2015年 全日本予選戦力分析 日本体育大学 ~山中が完全復活、トップ通過も狙えるか?~

本日は日本体育大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧はリンク先ご覧ください。前回は箱根3位による推薦出場で全日本予選は免除されましたが、本戦では2~5区に1年生を並べるという試験的な要素があったこともあり、6区終了時で16位と低迷、最終順位も11位に終わっています。箱根もシードには届きませんでしたが、エース山中が関東インカレ1万mを制すなど、待望の復活を遂げました。このエースの復活を浮上のきっかけにしたい日体大の1万m上位10人は下記のようになっています。

 

 

 

 

1万mの上位8人の平均持ちタイムは私が把握している予選会出場校18校中早稲田に次いで2位となっております。持ちタイムを見る限りは、トップ通過争いをしてくる大学ということになりますね。ただ、ポテンシャルは高いチームだと思いますが、それを安定して発揮出来るかというと、ちょっと疑問も残ってしまいます。最終組に山中が起用されることはほぼ間違いないでしょう。おそらく最終組に来るであろう日大のキトニーや中央学院の潰滝らとレベルの高いトップ争いを繰り広げて欲しいところ。そのパートナーは誰になりますかねえ。過去の実績からすれば、箱根1区を任された勝亦、2区を任された奥野のどちらかということになりますが、勝亦が今シーズン好調とは言えず、奥野が5000mでベストをマークしていることを考えると、奥野の可能性が高いかなあ?安定感もありますし、安心して任されそうです。

 

 

3組に起用されそうなのは、力のある選手の揃う2年生かなあ?箱根5区を走った小町、8区を走った吉田、10区を走った冨安は1万mも29分前半ですし、この学年から山中に次ぐエースの登場にも期待しています。各学年に力のある選手が揃う日体大ですが、やはり主力となるのは2,4年かなあと思っているので・・・ただ、安定感という点ではちょっと不安なところもありますね。。。それが解消してくれれば、非常に頼もしい学年となるのですが!

 

 

3年生はちょっと元気が無いかなあ・・・勝負レースでは箱根6区4位の快走を見せた秋山が抜けていますが・・・最近の勢いでは大手や小野木も面白そうですが。。。1万mの持ちタイムでトップ8に入っているのはずっと故障に苦しみ、ようやく走れるようになってきた坂本だけですからね。。。なかなか、出番は回ってこないかもしれません。1年生はやはり1万mで29分19秒を持つ三浦の起用が濃厚ですかね?ルーキーに後半の組を任せなければいけないチーム状況では無いですし、出場するとしても1,2組あたりで気楽に走ってくれれば・・・他のルーキーである林田、室伏はちょっとまだ入学後に結果を残せておらず、1万mも未経験ということを考えると、起用はちょっと難しそうかなあ・・・?

 

 

山中の復活で、通過が問題無いどころか、上位通過も十分に期待出来る戦力となってきました。唯一不安なのは、大きなブレーキくらいでしょうか?普通に走れれば何も問題はなさそうですね。4年生の戦力が充実するいわゆる勝負の年だと思いますし、まずはゆとりをもって全日本予選を突破し、箱絵予選、そして駅伝シーズンへと繋げていってほしいです。昨年度は全日本、箱根ともに消化不良に終わってしまいましたからね。昨年度の悔しさを晴らす走りを見せてくれることを期待したいです!

 


PAGE TOP