2015年 全日本予選戦力分析 順天堂大学 ~前回2位通過、今季はさらに戦力充実で盤石か?~

本日は順天堂大学の全日本予選における考察を行っていきます。選手一覧はリンク先ご覧ください。昨年度はトップ通過を果たした神奈川とわずかの差で2位通過、もっと苦戦するかと思っていましたが、3組に起用された森・田中のそろって一桁の走りが効果的でした。今シーズンは選手層はまだ薄いかもしれませんが、エース・主力が揃って結果を残しており、全日本予選突破に向けて視界は良好です!そんな順天堂の1万m上位10人は下記のようになっています。

 

 

 

 

1万mの上位8人の平均持ちタイムは予選会出場校中、早稲田・日体大に続いての3位となり、データ上は上位通過が期待できることになります。最終組はともに28分台をマークした松枝・花澤が濃厚でしょうか?特に松枝のクロカン・トラックにおける活躍は目覚ましく、トラックの大舞台である関東インカレ1部5000mで3位に入る走りは衝撃的でした。もうかつての不安定さが露見することはなく、以前から持っていた爆発力に安定感が加わってきました。最終組でも大きく稼いで欲しいところです。花澤も松枝ほどではありませんが、世界クロカンを経験し、昨シーズンと比べても成長著しい姿を見せています。最終組を安心して任せられる選手がいるのは大きいですね。

 

 

 

3組候補は前回好走した田中、森がそのまま起用されてもおかしくないですし、関東インカレハーフで結果を残した聞谷、稲田あたりが起用される可能性もありそうです。4人とも全日本予選で結果を残しているという実績も大きいですし、持ちタイムもチームの3~6位ですからね。何も問題無ければ、この4人+栃木の中から2,3組を任せるのが安心ですかねえ?栃木も昨年度、ルーキーイヤーから台頭してきており、特にハーフの距離で強さを見せるようになってきました。以前と比べると、安心して見ていられそうな選手が増えてきましたよねー。

 

 

すでにここまで名前を挙げた選手で7人おり、この7人がそのまま前回の全日本予選を走っていることになります。経験での不安はもう無いとなると、8人目はルーキーを起用してくる可能性もありそうかなあ?高校時代の実績で言えば塩尻なのですが、今シーズンまだ一度も姿を見せていないだけに、初レースが全日本予選というのもちょっと考えにくい気が・・・あるとすれば馬場の方が可能性が高いかな?高校時代に1万mで29分39秒というタイムもマークしていますしね。もう一人即戦力として期待される江口も楽しみですし、2年生以上でも選手が揃う状況でありながら、楽しみなルーキーが複数人いるというチーム状況が良いですよね。

 

 

ルーキーが起用されないとなると、箱根7区4位の実績が光る西澤やスピードのある村島あたりも候補に入ってくるのかなあ?ただ、西澤はその箱根以外の実績に乏しく、村島は関東インカレ3000m障害で予選落ちしているだけに、ちょっと不安な面も無くはないですが・・・1万mで30分切りが10人揃っておらず、なかなか選手層が厚くなってこないのが気になるところもありますが、今シーズンの勢いを見ている限り、きっちりと全日本予選は通過してくれるのではないでしょうか?

 


PAGE TOP