2015年 アシックスチャレンジ1万m ~潰滝がトップでユニバ確定~

本日、兵庫リレーカーニバルのアシックスチャレンジが行われました。1組はユニバーシアードの代表選考を兼ねています。28分50秒を切っており、学生1,2位になった選手がそのままユニバ代表になるものと思われます。アシックスチャレンジ1組結果はこのようになっております。ユニバ選考ということで、大学を代表する選手が多くエントリーされていて楽しみにしていたのですが、明治の横手、青学の久保田、神野、東洋の勇馬、京大の平井など有力選手が多く棄権してしまったのは残念でしたねー。上位8人は以下のとおりとなります。

 

 

順位 氏名  フリガナ 所属 記録
1位 潰滝 大記(4) ツエタキ ヒロノリ 中央学院大 28:36.61
2位 小椋 裕介(4) オグラ ユウスケ 青山学院大 28:38.57
3位 川端 千都(2) カワバタ カズト 東海大 28:44.71
4位 北 魁道 キタ カイドウ 中国電力 28:45.42
5位 木村 慎(4) キムラ シン 明治大 28:52.15
6位 工藤 有生(2) クドウ ナオキ 駒沢大 28:54.40
7位 牧 良輔 マキ リョウスケ SUBARU 28:55.60
8位 牟田 祐樹(4) ムタ ユウキ 明治大 28:59.03

 

 

そんな中、見事にトップでゴールしたのが中央学院の潰滝、大学を代表する選手の一人として、1年時にブレイクし、さらに3年時にさらに伸びてきた潰滝が、28分36秒で自己ベストを1秒未満ですが、更新する素晴らしい走りでした。ラップを見ると先頭を走ったのは9000mだけということで、潰滝にしては珍しく引っ張らなかったようですね。その分、勝負に徹したということでしょうか?それでしっかりと勝ちきるのですから、さすがですねー。個人的には日本選手権3000m障害での初優勝を見たいですが、どうするのかなあ?

 

 

2位には2秒差で青山学院の小椋が入りました。久保田、神野が欠場し、一色がグランプリに移動し、最後の砦となった小椋がさすがの走りを見せました。これでユニバ代表も確定でしょう。小椋も1年時から結果を残してきた選手ですが、本当に3年の箱根以降の活躍ぶりは凄いですね。。。他の青学の柱と比べても見劣りしないまでに成長してきました。3位には、東海の川端が自己ベストとなる28分44秒で入ってきています。2年生の持ちタイムトップの座を守りました。織田記念5000mに続く3位ということで、これだとユニバ代表にはどちらも選ばれないのかなあ?2年生もどんどん台頭してくる選手がいますが、やはりトップは川端かなと思わせる結果でした。

 

 

4位には中国電力の北が入っていますねー。明治時代は1,2年時の活躍に比べると3,4年時はちょっと影が薄くて心配していたのですが、実業団に入ってから復活してきたのは嬉しい限りです!層の厚い中国電力ですが、どんどん輝いて欲しいです。5位には明治の木村が入りました。28分52秒でセカンドベストと決して悪くは無いですが、昨年度の全日本以降の活躍ぶりを見るとちょっと物足りないと思ってしまいますねー。どんどん新戦力が台頭している中でも、明治での地位は揺らがないでしょうが、他大学のエースとも勝負し、勝てる選手になっていって欲しいです。

 

 

6位には駒澤の工藤が入りました。初の1万mで28分54秒はさすがというべきか今の工藤ならこのくらいは当然というべきか・・・?ラップを見る限り、2000~4000m、7000mと4度もトップで通過しており、積極的にレースを引っ張っていたことが伺えます。初の1万mでユニバ選考で(工藤は既にハーフで代表を決めていますが)こうした強気なレースが出来、さらに結果も残せるのがさすがですね。この時点では川端についで世代2番目のタイムとなりましたが、その数時間後に行われた日体大記録会で山梨学院の上田、順天堂の花澤が28分40秒台を出しており、現時点では4位となっております。

 

 

8位に入った明治の牟田までが28分台で走っています。牟田も以前よりも選考レースや勝負レースで結果を残せるようになってきました。元々スピードのある選手なだけに今後が楽しみです!9位に入った日大の荻野も29分1桁とさすがの安定感ですねー。もう一人の日本人エースである石川は30分オーバーとなってしまいました。日本人エースの座はやっぱり荻野かなあ。。。国士舘のエースである堀合も30分オーバーはちょっと残念。。。安定して結果を残してきている選手ですが、やはり各大学のエース格が集まる中では厳しかったか?

 

 

東海のエースである白吉が29分23秒で15位はちょっと残念だったかなあ。学生ハーフで4位とユニバ代表の座が微妙なところなだけに、なおさら・・・個人的に期待していた4人出場していた早稲田勢なのですが、仲良く18位~21位と平凡な結果に終わってしまいました。柳が29分33秒、中村信が44秒、髙田が50秒、井戸が54秒ということで今年度の早稲田を引っ張っていく選手が揃って結果を残せなかったのはちょっと気になりますね。関東インカレで何も心配ないところを見せてくれると嬉しいのですが・・・

 

 

28分台が多数出るなど、自己ベストラッシュとなった日体大記録会(1万m)の結果については、明日以降取り上げます~


PAGE TOP