2015年 兵庫リレカ(アシックスチャレンジ2組 & グランプリ)

先日、ユニバ選考となったアシックスチャレンジ1組について雑感を述べましたので、今日は2組とグランプリについて触れていきたいと思います。2組結果グランプリ結果はそれぞれこのようになっております。1組がユニバ選考だったこともあり、2組には学生は一人もおらず、グランプリには駒澤の中谷、青学の一色というユニバ代表を既に決めている二人がエントリーしました。

 

 

~アシックスチャレンジ2組~

外国人選手が1~4位を占めるという状況ではありましたが、4位のオリサンゴと5位のマツダ:圓井との差はわずかに0.22秒差ですから健闘したと言っていいのではないでしょうか?いつも安定して上位に入ってきている印象があります。続いて大塚製薬の松岡、富士通の星という日本選手権5000mを制している二人が入ってきました。二人とも大学時代、箱根ではあまり活躍出来ませんでしたが、社会人になってからは高いレベルで結果を残していますねー。

 

 

個人的にちょっと意外だったのがカネボウの青木、元々東農大時代も28分台ランナーであり、活躍した選手でしたが、28分26秒をマークしてくるとは・・・カネボウは会社のトラブルの影響もあり、2年連続でニューイヤーを逃していますからね。選手は揃っていますし、復活を遂げて欲しいです。

 

 

実業団ルーキー組では市田兄弟が早速の28分40秒台揃い踏みと安定していますね。旭化成の同期が非常に強力なだけに、トラックシーズンから結果を残していって欲しいです。HONDAの新庄や小森コーポの西澤も28分台をきっちりとマークしています。一方ので富士通の中村は30分30秒オーバーでブービーという結果に・・・ちょっと足を痛めた様子とのことで、駒澤大学時代も怪我が多かっただけに心配になりますね。。。黄金世代と呼ばれた1学年上の世代はルーキーから大活躍する選手が多かったですからね。この世代も負けずに日本選手権やニューイヤー駅伝で輝いてくれればと思います。

 

 

~グランプリ~

去年、日本人トップで27分49秒を叩きだした村山謙太が再度日本人トップをマークするものの、タイムは28分9秒ということで、世界陸上やオリンピックの標準突破とはなりませんでした。北京世界陸上の参加標準は27分45秒、GGNで再び狙う形ですかね?ここで出せないとかなり厳しそうです。JR東日本の堂本、コニカミノルタの山本がそれぞれ28分21秒、22秒と好タイムですねー。佐久長聖時代の1つ後輩である村澤世代が揃って元気がない中、高校・大学での実績では劣る堂本が非常に伸びてきています。山本も故障などで苦しんでいましたが、ここでの好タイムは自身にとってもコニカミノルタにとっても今後に繋がりそうです。

 

 

社会人ルーキーでは井上が28分32秒と2年続けての安定した走り、さすがですねー。実業団名が三菱重工長崎から三菱日立パワーシステムズ長崎となってちょっとなんて呼んだらいいのか気になってます(汗)学生勢では一色が28分37秒、中谷が28分49秒ということでともにベスト更新とはなりませんでした。前半から27分台も狙えるようなハイペースで突っ込んだ後に粘るのはやはり学生にとっては大変ですよね。。。それでも、しっかりとまとめてくる辺りがさすがは安定感抜群の二人と言うべきか・・・個人的に復活を期待していた宮脇は30分25秒で最下位という結果に・・・27分台を連発していた時期を知っているだけに、もどかしさを感じますね。。。高卒のため、実業団は長いですが本来は大迫世代と同学年でまだまだこれからの選手ですし・・・ちょっとニューイヤーを制したトヨタ勢が足並みが揃っていない印象です。。。

 

 


PAGE TOP