2015年 出雲駅伝戦力分析&区間配置予想 ~中央学院大学~

中央学院大学のエントリーも発表されましたので、戦力分析と区間配置予想を行っていきます。エントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:潰滝 大記塩谷 桂大山本 拓巳小川 貴弘

3年:海老澤 剛村上 優輝

2年:新井 翔理大森 澪細谷 恭平

1年:森田 智哉

 

 

順当なエントリーという印象ですね。全日本予選に出場している大学の場合、その8名がエントリーされているかが一つの基準となるかと思いますが、全員がエントリーされています。強いて言えば、ベスト連発のルーキー樋口が入ってきてもおかしくないかな?と思っていましたが、今回は見送られたようですね。森田がずば抜けていると思っていたルーキーで早くも台頭してきた選手がいるのは大きいです。

 

 

4年生からは、3000m障害で日本選手権を制するなど大学No.1の呼び声が高い絶対的エースの潰滝、1年時から潰滝とともにチームを支え、特に駅伝では高いレベルで安定している塩谷、3年になってから台頭すると、箱根8区8位、全日本予選2組6位など着実に実績を残してきた山本、3大駅伝・予選会の経験は無いものの、今季5000mでベストをマークしている小川の4人。

 

3年生からは、箱根では2区、全日本予選では最終組を任せられるなどエース格の1人としてチームを引っ張る海老澤剛、高校時から14分10秒のスピードを持ち、10000mでも29分19秒までタイムを伸ばしてきた村上の2人。

 

2年生からは、今シーズン急成長、関東インカレ5000mでも好走し、全日本予選も2組を任された新井、昨年度長い距離で台頭、ハーフ62分台を誇り、全日本予選でも3組11位で走っている大森、高校時の持ちタイムは同学年でNo.1も、1年時は故障で姿を見せず・・・、2年になってようやく記録会に出てきた細谷の3人。

 

1年生からは、高校時代から実績は豊富、大学でも早速5000m,10000mで自己ベスト連発と非凡な力を魅せている期待のルーキー森田が唯一エントリー。

 

 

そんな中央学院大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

潰滝(4)-塩谷(4)-海老澤剛(3)-山本(4)-森田(1)-大森(2)

 

 

中央学院の区間配置の特徴として、前半型というのが挙げられると思います。箱根でも監督が往路と復路は8:2か9:1と語ったり、出雲でも主要区間の1,3,6区ではなく1~3区に3本柱を並べたり、全日本でも1,2,4,8区ではなく、1~4区に4本柱を並べたり・・・となると、今チームにおける3本柱であろう潰滝、塩谷、海老澤剛の3人がそのまま1~3区に来る可能性が高そうかなあと。

 

 

その並び方ですが、1区は経験豊富な潰滝で良いのでは?今までは上位でたすきを繋いで・・・という役目でしたが、今年度1区ならばトップでたすきを渡して欲しいですよね~もう、日本人大学生に負けたら意外くらいの強さ、期待感があります。。。3区には海老澤剛、最近の起用のされ方だと剛への期待の大きさが伺えるので、主要区間を任せられそうかなあ?3区経験もある塩谷ですが敢えて2区に持ってきました。前回の出雲でも一時東洋と2位争いをする展開で盛り上げてくれましたが、その再現も期待したいところ。

 

 

4区以降ですが、6区はいわゆるスタミナ型の選手が起用されることが多いため、ハーフ62分台の大森にしてみました。全日本で8区を任されている山本も可能性がありそうかなあ?と思ったのですが、10000mで29分18秒と好タイムを先日マークしており、ここまでスピードが身についてきているとなると、3区終了時、好位置で来るであろう流れをさらに加速させる役割も期待したいなあと思いました。5区は期待のルーキー森田にしましたが、2年の新井の起用も考えられますよね~6人選ぶのにいい意味で悩めるのが、今年度の中央学院が楽しみであることを物語っています。

 

 

総合力では前回出場時を上回ると思います。2年前に潰滝、及川、岡本といった主力が好走して最高順位となる6位をマークしていますが、それを上回る結果も期待出来るんじゃないかなあ?絶対的エースだけではなく、主力・中堅どころも着実に力をつけてきているのが頼もしいですよね。全日本予選もトップ通過を果たしているというのがこれまた期待感を増幅させてくれます。前回同様、出雲路を大いに盛り上げる走りを期待したいです!!!

 

 

出雲駅伝の順位予想区間配置予想の投票を受け付けていますので、是非とも投票してみてください!!箱根予選順位予想もお待ちしております~

 


PAGE TOP