2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~城西大学~

本日は城西大学についてトラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。昨年度は、箱根予選で9位通過、全日本も15位と苦しんだことから、箱根でもシードは非常に厳しいと思われましたが、見事に7位でシード権を獲得しました。今年度は紘太を筆頭に有力世代が卒業し、全日本予選でも15位に沈むなど苦戦しています。そんな城西大学の選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・12pt(1位、3位、5位)

 1万m・・・16pt(1位、3位、4位、6位)

ハーフ・・・21pt(1~3位、5位、7位、8位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・6pt(1位、10位)

 1万m・・・5pt(1位)

ハーフ・・・9pt(2位、6位、9位)

 

 

3部門全てで10pt以上を獲得し、ハーフに至っては20pt以上と二桁ポイントが0だった昨年度と比べると、数値上は遥かに上回ります。ただ、3部門全てでベストを更新している選手が3人もおり、3部門全てでトップ5以内という状況なんですよね。すなわち、3部門全てでチームトップタイムを叩き出した名実ともにエースの松村、箱根6区で好走し1500mでも結果を残しながら、ハーフでも63分台をマークした西岡、まだ3大駅伝は未出場ながら、走るたびにベストをマークし、5000mは14分1桁まで伸ばしてきた2年の酒井の3人の好調さがポイントの底上げに大きく貢献しています。

 

 

もちろん、好調の選手が何人もいるというのはチームにとって非常に良いことですが、選手層が薄いと言われる城西においては、駅伝で戦力として計算出来る選手がどんどん出てこないと苦しくなってしまいます。今季ベストをマークした選手のうち、5000mはその3人のみ、1万mも他に中舎が29分49秒をマークしただけですからね。1万mで30分きりを10人揃えているものの、29分45秒切りのタイムを持つ選手は松村、高橋、西岡の3人しかおらず、さらなるチーム力の底上げが望まれます。

 

 

ハーフでは、菊地、松村の62分台のベストが光ります。ただ、菊地は全日本予選に出場出来なかったんですよね。菊地がいなかったことが全日本予選で15位と惨敗してしまった大きな要因の一つかと思います。駅伝シーズンでは万全の状態でレースに臨んで欲しいです。他にも舟生、山本といった4年生がハーフで64分30秒台でトップ10に入るタイムをマークしています。3年生にエース格が揃う状況ではありますが、4年生の力というのは特に箱根駅伝では大事になってきますし、さらなる活躍を期待したいところです。

 

 

駅伝は全日本を逃し、箱根はシードということで出雲→箱根というスケジュールになります。出雲と箱根にのみ出場するのは城西だけというのがちょっと寂しいですね。出雲は過去に2度出場して9位が最高ですから、まずはこの過去最高順位を更新するのが現実的な目標となりそうかなあ?スピードのある選手が揃っていることを考えると、出雲も面白そうですけどね~箱根は持ちタイムを見ても、各選手の実績を見ても2年連続シード獲得への道は険しそうです。。。ただ、前回も正直私はシード争いに絡むことも難しいだろうと思っていたので・・・また、そんな私の予想を覆すような快走を期待したいです!!

 


PAGE TOP