関東インカレ2015 エントリー雑感(青学、駒澤、早稲田、東海)

2015年5月12日

関東インカレの公式発表はまだされませんね。明日にはされると思うのですが・・・今年度は木~日と4連続で行われるということで、複数種目への出場が難しいですね。例年、各大学のエース格は5000m,1万mのダブルエントリーなどされていましたが・・・私が、公式のHPやツイッターなどで確認した5大学(早稲田、東海、青学、駒澤、中央学院)について簡単にエントリーを見ていきます。

 

 

早稲田大学(1部)

1500m  池山謙太、廣出和樹、小澤直人

1500mを得意とする池山に800mが得意?な廣出、1500mで高校時代に好タイムをマークした小澤の3人となりました。ただ、小澤は最近はちょっと奮わないようで・・・入賞するとすれば、池山が最も可能性がありそうかな?
5000m  高田康暉、光延 誠、永山博基

エースの髙田に前回も好走した光延、今季ベスト連発のルーキー永山と楽しみな選手が揃いましたね。いきなり5000mに抜擢されるあたり、永山の好調さが伺えます。髙田はロードでの活躍に比べると、トラックはちょっと実績が不足しているだけに、ここで他大のエース相手にも互角以上の走りを期待したいです。入賞は最低限ですかね・・・?光延も、去年のトラックシーズンの活躍の再現をしてくれれば!
10000m  中村信一郎、安井雄一

まさかの2人エントリーとなってしまいました。どうやら柳が故障してしまったようで・・・トラックでは最も結果を残していた選手なだけに残念です。さらに、平・武田も全種目エントリーされていませんね。そのしわ寄せが1万mに来てしまったようです。二人とも伸び盛りの楽しみな選手ではありますが、入賞はさすがに厳しいか?
ハーフ  中村信一郎、三井泰樹、井戸浩貴

なんと、中村信が1万mとハーフの両方にエントリーされています。。。1週間の空きがあった今までの日程でさえ、両方で結果を残すのは難しいのに、同一週にダブルエントリーはちょっと無謀な気がしますが果たして・・・井戸は前回同様に入賞候補ですねー。ここで加点しておきたいところです。
3000mSC  鳥山 賢、三浦雅裕、岡田 望

三浦は入賞を十分に狙えるかと思います。ルーキーの岡田も大学で早速好タイムを出すなど好調ですね。ただ、1部の3000m障害は順天・東海を筆頭にレベルが高いですから、上位進出となると厳しそうかな?

 

 

東海大学(1部)

1500m  荒井、小笠原、冨田

冨田は特に短い距離で強い選手ですし、入賞も狙えるのでは?荒井は昨年度はちょっと元気が無かったですが、1年から箱根を走るなど力のある選手、1500mでも期待したいですねー。小笠原は最近東海で勢いのある叩き上げの選手の1人ですねー。本当にチーム内のバランスが良くなってきました。。。

 

5000m  場中、湊谷、川端

なんと、場中と湊谷と1年生を2人も5000mに起用してきました。確かに場中は今季既にベストを大きく更新し、湊谷は高校時代5000mで持ちタイムトップの選手ではありますが、びっくりしました。さすがにルーキーが即入賞出来るほど1部の5000mは甘くないと思いますがどこまで食らいつけるか?一方の川端は最低でも入賞を期待したいエースですね。昨年度、川端のワーストレースがこの関東インカレだったと思っています。1年経ち、大きく成長した姿を見せて欲しいです。

 

10000m  川端、林、白吉

川端がこの過密日程にも関わらず、5000mとダブルエントリーです。チームで確固たる地位を築いていることが伺えます。もう一人のエースである白吉も1万mにエントリーしてきましたね。ここでどれだけ戦えるかが非常に楽しみです。さらに、ベスト連発の林と選手が揃っています。ここ数年はなかなか10000mで勝負出来ない状態ですが、今回は期待しちゃいますね!

 

ハーフ  春日、土屋、宮上

これまた、ハーフで実績のある3人が揃いました。ハーフ62分台の宮上に、長い距離に定評のある土屋、昨年度ルーキーながら箱根8区5位で走った春日といずれも勝負出来る選手ですね。誰が入賞しても驚かないメンバーかなあ。1部はハーフもレベルが高いですし、1点でも多く加点したいところです。

 

3000mSC  宮城、髙木、石橋

どの種目も選手が揃っているなあという印象でしたが、相対的に最も選手が揃っているのはこの3000m障害では無いでしょうか?前回わずかの差で優勝を逃した髙木はさらに成長を遂げ、今回も優勝候補の1人か?石橋も1年時に3000m障害で入賞していますし、今季も5000mで13分台を出すなど好調です。さらに、宮城も3000m障害では8分台を出すなど結果を出しており、表彰台を含むトリプル入賞も期待出来ますねー。最も得点が期待出来る種目ですし、非常に楽しみです!

 

 

青山学院大学(2部)

1500m 茂木、吉永、梶谷

前回はルーキーの3人起用にもびっくりしましたが、3人とも入賞したのにはもっとびっくりしました。そのメンバーの1人である吉永に、スピードをつけてきた茂木、13分台を持つ期待のルーキー梶谷とこれまた入賞が狙えそうな選手が揃っていますね。前回の再現なるか?

 

5000m 伊藤、小椋、一色

4本柱のうちの2人、小椋・一色をこの5000mに起用してきました。1,2フィニッシュもありえそうです。ただ、他の柱である久保田、神野はともに関東インカレを欠場なんですよね。。。特に神野は箱根以降は都道府県対抗、丸亀ハーフを走っただけで3ヶ月姿を見せていない・・・ちょっと心配です。伊藤も今季14分2秒のベストをマークし、有力選手がズラッと揃う青学において5000mの座を射止めたのは見事です!!

 

10000m 安藤、中村、田村和

1万mで29分1桁を持つ3人がエントリーされました。安藤は箱根10区2位、田村和は箱根4区区間新と勝負レースでの実績も豊富です。トラックでもその力を見せつけられるか?中村も1年時はやや苦戦しましたが、5000mでも13分台を出すなど今季は好調ですし、勢いそのままに結果も期待したいですね。

 

ハーフ  池田、田村健、下田

ハーフ62分22秒を持つ下田がやはり上位入賞候補かなあ?池田、田村健はともに持ちタイムは64分10秒とそれほどでもないですが、1万mで29分10秒前後を今季マークするなどますます力をつけているようで、入賞してきてもおかしくないですね。

 

3000障害 山村、小野塚、木村

前回、圧倒的な強さで優勝した山村が今季も優勝候補筆頭になるのかなあ?前回の走りはそのくらい圧巻でした。2連覇なるでしょうか?他、ルーキーの小野塚、木村はまだ実績には乏しく、今回は経験を積むのがメインとなりそうかな?

 

 

駒澤大学(2部)

1500m 小山、金尾、中谷

小山、金尾は1500mでまずまずの走りを見せていたので納得ですが、3人目が中谷とはびっくりしました。ダブルエントリーするなら、5000mと1万mと思っていたので・・・中谷がどこまで勝負できるかは気になりますねー。小山、金尾は過去の実績や持ちタイムを考えると入賞はちょっと厳しいか?

 

5000m 其田、中谷、下

13分38秒を持つ中谷に、13分50秒の其田、そして期待のルーキーである下と順当な3人が選ばれました。駒澤は期待の1年を5000mに起用してくることが多いですね。前々回は中谷、前回は高本というように・・・なかなか1年が結果を出すのは難しい種目ですが、下はどうでしょうか?中谷、其田は入賞は最低条件でしょう。青学の小椋・一色や中央学院の潰滝らと優勝を争う二人だと思います。2部といえどもレベルは高いですが、どこまで勝負出来るか?

 

10000m 其田、西山、工藤

其田が5000mとのダブルエントリーをしてきましたね。1万mに出場するのかな?と思っていましたが・・・主将としてチームを引っ張る走りを見せてくれれば・・・西山、工藤の28分台コンビニも期待が集まります。二人とも、初の1万mで28分台をマークしているんですよね!関東インカレという舞台でもその力を発揮出来るでしょうか?前回同様、トリプル入賞を狙いたい種目ですね。

 

ハーフ 馬場、大塚、高本

ちょっと意外だったのがハーフ、馬場・大塚の62分台コンビは予想通りですが、3人目は高本とは・・・てっきり二岡かと思っていました。馬場・大塚はともに優勝候補の1人かな?前回は青学が一色・神野という恐ろしいメンバーをハーフに送り込んできて、馬場の3位が最高でしたが、今回は少なくともエース級がエントリーされているわけではないですし、優勝したいところでしょう。高本も63分10秒を持つ選手、1万mも29分11秒を今季出していますし、勝負レースでも結果が欲しいですね!

 

3000mSC 井上、宮下、海老澤

予想通りの3人ですね。というか、駒澤で3000m障害をやっているのはこの3人しかいませんから・・・井上、宮下はともに入賞は最低限の目標で表彰台も狙って行って欲しい選手ですね。二人ともちょっと元気が無い気もしますが、3000m障害を飛躍のきっかけにしてくれれば。。。海老澤は決勝に進めれば上出来かなあ?まずは、経験を積むのが主な目的となるでしょう。

 

 


PAGE TOP