2015年 全日本予選戦力分析 法政大学 ~箱根予選落ちからの復活は?~

本日は法政大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧はリンク先ご覧ください。昨年度は足羽の3組2位の快走や西池が4組5位で復活の走りを見せるなど、見せ場を作りはしましたが、1,2組がいずれも20位以下に沈んでしまい、10位で予選落ちとなってしまいました。今シーズンは着実に主力が結果を残し、新入生も楽しみな選手が入ってきたものの、なかなか西池世代卒業の穴は埋めるのは大変そうですが果たして・・・?そんな法政の1万m上位10人は下記のようになっています。

 

 

 

 

1万mの上位8人の平均持ちタイムは予選会出場校中12位となり、データ上は圏外ということになります。最終組はエースの足羽は確実として、もう一人が誰になるかが既に悩ましいところが苦しいですよね。その足羽も関東インカレでは1万mで結果を残せませんでしたし、5000mは棄権してしまいましたから。。。今シーズンの勢いでは、細川を推したいです!昨年度は1組26位の選手ですが、学生ハーフで好走し、1万mのベストも29分22秒とチーム3番手にまで伸ばしてきました。まだ荷は重いかもしれませんが、主力となって欲しい選手ですからね!

 

 

他に最終組の候補であり、3組も任せられそうなのは選手が揃う4年生ということになりそうかなあ?持ちタイムでは29分22秒を持つ中村がチーム2番手ですし、今季5000mでベストを出している藤井孝に1万m持ちタイムチーム4番手の藤井翔もいます。予選突破を目指すには、4年生の好走が欠かせません。

 

 

1,2組には1年生の起用が十分に考えられますね。今季早速レースに出場してきている矢嶋、坂東、福田の3人はいずれも起用されてもおかしくない選手です。ただ、まだ大学に入って好走というのが1500mでしか無いため、どうなるかなあ・・・?さすがに3人揃っての起用は考えにくいですが、ゆくゆくは法政を背負って立って欲しい選手ばかりですし、どんどん経験を積んでいって欲しいです!

 

 

他に全日本を走ってきそうなのは、今季ともに5000mでベストを更新している城越、木村の3年生コンビかな?ともに全日本予選の経験はなく、1万mもチームトップ10に入っていませんが、今季ベストを出している選手の方が期待が大きくなりますよね~

 

 

戦力を見る限りは、やはり3,4組が苦しそうかなあ?1,2組はある程度通過圏内でも勝負出来るとは思うのですが、後半になればなるほど、エース格複数抱える大学との差が大きくなってしまいそうな気がします。通過は厳しいかなというのが正直な感想ですが、箱根予選でまさかの予選落ちをしてから8ヶ月、チームとしてどれだけの戦力が現時点で整ってきたのかを見るには大事な機会ですし、今後に期待を抱かせるような走りを見せて欲しいです!

 


PAGE TOP