2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~日本大学~

本日は、昨年度は全日本予選で9位予選落ち、箱根でも13位でシード落ちともどかしい結果となりましたが、今年度は全日本予選を2位通過と結果を残した日本大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

5000m・・・10pt(2位、5位、8位)

 1万m・・・8pt(1位、5位)

ハーフ・・・9pt(2位、5位、9位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・7pt(5位、6位、10位)

 1万m・・・0pt(無し)

ハーフ・・・3pt(5位)

 

 

昨年度は3部門ともかなり悪かったですね・・・3部門合わせて10点と自己ベストを出した選手が少なすぎました。今年度は、合計で27ptですから大きくベストを更新しているとも言えるのですが・・・5000mで13分37秒、1万mで27分54秒とそれぞれチーム2位、1位のタイムをマークしたワンブィの影響が多いですね。全日本、箱根ともにキトニーが起用されるであろうことを考えると、来年度以降は楽しみですが、今年度は出番は無さそうですからね。。。

 

 

日本人選手では、町井宏、高野という箱根を経験した2年生コンビが5000mでベストをマーク、ともに箱根では悔しい走りでしたが、着実に力をつけてきていますね。特に町井宏はハーフでも65分39秒でチーム9番手となるタイムをマークしています。1年時からハーフの距離に対応しロードも得意な選手、さらにスピードも付けてきたとなると、全日本予選に出場しなかったのは残念でしたが、主力となることが期待されますね~。1万mでは木津が29分39秒のベストをマーク、ハーフでも64分58秒とどちらもチーム5番手となるタイムをマークしています。タイムも見事ですが、何といっても全日本予選での3組16位の走りが衝撃的でした。一気に主力へと成長を遂げた木津の走りは駅伝シーズンでも大いに頼りになりそうです。

 

 

ハーフではエース格の1人である石川も62分46秒とチーム2番手となるタイムをマークしています。ちょうど昨年度の全日本予選あたりから安定感の増してきた石川、タイムだけではなく今回の全日本予選でも3組2位の好走を見せています。駅伝シーズンも主要区間での好走が期待されますね~

 

 

駅伝シーズンに向けて、昨年度よりもチーム状況は良さそうですね~。タイムを見ても、全日本予選の結果を見ても・・・全日本予選を走った8人のうち、今季ベストをマークしたのは2人だけですから、逆に言えばまだまだタイムを伸ばせそうですし、記録会も楽しみです。ただ、箱根予選を日大は苦手としており、7位→11位→7位→8位と予選落ち1回を含むいずれも7位以下に沈んでいます。まずは箱根予選を突破しないことには始まらないですし、キトニー、荻野、石川といったエースの快走はもちろん、中堅どころや箱根予選出場を争う選手たちの奮起にも期待したいところです。どうしても最近の日大はエースとそれ以外の戦力差が激しく、それが箱根予選で苦戦する大きな要因となっていましたからね。。。箱根でシードを獲得した時のように、総合力での強さを見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP