中央学院大学 ~2015年度戦力分析~ 主力・中堅・ルーキーともに大活躍!

本日戦力分析をしていくのは、中央学院大学です。前回の箱根では1区から好位置をキープ、そして5区及川の最高の走りで往路5位、総合8位でのシード獲得となりました。そのシード獲得以降、勢いが止まりませんね。自己ベストを更新する選手が5000m,1万m、ハーフのいずれも、全学年でどんどん出てきていますからね。トラックシーズン、駅伝シーズンともに存在感を魅せつけて欲しいです。そんな中央学院大学の選手一覧はこのようになっております。それでは、各学年ごとに戦力分析をしていきます。

 

 

 

 

4年生・・・大学を代表する選手へと成長を遂げた潰滝がチームの絶対的エースとして君臨します。箱根では1区5位の好走、今シーズンも5000mで13分42秒という日本人大学生で2番手となるタイムをマークしています。日本選手権(3000m障害)では優勝候補の1人ですし、トラック、駅伝ともに大活躍してくれればと思います!潰滝とともに1年時から活躍してきたのが塩谷、潰滝に比べると記録会での凡走もあり、やや安定感に欠ける部分はあるのですが、勝負レースで外さないのが塩谷の強さ、箱根では主要区間の3区で2年連続4位の快走、箱根予選でも19位と結果を残し続けています。この二人が今年度もチームを引っ張っていくことでしょう。

 

 

そんなエースたちの脇を固める一番手が山本、全日本では最長区間の8区を任され、箱根では8区8位と好走しました。5000mで4月に早速ベストを更新していますし、貴重な戦力となりそうです。小川も3大駅伝・予選会は未出場ですが、今季5000mでベストをマーク、1万m29分台、ハーフ64分台でメンバーに入ってきて欲しい選手ですね。

 

 

3年生・・・中央学院で最も充実しているのがこの3年生、その中でも一気に頭角を現してきたのが海老澤剛、1万m29分6秒というベスト以上に、全日本3区3位、箱根予選29位、箱根2区11位という勝負レースでの強さが目につきます。記録会や持ちタイムに比べると本番で力を発揮出来ないという選手が多い中、塩谷や剛のようにここぞという場面で結果を出せる選手がいるのは心強い限りですね!エースの1人として、チームを導いていって欲しいです。続く選手が難しいところですが・・・実績では1万mで29分19秒、箱根も2度出場している村上が抜けています。ただ、箱根ではいずれも4区15位に留まり、まだ3大駅伝で1桁順位で走ったことがあらず、箱根予選会でも100位以内の経験がありません。その一方で全日本予選では3組11位と好走しており、データ上は長い距離が苦手ということに・・・もう上級生になりましたし、ハーフの距離でも力になってくれれば・・・

 

 

二人だけではありません。箱根では10区14位の走りでシード獲得のゴールテープを切って久保田に、同じく箱根で7区11位で走った剛と双子の太と箱根経験者が既に4人おり、さらに清水、渡邊、藤花と箱根予選経験者が3人おります。3人で最も良かったのが渡邊の90位と苦戦はしましたがこれだけ選手が揃っているのは大きいですね。現状はちょっと剛が抜けだしている状況なだけに、学年全体でレベルアップしていってくれればと思います。

 

 

2年生・・・まず躍進してきたのが大森、箱根予選で91位とまずまずのデビューを飾ると、全日本デビューも果たしました。その後、学生ハーフで62分台をたたき出し、焼津ハーフでも好走とハーフでの安定感を増しています。トラックはまだ5000m14分30秒台、1万m30分台に留まりますが、このタイムは力をつける前のもので参考にはならないでしょう。トラックシーズンから活躍して欲しいです。大森に続いて台頭して来たのが新井、学生ハーフで64分30秒をマークすると、今季に入って5000mで14分13秒、1万mで29分42秒と立て続けにベストを更新しています。これは力を付けてきた証拠でしょう。大森同様、トラックシーズンから勝負レースへの出場が期待される選手ですね。他は鎌田が65分18秒をマークしたくらいでまだちょっと厳しそうかな?徐々に戦力となる選手が出てきてくれれば。。。

 

 

1年生・・・他大学を見渡してもこの4月に最も活躍した選手の1人であろう森田の走りが際立ちます。5000mで14分8秒、1万mでは29分22秒と立て続けに好タイムでのベストをマーク、即戦力としての期待がますます高まります。高校時代もクロカンシーズンに入ってますます活躍しましたし、勢いそのままに関東インカレ・全日本予選と出場していくのでは?1年にして欠かせない戦力となりうる可能性を秘めています。他のルーキーは持ちタイムでは14分30秒を切るような選手はおらず、即戦力は厳しいかもしれませんが、3年生の選手層を見てもルーキーに頼らなくてはいけないチーム状況ではないですし、ゆっくりと着実に力を付けていってくれればと思います。と言っても中央学院の場合、高校時代無名の選手がいきなり出てくることも珍しくないので、密かに期待しちゃうところではありますが・・・

 

 

潰滝という絶対的エースがおり、塩谷、剛とともにトリプルエースを形成する一方、その脇を固める選手が各学年から出てきて、さらにルーキーも台頭しているという非常に良いチーム情況となっていますね。駅伝シーズンも大いに沸かせてくれるでしょうが、まずは関東インカレ・・・潰滝は前回5000mで優勝、1万mで3位という結果を残しています。その再現を期待したいですねー。さらに、ハーフに出るのであれば塩谷や大森も上位入賞候補ですし、トラックに出るであろう剛や森田の走りも楽しみ・・・潰滝だけではなく、見どころの多そうな関東インカレとなりそうです。

 

 

全日本予選は前回以上に通過は有力かなあ?総合力は前回以上ですし、2枠増えることになります。前回は8人選ぶのが悪い意味で大変でしたが、今回はいい意味で大変そう・・・ 4年生で潰滝、塩谷、山本、3年で海老澤兄弟、村上らがいて、2年に大森、新井、1年に森田。。。余程のブレーキが無い限り、通過は固そうです。3大駅伝では毎回見せ場を作ってくれる中央学院なだけに、まずは全日本予選を突破して3大駅伝フル出場を果たし、さらなる活躍を期待したいです!!

 


PAGE TOP