2015年前半振り返り & 駅伝シーズン展望 ~国士舘大学~

本日は、昨年度は全日本予選、箱根予選ともに15位とここ最近苦戦が続いている国士舘大学について、トラックシーズンの振り返りと駅伝シーズンの展望を述べていきます。選手一覧はこのようになっております。また、持ちタイム3部門のベスト更新をポイント化すると、以下の通りとなります。

 

※2015年に更新した順位と人数(1,2位・・・5pt、3,4位・・・4pt、、、9,10位・・・1ptとして計算

 

 

5000m・・・4pt(5位、10位)

 1万m・・・10pt(4位、6位、8位、9位)

ハーフ・・・17pt(1位、4位、6~8位、10位)

 

 

(参考 2014年の得点)

5000m・・・14pt(1~3位)

 1万m・・・0pt(該当無し)

ハーフ・・・19pt(1~4位、9位)

 

 

昨年度と大きく異なるポジティブな要素は1万mでベストを出した選手が何人もいることですねー。高校時代から29分台を持つ三田の29分38秒を筆頭にルーキーの住吉が29分50秒、30分1桁ながら中村克、本多もトップ10に入ってきています。1万mの持ちタイムというのはそのチームの戦力を測る上での大きな指標となるだけに、いい傾向だと思います。とはいえ、30分切りが7人、10番手が30分14秒とまだまだ箱根予選突破に向けては物足りないのも事実、勢いのある1年生を筆頭に駅伝シーズンでどこまでタイムを縮めてこられるか?

 

 

箱根予選突破に向けてはハーフの持ちタイムももちろん気になるところです。エースの堀合が63分15秒の好タイムをマークしてチームトップタイムをマーク、とはいえ堀合が強いことはもはやタイムを出していなくても分かっていること・・・むしろ山田、中村克といった4年生がともに64分台でそれぞれ4位、6位に入ってきたほうが収穫でしょう。他にも本多、餅崎、谷村が65分台ながら揃ってトップ10に入ってきています。ただ、前回はハーフで今回の17点を上回る19点をマークしているんですよねー。今年度こそハーフの持ちタイムの伸びを箱根予選につなげていきたいところです。

 

 

5000mではベストを更新しているのは二人、その二人が住吉、藤江という1年というところが今後を見据える上で楽しみなところです。ここに戸澤を加えた1年生トリオが全日本予選で揃って好走するというびっくりな結果を残しました。夏合宿を経てハーフの距離もしっかりと走れるようになっていれば、非常に楽しみな存在となってきそうです。

 

 

箱根予選に向けては、昨年度よりは期待できそうな陣容になってきたかなあ?前回は堀合を含め100位以内がわずかに3人、それ以上に100位台が2人しかいないという惨敗と言っていい結果でした。エース格の一人である武藤も200位オーバーでしたし、勝負出来る状況では無かったですね。しかし、そこまで惨敗するほどの戦力ではもちろん無いですし、今季、ベストをマークしている主力が多いというのは好材料です。1年生は好調ですが初の20kmで期待しすぎるのもリスクが高いですし、上級生の奮起に期待したいところです。2年連続で箱根予選落ちとなると、スカウトを含めなかなかチーム状況も上がっていきにくいですし、何とか箱根予選を突破し、箱根路に帰ってきて欲しいです!!

 


PAGE TOP