2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~國學院大学~

本日は、國學院大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は全日本予選で11位と以前からの課題である後半の組で順位を落としてしまい予選通過はならず・・・その一方で箱根予選会では蜂須賀、沖守が揃って10位以内の好走を見せたこともあり、2位通過と前評判を上回る走りを見せました。一方の箱根では3区終了時で最下位に転落してしまい、その後もなかなか浮上出来ず、10区での5人抜きでどうにか14位という結果でした。今年度はエースとして君臨してほしい蜂須賀が故障で出遅れ、何とか全日本予選には間に合わせたものの万全ではない状況、それでも全日本予選は9位とギリギリでの予選通過をはたしました。そんな國學院大學の選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・4pt(5位、9位)

 1万m・・・11pt(2位、5位、6位)

ハーフ・・・14pt(1位、2位、4位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・18pt(1~3位、8~10位)

 1万m・・・3pt(7位、10位)

ハーフ・・・21pt(1~3位、5位、8~10位)

 

 

昨年度と比べると10000mこそポイントを大きく伸ばしているものの、特に5000mは18pt→4ptと大きく落としています。5000mで14分10秒切りの選手が1人もいない中で4ptというのはちょっと寂しい気もしますね。そんな中、見せ場を作ったのはルーキーの江島、高校ベストを10秒上回る14分18秒でチーム5番手、1万mでもトップ10には入っていませんが、29分39秒となかなかのタイムをマークしています。昨年度に比べると今年度は即戦力ルーキーはいなそうかな?と思ったのですが、全日本予選でもいきなり3組に抜擢されていますし、今後が楽しみな選手ですね。

 

 

もう一人5000mでベストをマークしているのが松本流星、14分23秒でチーム9番手を筆頭に10000mでもトップ10圏外ながら29分38秒をマーク、ハーフもこれまた圏外ながら64分24秒と3部門全てでベストを叩き出しています。そうした好調さもあってか、これまた3大駅伝・予選会は未経験にも関わらず、全日本予選では最終組を任されていますからね~結果は29位と苦しい走りでしたが、この経験を活かしてチームを支える選手となっていって欲しいです。

 

 

10000mでは29分13秒、チーム2番手の大雨をマークした稲毛の走りが光ります。ハーフも63分30秒とこれまたチーム2番手をマーク、タイムを見れば主力どころかエースとなってほしいところですが、いまだ3大駅伝経験がなく、全日本予選は3組を2年連続で任されていずれも20位台、箱根予選はいずれも80位前後とちょっと物足りないんですよねー。今年度の3大駅伝デビューは可能性が高いですし、勝負レースでも結果を残していって欲しいです。

 

 

他には向が29分27秒で5番手となるタイムをマークしたのはチームにとって大きいですね。ハーフも64分59秒をマークしていますし、去年、即戦力と言われたルーキーが2年目を迎えて台頭してきました。ロードでの実績が豊富なだけに楽しみです。全日本予選で2年連続1組を任され、1位→2位と結果を残している畑中も29分28秒でチーム6番手をマーク、こちらも3大駅伝未経験なのが不思議なくらいなので、稲毛同様にデビュー&好走を期待したいところです。

 

 

ハーフでは蜂須賀が62分26秒という素晴らしいタイムをマークしています。箱根予選の走りを考えればこのくらい出してきてもおかしくないですし、チーム2番手に1分以上の差をつけてダントツのトップです。当然、エースとしての走りが箱根予選会でも求められるでしょうが、全日本予選のように足に不安を抱えながらではなく、万全の状態で挑んで欲しいですね。そして、2年連続で1ケタ順位で走ってくれればと思います!!

 

 

ベストをマークした選手がやや少ないとはいえ、選手層の厚さは今年度も健在です。3大駅伝の経験者が少ないのが気にはなるところですが、予選会で結果を残している選手は何人もいますし、前回はトップ通過を争うと言われていた神奈川、東海、山梨学院の3強に割って入って2位通過を果たしていますからね。通過自体は問題無いのでは?と思います。過去5年で3度予選会に出場していますが、2位→5位→2位と苦戦することなく通過しているのも好材料ですね。ただ、本戦となるとやはりエース不在の影響などもあって往路で大きく出遅れてしまっているんですよね。現状も1~3区のうち1区間は蜂須賀で決まりとしても、残り2区間を安心して任せられそうな選手がいないのが気がかりです。往路で出遅れて復路で巻き返してのシード獲得は容易ではないですからね。シード返り咲きを目指すためにも、まずはいい形で箱根予選を突破し、エース候補の台頭にも期待したいです!!

 


PAGE TOP