2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~東洋大学~

本日は、東洋大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は全日本で4位、箱根では3位と決して悪い成績ではありませんが、ここ最近ではワーストの結果となってしまいました。いかに、東洋が高いレベルで安定していたかの照明でもありますが・・・今年度は自己ベストを出す選手も多く、戦力も充実してきているように思えます。そんな東洋の選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・27pt(1~7位、9位)

 1万m・・・25pt(1位、2位、4~8位、10位)

ハーフ・・・11pt(2位、4位、8位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・11pt(2位、3位、7位)

 1万m・・・3pt(6位)

ハーフ・・・0pt(無し)

 

 

昨年度と比べると、5000m,10000mでの充実ぶりが際立っています。5000mで27pt,10000mで25pというのはまさに驚異的ですね。どちらも、トップ10のうち8人がベストを更新しています。5000mでは13分36秒をマークした勇馬を筆頭に弾馬、堀、上村、口町、竹下、高橋までが13分台の自己ベストをマーク、更に橋本も14分4秒ですからね・・・面白いように自己ベストを更新する選手が出てきました。チーム1位~7位が全員今シーズンベストを出しているというのが凄まじく・・・昨年度とは違う勢いをこのタイムからも感じることが出来ます。さらに先日の日本インカレ5000mでは弾馬が留学生をラストでぶっちぎっての優勝、しかも自己ベストと驚異的な強さも見せつけています。

 

 

10000mも28分9秒と素晴らしいタイムを叩きだした勇馬を筆頭に、上村が28分35秒の好タイムをマーク、28分台こそ3人とちょっと寂しいですが、29分1桁に高橋、そしてルーキーの小笹、山本が揃って29分12秒をマークしているのが心強いですね。口町、寺内、野村も29分10秒台をマークしており、チーム10番手でも29分16秒というレベルの高さです。この8人がいずれも5000mで自己ベストを更新していますからね。。。4年生が中心のチームではありますが、各学年に力のある選手が揃っており、選手層の厚さはまだまだ健在と言えそうです。

 

 

ハーフでは、62分31秒とチームトップタイのタイムをマークした高橋、62分台をマークした上村の4年生コンビに63分35秒をマークした橋本がベストを更新しています。この3人は5000m,10000mでもベストを更新している選手です。5000m,10000mに比べるとポイントは11ptと低めですが、前回は0ポイントでしたし、昨年の上尾ハーフで好タイムを連発していますからねー。何も心配はいらないでしょう。2015年になってからの充実ぶりを見ると、打倒青学の1番手はこの東洋かなあと思えてきます。

 

 

いよいよ迎える駅伝シーズン、今季好調の選手が多すぎて出雲は誰が選ばれるのか分からないほどですねー。エースの服部兄弟は起用されてくるでしょうが、東洋はちょっと意外なオーダー、エントリーを出雲でしてくることもありますからね。過去3回は1位→2位→2位とさすがの安定感を誇っていますが、今回はどうでしょうか?全日本は東洋が唯一勝てていない3大駅伝であり、7年連続で4位以内、3年連続2位もあるなど後一歩栄冠に届かない状況が続いています。全日本で圧倒的な強さを誇っていた駒澤も例年ほどの強さは今のところ見られないですし、優勝を狙える戦力も整ってきているのですが、いかんせん青学が抜けていますからねー。青学の3冠を防ぐためにも、やはり有力選手を揃え、今年度結果を残している東洋には期待したいところです!!

 

 


PAGE TOP