2015年 インターハイ5000m決勝 ~2年の遠藤が表彰台へ~

インターハイが終わりましたねー。トラックの頂点を決めるインターハイ5000m、留学生のキンゴリ、カリウキ、カマイシの3人が予想通り抜け出す展開でしたが、続く日本人選手の集団に2年生が多かったのが意外でしたねー。現高3が1年時の時には羽生、鬼塚を筆頭に黄金世代になると思っていましたが、羽生は予選落ち、鬼塚は早い段階で遅れてしまいましたし、なかなか3年間を通して活躍し続けるのは難しいですね。最後まで第二集団に残っていた3年生は浜松日体の太田だけだったかな?こちらは中学3年時に頂点を極めたものの、高1では鳴りを潜め、高2の中ほどからまた世代トップクラスへと戻ってきた感じですね。14分5秒での6位は見事でした。3年生として、2年生に負けてばかりはいられないですよね!!

 

 

最後の最後にカマイシを抜いて3位になったのが学法石川の遠藤(2年)、1年にして5000m13分台をマーク、今シーズンは13分50秒をマークしている逸材がここでも結果を残しました。ラストの切れ味には中学時代から定評があり、本人も自信を持っているでしょう。ラストで後続を引き離し、タイムも14分2秒ですから素晴らしいですねー。このまま3年間、順調に伸びていってくれればと思います。5位に伊賀白鳳の塩澤(2年)が入ってきたのにはびっくりしました。この世代では入賞はしてくるものの、トップクラスという印象では無かったのですが・・・一気に頭角を現してきましたね。前回は現駒澤の下が日本人トップをマークしていますし、伊賀白鳳勢、恐るべしです。。。

 

 

7位に入ったのは東農大二の西山(2年)が14分6秒で入ってきました。高1の4月に14分17秒を出すなど5000mでいきなり結果を残した西山が着実に成長を遂げています。日本人だけの集団となってからは西山が引っ張っている場面が多かったですし、高1の時から積極的な走りが光りますねー。まだまだ強くなりそうです。8位には豊川の長谷川が入ってきています。昨年度、2年にして5000m13分台をマークしたものの、大舞台での実績はやや乏しかった選手ですが、インターハイでの入賞はさすがの走りでしたー。この世代を引っ張っていって欲しいです。

 

 

インターハイでは結果が残せなかった選手も、国体、駅伝シーズンで結果を残しそのまま大学でも活躍する選手が多かったですし、まだまだこれからですよねー。これでトラックシーズンもほぼ終わりですねー。残すは世界陸上くらいかなあ。夏合宿を経て、駅伝ファンには楽しみな駅伝シーズンがやってきますね!また、ファンを魅了するようなレースを見せて欲しいです!!

 

 

ここからは私事なのですが、ようやく体調は回復してきました。これだけ具合悪かったのは人生でも数えるほどしか無いかも。ブログはちょっと全日本予選に力を使いすぎたかも・・・写真を探して加工してさらにどんな展開だったかも大学ごとに書くのは1つの記事にかなり時間がかかってちょっときつかったです。今後、ブログをどうするかは相変わらず未定でございます。止めてしまうのはさすがにもったいないですが、義務的になってしまうときっと続かないので、書きたいときに書きたい内容を更新していこうかなあ・・・どういう選択をするにせよ、温かく見守ってもらえればと思います。

 


PAGE TOP