2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~山梨学院大学~

本日は、山梨学院大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度はトップ通過も期待された箱根予選会を4位通過、全日本は序盤出遅れたものの、終盤巻き返しての5位でシード権を獲得、箱根ではエースオムワンバを急遽欠く苦しい布陣で2区終了時最下位ながらも、3区以降で驚異的な追い上げを見せて9位とシード権を獲得しました。井上世代が最終学年という勝負の年だったことを考えると、結果だけ見れば物足りないかもしれませんが、苦しい展開からでも結果を残す強さを見せた大会でもありました。

 

 

今年度はオムワンバが完全復活を遂げ、新留学生のニャイロも早速好タイムを連発するなど強さを見せていて留学生は何も心配はいらないでしょう。日本人選手もエースの佐藤を筆頭に、多くの主力が自己ベストを更新、怪我から復帰してきた選手が結果を残しているのも心強いです。昨年度以上の成績も期待出来る山梨学院の選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・16pt(1位、2位、5位、6位)

 1万m・・・9pt(2位、5位、10位)

ハーフ・・・16pt(2位、3位、5位、7位、8位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・11pt(2位、5位、6位)

 1万m・・・13pt(1位、2位、5位)

ハーフ・・・17pt(2~5位、9位)

 

 

3部門合わせたポイントは昨年度と全く同じ41ptとなっていますね。3部門全てでベストを更新した選手がいないだけに、様々な選手がベストをマークしていることが分かります。5000mではエースオムワンバが13分28秒という全大学生の中でもトップタイムを誇ります。さらに、秦が13分55秒でチーム2番手となるタイムをマーク、ニャイロまで13分台、佐藤が14分2秒でベストを出しています。エース格、スピードのある選手が順当に結果を残しています。

 

 

10000mではニャイロが28分11秒と見事なタイムをマークしており、長い距離でさらに強いと言われるだけに今後が益々楽しみですね。ただ、今年度に目を向けると、やはり経験豊富な4年のオムワンバが3大駅伝は中心に起用されることでしょう。他に見事な走りを見せたのが上田、昨年度は故障の影響もあって存在感を示すことは出来ませんでしたが、今年度は28分48秒と28分台をマークしています。さらに、長い距離に強い河村も29分29秒でチーム10番手となるベストをマーク、高校時代から切磋琢磨していた市谷が昨年度ルーキーで唯一3大駅伝を走りましたし、二人とも負けていられませんねー。都大路優勝世代には3大駅伝で大暴れして欲しいです!

 

 

ハーフでは佐藤が63分12秒とチーム2番手となるタイムをマークし、箱根で8区4位と快走を見せた谷原も63分24秒と3番手となる素晴らしいタイムをマークしています。7区を走った市谷も63分31秒、さらに上村、伊藤が64分1桁とハーフでの充実ぶりも光りますね~谷原は5000mで14分15秒でベストをマークしていますし、主力として活躍してくれそう。10000mで持ちタイムトップ10のうち、田代を除く9人が3部門のいずれかでベストをマークしているというのも良いですね。主力となるべき選手たちが揃って結果を残していることになります。

 

 

3年ぶりの3大駅伝フル出場となる今年度、2012年度は出雲4位、全日本8位、箱根は11位と、それぞれシード圏獲得となる3位、6位、10位に後一歩届きませんでした。今年度、まず楽しみなのが出雲ですよねー。1人しか留学生を起用出来ない全日本、箱根とは違い、出雲は要項を見ても留学生の制限はまだ無さそう。。。となると、例えば1区ニャイロ、6区オムワンバといったオーダーだと他大は相当嫌なのでは??優勝候補に名を連ねてきてもおかしくないですよね~

 

 

全日本、箱根の連続シード獲得に向けては、主要区間の走りが大事になりますねー。前回はともに大きく出遅れたものの、全日本で4区3位、箱根で3区3位で走った井上の走りがとにかく大きかったです。力のある選手でも総合順位が低ければその力を発揮出来ないことが多い中、苦しい展開でもチームを立て直す走りを見せました。その井上がいない以上、出遅れは禁物ですからね。。。1区から堅実にたすきを繋ぎ、3大駅伝を大いに盛り上げて欲しいです!!

 

 

出雲駅伝順位予想を引き続き受け付けています~。山梨学院は青学、駒澤、東洋に続いて4位となかなかの人気・・・私も密かに期待しております。区間配置予想はまだ山梨学院のエントリーが未発表のため、発表されている大学(青学、東洋、明治、早稲田)のみですが・・・


PAGE TOP