2015年 全日本予選戦力分析 上武大学 ~前回は4位通過!その再現なるか??~

本日は上武大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧はリンク先ご覧ください。昨年度は戦力的に予選突破は難しいのでは?と思われていましたが、3組終了時までトップにつける素晴らしい走りで、最終的に4位通過を果たしてはいます!予選突破校の中で最も驚かされた大学でした。その予選突破に大きく貢献した倉田・佐藤のダブルエースは卒業しましたが、井上が新エースとして活躍を見せています。前回の再現も期待される上武大の1万m上位10人は下記のようになっています。

 

 

 

 

1万mの上位8人の平均持ちタイムは私が把握している予選会出場校18校中最下位と数値上は通過は絶望的です。さらに井上以外がやや元気が無い印象ですが、前回の全日本予選も同じような持ちタイム、同じようあチーム状況でそれまで実績の乏しかった選手が揃って好走を見せています!持ちタイムでは測れないチームとなっており、予想するのが難しい大学ですね。

 

 

最終組は前回のような3組にダブルエースを起用するような奇策をしなければ井上は確実かな。関東インカレでは1500mの優勝、5000mの入賞とエースとして十分過ぎる結果を残しました。今、上武で最も計算出来る選手となっています。もう一人は前回も最終組を任された坂本が有力か?ちょっと今シーズンは井上に差をつけられていますが、1万mでチーム2番手、ハーフでチームトップタイムを誇る坂本に期待せずにはいられません!前回は33位でしたが、この1年で成長した姿を見せてくれれば!

 

 

3組は・・・上武の場合、中堅どころの戦力差があまり無いため、調子の良い選手が3組から起用されてくる可能性が高そうです。昨年度と違い、残りの6人も何かしらの実績のある選手の中から選ぶことが可能です。4年生で言えば、前回揃って組1桁の快走を見せた三好、田林、山岸塁のトリオがコンディションに問題無ければ起用されてくることでしょう。それまでに実績のあった三好の1組4位はともかく、田林の1組9位、山岸塁の2組2位には本当に驚かされました。この世代の成長が非常に大きかったですね!

 

 

3年生では一番伸び盛りの河崎の起用がまず濃厚かなあ?1万mで30分1桁ですが早速ベストをマークしています!箱根も経験していますしね。さらに、箱根5区を走った森田や箱根予選チーム2番手の志塚らもメンバー争いに絡んできそうです。今季揃って5000mでベストを更新している宮本、馬本も抜擢されるかもしれません。何だかんだ選手が揃ってきている学年です。1,2年ではちょっと井上・坂本以外の起用は難しそうですが、あるとすれば早速5000mでベストを更新したルーキーの熊倉がありえるかな?

 

 

データ上は通過は厳しいとしか思えないのですが、前回もそんな予想をしていたらあっさりと突破してきましたからね。。。全日本・全日本予選における上武の相性の良さというのは見逃せない要素となっています。前回の3組のように大きく稼ぐ組というのは期待しにくいため、前回以上にミスのないレースが必要になってきますね。9枠まで出場枠も増えていますし、当落線上にいる大学の1つという位置付けになるのかなあ?是非とも2年連続で予選を突破し、やはり上武はタイム以上の強さがある!というところを見せつけて欲しいです!

 


PAGE TOP