2015年 日本選手権 3000m障害 ~無敵の潰滝、圧巻の初優勝~ 

本日から3日間、日本陸上における最高峰である日本選手権が行われますね!長距離種目では本日、1500mの予選と3000m障害の決勝が行われまたので、振り返ってみたいと思います。もちろん駅伝シーズンも楽しみですが、やはり日本選手権で強い選手というのが日本のトップだと思いますからね~3000m障害結果はこちらに載っています。

 

 

~1500m 1組~

1500mの予選は3組×3人が着順で、上位3人がタイムで拾われる合計12人が決勝へ進むこととなります。1組では東海の荒井がトップ通過、最近1500mでは結果を残していますが、この大舞台でもトップ通過はお見事です。2位には明治卒業後、さらにスピードに磨きがかかった大阪ガスの廣瀬が順当に2位通過、山陽特殊製鋼の秋本が3位でここまでが通過となり、タイムでの通過は全て3組からとなったため、4位以下は予選落ちとなってしまいました。1組に出場した13人のうち、半分以上の7人が学生という状況でしたが、通過したのは荒井だけでした。同じ東海の先輩である冨田や城西の西岡、松村陣、山梨学院の秦といったスピードのある選手が揃っていましたが、日本選手権はやはり厳しいですね。。。

 

 

~1500m 2組~

大阪ガスの今崎が貫禄のトップ通過、2位に関東インカレ2部 1500m覇者の井上、3位に順大の安齋と学生が2人通過を果たしてきました。井上は先週全日本予選を走ったばかりでしたが、さすがの走り、安齋も故障が多かったり、やや不安定なところはありますが、日本選手権でも入賞したこともあるなど、スピードはピカイチですよね。惜しくも通過ならずの4位は東洋の弾馬、最近は短い距離のレースが多めですね。1500m~20kmまで高いレベルで安定しています。この組も12人中6人が学生と1500mは学生の割合が多いですね~

 

 

~1500m 3組~

他の組の結果を見てから走れる分、やや有利な3組ですが、トップが3分46秒台だったのを始め、7番手でも3分48秒17というスピードレースとなり、この組から6人が通過を果たしています。JR東日本の高谷、加藤が1,2位を占めました。日体大で4年時に花開いた加藤は実業団でも好調です。さらに京都陸協の大西までが順位で、佐川HDの松田、NTT西日本の堅物、小森コーポの西澤がタイムでの通過となりました。西澤は駒澤時代はあまりスピードランナーという印象は無かったのですが、ギリギリながら予選突破してきましたねー。学生は一人も通過出来ず・・・城西は4人(西岡、松村陣、山本、平塚)も送り込んできましたが、残念ながら全員予選落ちとなってしまいました。

 

 

~3000m障害決勝~

3000m障害のスペシャリストが揃った今大会、優勝したのは前回3位だった潰滝、最初からレースを引っ張り、中盤から抜け出し、そのまま後続を寄せ付けなかったようですねー。8分32秒は自己ベスト、前回は8分39秒ですから、さらに7秒縮めてきました。今シーズンの潰滝はもう本当に強すぎて強すぎて・・・全日本予選を先週の土曜に走ったばかりなので、どうかなあ?と思っていましたが、関係無かったですね~。2位に4秒近い差をつける圧巻の走りで見事に初優勝を果たしました!レースが続いているだけに、とにかく怪我だけは気をつけてもらいたいものです・・・まだ、5000mやその後はユニバもありますからねー。

 

 

2位には潰滝の大学の先輩である山陽特殊製鋼の篠藤が入りました。前回の優勝者が連覇こそなりませんでしたが、今回も2位とさすがの強さを見せています。篠藤も確か中央学院大学時代に日本選手権を制しているんですよねー。故障などもあって苦しい時期もありましたが復活してからのここ2年ほどは続けて結果を残していますね。まだまだ、日本のトップクラスとして活躍していって欲しいです。

 

 

3位にNTNの山下が入っています。こちらも3000m障害の常連、というか2度日本選手権を制している選手です。前回も4位ですし、この4年間は優勝→優勝→4位→3位という素晴らしい安定感です。4位に関東インカレ1部3000m障害で4連覇を達成している愛三工業の山口、実業団に入ってからしばらくは奮いませんでしたが、レースに出てくればさすがの結果を残してきます。山口もそろそろ日本選手権のタイトルが欲しいところでしょうが果たして・・・?

 

 

5位に筑波の津田、6位に順天堂の塩尻と学生が揃って入ってきました。津田は関東インカレ1部3000m障害の覇者ですし、この日本選手権でもきっちりと入賞してきました。一時期苦しんだ時期もありますが、長距離強豪校ではない筑波で結果を残し続けています。塩尻はトラックシーズンにほとんど姿を見せず心配されましたが、全日本予選で1組3位と結果を残すと、この日本選手権でも2年連続で入賞を果たしました。もう心配はいらなそうですねー。駅伝シーズンでは大いに暴れて欲しいです!

 

 

7位に大塚製薬の松本葵、8位に住友電工の木村が入ってきました。松本も山梨学院時代からずっと3000m障害の第一線で活躍をしており、日本選手権でも優勝を争ってきましたが、どうしても優勝にはあと一歩届いていないんですよねー。前回も2位でしたし、そろそろ勝って欲しいところなのですが・・・木村は他の選手に比べるとあまり目立った活躍はしていないかなあ。そんな状況の中しっかりと入賞してきたのはさすがですし、メンバーがやや固定化しがちな3000m障害なだけに、新しい選手もどんどん出てきて欲しいです。

 


PAGE TOP