関東インカレ2015 2部ハーフ ~池田が最後に逆転で優勝!青学旋風止まず~

今日は日曜に行われた2部ハーフの結果について簡単に振り返ってみたいと思います。2部ハーフ結果はこのようになっております。序盤からカリウキvs青学vs駒澤の争いとなり、一時はカリウキが独走態勢に入ったようですが、最後の最後で青学の池田がカリウキを逆転し、見事に優勝をはたしました。

 

順位 氏名 所属 記録
1位 池田 生成(3) 青学大 1:04:37
2位 Simon Kariuki(1) 日薬大 1:04:38
3位 馬場 翔大(4) 駒大 1:04:43
4位 下田 裕太(2) 青学大 1:04:50
5位 大塚 祥平(3) 駒大 1:05:06
6位 柴田 拓真(3) 平成国大 1:05:32
7位 松井 将器(4) 東工大 1:05:35
8位 セルナルド 祐慈(3) 創価大 1:05:38

 

 

青学でトップを取るとしたら、ハーフ62分前半を持つ下田か最近勢いのある田村健かと思っていましたが・・・その二人や駒澤勢、留学生まで抑えて見事に池田が優勝を果たしました。佐久長聖高校時代はそれほど目立った存在では無かったですが、昨年度は結果を残しはじめ、この関東インカレ制覇は大きな自信となったでしょう。走るたびに新戦力が出てくる青学、もう3大駅伝負ける姿が想像出来なくなりつつありますね。。。同じく優勝争いをした下田が4位と入賞を果たしたものの、田村健は12位とちょっと奮いませんでした。

 

 

2位には日本薬科大学のカリウキが入りました。日薬大は最近長距離の強化を始めたんですよねー。留学生も加わり、かなり本気の様子・・・どんどん強化する大学が増えてきて、ますます争いが激しくなりそうですね。創価の次に初出場を果たす大学はどこになるのか・・・?早ければ、今年度に東国大が出場してくるかもしれません。。。

 

 

駒澤の馬場が2年連続の3位で表彰台を確保しました。しかし、前回は青学の神野・一色がいての3位だっただけに、このメンツ相手だったら勝って欲しかった気もしますが・・・といっても、2年連続3位はさすがですし、箱根の失敗からは完全に立ち直ってきたといっていいでしょう。大塚も積極的に先頭集団に付いて行き、最後こそ遅れてしまったものの5位入賞を果たしています。ハーフ勢は揃って結果を残しました。

 

 

ハイペースな集団に付いていなかった6位以下のメンバーで入賞したのが平成国大の柴田、東工大の松井、創価のセルナルドという面々になっています。柴田も松井も関東連合で箱根を走った選手ですねー。チームで箱根に出場するのは難しい中、箱根予選に続いて関東インカレでも結果を残しているのは見事です!!セルナルドは2年連続での8位入賞となりました!創価がちょっと箱根以降元気がない中、続けて結果を残しました!

 

 

惜しくも入賞を逃した9位には上武の河崎、昨年度、上武で最も伸びた選手の1人である河崎がこの関東インカレでも結果を残してきました。ここまで走るとはちょっと予想していなかったかも・・・大東大の森橋も10位は上出来でしょう!しかし、森橋よりも期待されたエースのおお済みが31位、原が33位とともに撃沈してしまいました。ちょっと今後に向けて不安の残る結果となってしまいました。他に悪い意味で予想外だった選手としては・・・中央学院の大森は14位はちょっとイマイチだったかなあ。学生ハーフや焼津ハーフでの快走を見る限り上位青学・駒澤の間に割って入ってもおかしくないと思っていただけに・・・それ以上に残念だったのは帝京勢・・・竹本が22位、堤が28位、田中が39位ということで・・・竹本も堤も今年度の主力となってほしい選手なだけに、いくら帝京は関東インカレが苦手とはいってももう少し走って欲しかったです。

 


PAGE TOP