2015年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~駒澤大学~

全大学のエントリーが公式サイトで発表されています~。今日は◯◯大学の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

4年:馬場 翔大其田 健也小山 裕太

3年:中谷 圭佑大塚 祥平西山 雄介浅石 祐史

2年:工藤 有生高本 真樹

1年:下 史典

 

 

5000mの持ちタイムトップ10がそのままエントリーされています。1万mでは28分台を持つ二岡が外れていますが、ハーフ路線でレースに臨むなど、長い距離の方が得意な選手ですからねえ。万全のエントリーと言っていいのではないでしょうか?全日本や箱根でトップ5に入ってきている大学の中では唯一主力のエントリー漏れが無かったかな?ただ、謙太や中村といった大エースが卒業した後なだけに、ベストメンバーで臨むのは優勝争いに向けて必須かもしれません。。。

 

 

4年生からは、今年度10000mで28分37秒をマークし、前回も最長区間の6区予定だった馬場、トラックではベストは出していないものの、箱根で9区3位、ハーフで62分20秒をマークしている其田、ここ2週間の間に5000m,10000mともに自己ベストを更新している好調な小山の3人。

 

3年生からは、チームのエースであり、ユニバーシアード10000mでメダルを獲得した中谷、5000mで13分57秒、1万mで28分37秒とともにベストを大きく伸ばしてきた大塚、今年度はベストこそ出していないものの、5000m,10000mともに安定したタイムをマークしている西山、今年度5000mでベストを連発し、13分台までタイムを伸ばしてきた浅石の4人。

 

2年生からは、昨年度驚異的な成長を遂げると、今年度も13分台28分台をあっさりとマークし、中谷とともにエースとして期待される工藤、高校ベスト、実績ともに同学年でNo.1、10000mで29分11秒を今季マークしている高本の2人。

 

1年生からは、高校時代の実績は全大学を見渡しても世代トップクラス、今年度もベストこそ無いものの、14分1桁を複数回マークしている下が唯一エントリー。

 

 

そんな駒澤の区間配置予想は以下のとおりです。

 

中谷(3)-下(1)-工藤(2)-其田(4)-西山(3)-大塚(3)

 

まずは6人選ぶところですが・・・消去法で選んでみました。1週間前にハーフを走った高本、5000mを走った小山、浅石も外して予想しました。駒澤は3大駅伝に出場する選手が直前の記録会に出場することはここ最近、めったに無いですからね。今シーズン好調の小山や浅石も見てみたいですが。。。また、夏合宿で故障していたということで馬場も一旦外してみました。もちろん、コンディションが問題無ければ主要区間を任されてもおかしくない選手です。前回も6区予定だった選手ですしね。

 

 

主要区間ですが、ダブルエースの中谷、工藤はほぼ確定として、もう一人は今年度ベスト連発と絶好調で、監督からの評価も高い大塚の3人としました。其田や西山は大塚に比べると今年はインパクトに欠ける印象が・・・その3人の配置ですが、正直中谷も工藤も引っ張りたがる選手なので1区は微妙な気がしています。優勝候補筆頭ならば、引っ張る選手が1区で良いでしょうが、今回は青学の対抗という位置付けでしょうし・・・なので、大塚1区もあるのでは?と密かに思っています。高校時代も都大路3区、都道府県対抗5区という印象なので、1区の経験は殆ど無い気がしますが。

 

 

迷った結果、無難に前回も1区予定だった中谷にしてみました。工藤は監督からも引っ張り過ぎというところは指摘されていますし、駅伝での1区はまだ微妙かなあと。3区に工藤、ダブルエースは1,3区に起用するのが妥当かなあと。3区は距離が伸びて重要度も増していますしね。その結果、6区は大塚ということに・・・ロードや長い距離での実績がある一方で今年度はトラック、短い距離でタイムを伸ばしてきましたからね。十分に他大の優勝候補とも渡り合えるのではないでしょうか?

 

 

繫ぎ区間ですが、4区は前回も出場予定だった其田をそのままと予想しました。5区は西山、前々回5区を走っていること、前回も本来は5区予定で、台風を考慮しての2区だったことから、主要区間で無ければ5区の可能性が高いかなあと思いました。ある意味消去法で2区が下との予想になりましたがどうですかねえ?コンスタントに好走を見せているものの、高校時代のような圧倒的な走りというのはまだ見せられていないですからね。。。最短とはいえ重要度が増してきている区間なだけにちょっと不安も・・・

 

 

前評判としては青学、東洋について3番手といった感じですかね?元々出雲は苦手としている駒澤ですが、前々回も東洋が圧倒的優勝候補だった中、見事に圧勝で優勝を飾っています。あの時も撹上、上野、久我といった主力がごそっと抜けて苦しいのでは?と思われた中での優勝でした。現在の駒澤の選手層や他大学との比較で考えると、やはり箱根は厳しいでしょうし、出雲か得意の全日本のどちらかは勝ちたいところですね~村山、中村を筆頭に力のある世代が抜けましたが、強い世代が抜けるたびにもう厳しいだろうと今までも言われ、それでもずっと優勝争いに加わり続けてきまし。今年度も、やっぱり駒澤は強いというところを出雲から見せて欲しいです。

 

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~

 

 


PAGE TOP