2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~法政大学~

本日は、法政大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は全日本予選、箱根予選ともに予選落ちで3大駅伝を1つも走ることは叶いませんでした。。。まさに最悪の1年でしたね。。。そこからの復活をを目指す今年度、全日本予選は次点で予選落ちと後一歩届きませんでしたが、西池、関口といったエースがいた昨年度と比較しても総合力ではそこまで劣っていないように思えます。新しく台頭してきてきた選手もいますし、楽しみなルーキーも何人もいますからね。選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・9pt(2位、3位)

 1万m・・・12pt(1位、3位、5位)

ハーフ・・・14pt(1位~3位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・2pt(7位)

 1万m・・・3pt(5位)

ハーフ・・・9pt(6~10位)

 

 

昨年度は3部門全てで1桁とやはりトラックシーズンを見ても結果は良くなかったんですね。。。今年度は3部門全てで昨年度を上回っています。ただ、最も良いハーフでも14pt止まりと半分には届かず、もう一息といったところでしょうか。5000mではエースの足羽が14分1秒で2位、藤井孝が14分17秒で3位と主力が好タイムをマークする一方、それ以外の選手でトップ10に入るようなベスト更新はなく・・・チーム6~8位を占める矢嶋、福田、坂東のルーキートリオにはずっと期待しているのですが、全日本予選にも出場せず、、、駅伝シーズンになって戦力となる選手が出てきてくれると嬉しいのですが。。。

 

 

10000mでは、足羽が29分9秒でチームトップとなるタイムをマーク、学生ハーフでもチームトップとなる63分37秒をマークし、3,4月はベスト連発と好調を維持していたのですが、関東インカレ、全日本予選は揃って奮わなかったのが心配です。。。エースである足羽の存在は箱根予選突破に向けて欠かせないものでしょうから!他には細川が29分22秒でチーム3番手となるタイムをマーク、学生ハーフでも64分1秒で走っていますし、法政において最も伸びてきた選手と言えるでしょう。既にエースとしての活躍が期待されるまでになってきました。佐藤も29分34秒でチーム5番手となるタイムをマークしています。主力がベストを更新し、30分きりを10人揃える一方、29分30秒切りの選手は3人に留まり、さらなるチームの底上げも必要となってきそうです。

 

 

ハーフでは先ほど名前を挙げた足羽、細川が1,2位を占める他に、中村が64分7秒でチーム3番手となるタイムをマークしています。ただ、3部門全てでベストを更新したのはチーム5位以内で6位以降は一切更新されていないんですよね。珍しいことに、延べ8つ更新したベストのうち、7つがいずれもチーム3位以内となっています。エース格に比べて、新戦力の台頭があまり見られなかったとも言えそうです。

 

 

前回まさかの予選落ちとなった箱根予選突破が細大の目標となるでしょう。足羽が万全の状態で臨んでくれることがまずは大事になってきますし、細川にもエースとしての走りを期待したいですね。後は上級生の走りですよね~全日本予選では2年の磯田が好走、ルーキーの土井も走りましたが、20kmはまだ未知数ですし、特に1年を何人も起用するのはリスクが大きいですし、せいぜい1,2人にしておきたいところ。。。となると、中村、佐藤、藤井孝といった2015年にベストをマークしている4年生や木村、城越といった足羽以外の3年生の走りが必要になってくるかなあと。特に3年生は故障の影響もあってなかなか足羽以外が台頭してきていませんからね!2年連続の予選落ちはどうしても避けなければいけませんし、しっかりとメンバーさえ揃えば予選突破出来るだけの戦力は整っていると思います。昨年度の反省を活かし、今年度はきっちりと箱根予選を突破し、また本戦で暴れて欲しいです!!

 


PAGE TOP