は5000mで14分7秒、1万mで29分29秒とともにベストを更新してきた河村、さらに昨年度は故障で棒に振ったものの、先日14分11秒と復活のレースを見せた古賀の4人。

 

1年生からは、既に1万mで28分11秒をマークし、監督からスタミナ型と評価されながらもスピードも併せ持っている新留学生のニャイロが唯一エントリー。

 

 

そんな山梨学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

佐藤(3)-秦(3)-市谷(2)-上田(2)-上村(3)-ニャイロ(1)

 

 

まずはニャイロをどこに配置するかですが・・・出雲に出場した過去5大会、留学生はアンカーが4回、残り1回が1区です。ただ、この時はコスマスが絶対的エースという位置付けではなく、アンカーには高瀬が置けたという事情もあります。となると、既に違いを見せているニャイロはアンカーに起用される可能性が高いのではないでしょうか?となると、5区までにどう繋ぐかですが・・・1区は全日本で2度1区を経験しているエースの佐藤が妥当かなあ。いずれも区間11位と物足りない順位ではありますが、今年度はさらにスピードも見せつけてきましたし、やはり重用区間の1区を任せたいところ。残る主要区間の3区は昨年度も全日本で主要区間を任せられるなど期待値の高い市谷、5000mのベストを直近で更新しているのも好材料ですし、ゆくゆくはエースとなって欲しい選手ですからね。

 

 

続いて繫ぎ区間ですが・・・2区は秦、過去には3000m障害に強く、5000mでも13分台を誇った松本葵が2区に起用されて好走していますが、同じような位置付けでどうでしょうか?1500mに強く、5000mも13分台を連発している秦には最短区間でそのスピードを存分に見せつけてくれれば。4区、5区が悩ましいところですが・・・4区に上田、5区に上村としました。上田もエース候補の一人で今年度28分台をマークしているのは好材料ですし、上村も直近で13分台をマークしていますからね。同じく13分台をマークしている田代も考えましたが、上村同様に3度3大駅伝を走ってまだ区間一桁はなく・・・起用されるとしてもどちらかかなあと思いもあります。

 

 

ニャイロをアンカー前提で考えると、5区終了時でどれだけの差でたすきを繋げるかが大事になってきますね。繫ぎ区間も13分台ランナーを揃えられそうですし、それほど差はつけられないでしょう。となると、1,3区の主要区間が鍵を握ることになりそうです。ここで大きく離されなければ、十分に優勝も狙えると思うんですけどねー。ここ最近は出雲で勝てておらず、最も近づいたのは5区終了時でトップでアンカーコスマスだった2009年度ですね。トップとは言わないまでも、30秒~1分差だったら十分に希望がもてそうです。自己ベストラッシュの勢いそのままに、出雲路でも大暴れしてほしいです!

 

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!区間配置はまもなく締め切り、順位予想も明日の午前中には締め切りますので、まだの方はお早めに~また、箱根予選順位予想もお待ちしております~

 


PAGE TOP