2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~中央学院大学~

本日は、中央学院大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は全日本こそ14位に沈んだものの、箱根では往路を5位で終えるなどエース格が揃って結果を残し、総合でも8位でシード権を獲得しました。今年度は絶対的エースの潰滝を筆頭に多くの選手が自己ベストを連発、全日本予選もトップ通過を果たすなど、充実したトラックシーズンを過ごしました。そんな中央学院の選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・24pt(1位、3~8位、10位)

 1万m・・・19pt(1位、3~5位、7位、10位)

ハーフ・・・7pt(1位、7位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・5pt(2位)

 1万m・・・11pt(2位、5位、8位、10位)

ハーフ・・・14pt(1位、2位、6位、7位)

 

 

際立つのは5000mの充実ぶりですね。前回はわずかに5ptだったのが24ptと大幅にアップ、トップ10のうち8人が自己ベストを更新しています。元々、5000mの持ちタイムが実力に見合わない選手が多かったとはいえ、この数値を見ても中央学院の好調ぶりが伺えます。潰滝の13分42秒を筆頭に、海老澤剛、森田、村上が14分1桁、新井、樋口、大森が14分10秒台と李が14分20秒と全4学年×2人が更新しているというバランスの良さも魅力的です。実力的には潰滝が抜きに出てはいますが、それに引っ張られるようにチームとしての総合力も高まってきていますね。

 

 

10000mも前回の11ptを超える19ptをマークしています。これまた潰滝の28分31秒、チームトップタイムを筆頭に海老澤剛、村上、森田がそれぞれ29分台前半でチーム3~5位となるタイムをマーク、5000mに続いて、トップ5のうち4人がベストを更新しています。他にも新井、大森という期待の2年生コンビがベストをマークしてトップ10に入ってきました。そういえば、10000mでベストを更新した6人全員が5000mでもベストを更新しているんですよね~贅沢を言えば、一気に台頭してきてトップ10に入ってきた選手がいないことくらいでしょうか?6人とも元々実績がある or 期待されていた選手ですからねえ。。。

 

 

ハーフはやはり大森の62分47秒というチームトップタイムが光ります。1年時にしてこのタイムをマークしたのにはびっくりしました。その後はトラックでも着実に結果を残し、全日本予選でも好走しています。新井も64分30秒でチーム7番手となるタイムをマーク、5000m,10000mに比べるとベスト更新は二人とちょっと物足りないですが、ともに3部門全てでベストを叩き出しています。

 

 

駅伝シーズンに目を向けると・・・出雲は2年前に6位と過去最高順位をマーク、途中までは2位争いをするなど大いに盛り上げてくれました。絶対的エースがいるチームが有利と言われる出雲なだけに、潰滝の存在は大きなアドバンテージとなりそう。続く、海老澤剛、塩谷、大森といった主要区間を任されるであろう選手たちがどれだけ走れるかがやはり鍵になってきますよね~出雲は前回を超える順位も期待されますし、全日本もシード争いに絡んでくるだけの力はありそう。今シーズンの勢いそのままに3大駅伝でも活躍を期待したいです!

 


PAGE TOP