2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~青山学院大学~

本日は、青山学院大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は箱根駅伝で歴代最高タイムを叩きだして初優勝を飾りました。今年度は箱根優勝メンバーが8人残り、さらに3大駅伝未経験者ももうタイムが出すぎて駅伝メンバー争いは熾烈を極めています。平均持ちタイムも3部門全てでトップとなっていますし、まだまだ伸びしろがある状況です。そんな青学の選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・27pt(1~7位、10位)

 1万m・・・8pt(6~9位)

ハーフ・・・25pt(1~5位、7位、9位、10位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・7pt(6~8位)

 1万m・・・19pt(1位、2位、5~7位、10位)

ハーフ・・・17pt(1位、3位、6~8位、10位)

 

 

5000mの27pt,ハーフの25ptが凄まじいですね。5000mは一色の13分44秒を筆頭に(日本インカレで13分40秒と更にベストを更新)、伊藤、久保田の4年生が13分40秒台、さらに秋山、小椋、中村、安藤、渡邉心が13分台での自己ベストですでに13分台が10人揃っています。さらに14分5秒切りも15人いますからね。。。14分10秒切りも20人に迫ろうかという状況です。ちょっと他の大学からすると、質・量ともに手がつけられない状況ですよね。

 

 

10000mは、8ptと他に比べるとあまりベストを更新出来ていませんし、新たな28分台ランナーも出てきていません。しかししかし、中村、安藤、渡邊利、池田がいずれも29分1桁でトップ10に入ってきています。エース格でなくとも、どんどんタイムを出してきますからね・・29分10秒台で15人揃えています。。。10人でも全大学中トップなのに、11番手以降も選手が揃っているのが青学の恐ろしさです。

 

 

ハーフはさらに凄まじく、丸亀ハーフで61分21秒という凄まじいタイムをマークした神野を筆頭に、小椋、一色が62分1桁、田村和、下田が62分22秒とトップ5が62分30秒切りかつ今年ベストをマークするという大盛況ぶりです。さらに、渡邉心、渡邊利、安藤が63分台でトップ10に入ってきており、10番手で63分37秒となっています。さらにさらに、またしても11番手以降の選手層もあつく、64分きりは15人を数えます。

 

 

各選手の持ちタイムを見ても、実績を見ても、今年度青学が成功と言われるのは3冠を達成した時だけでしょう。そのくらい、青学の力は抜きに出ています。故障者はチラホラ出ているようですが、駅伝シーズンには今のところ問題無さそうですし、多少の負傷者も気にしない選手層を誇りますからね。残る不安要素は、やはり絶対的優勝候補として3大駅伝を戦ったことが無いくらいですかね?出雲を優勝した時も、箱根を勝った時も、そういう位置付けでは無かったからですね。今までには無いプレッシャーが襲ってくると思いますし、そんな状況でも力を発揮出来るのか!?3大駅伝の間違いなく中心にいるであろう青学がどんな走りを見せてくれるのか、目標通り3冠を達成出来るのか?目が離せないですね~

 


PAGE TOP