神奈川大学 ~2015年度戦力分析~ 悲願のシード獲得へ再挑戦!

本日、紹介する大学は、神奈川大学です。昨年度は全日本予選・箱根予選ともにトップ通過を果たしました。エースもおり、選手層も厚くなったチームは3大駅伝での活躍も期待されましたが、全日本・箱根ともにシード権を獲得することは出来ませんでした。箱根はもう10年もシードを獲得出来ていませんからね。。。毎年、今年はいける!と思うのですが、どうしてもあと一歩届かないのがもどかしいです。そんな神奈川大学の選手一覧はこのようになっております。それでは、各学年ごとに戦力分析をしていきます。

 

 

 

 

4年生・・・1年時からチームを引っ張ってきた西山・我那覇コンビも4年生となりました。二人とも出場可能な3大駅伝・予選会全てに出場しています。今年度も、ダブルエースとしてチームを引っ張る走りが期待されます。特に西山は上級生になってさらに力をつけてきましたからね。この二人がいるのは、全日本予選・箱根予選と戦う上で非常に心強いです。二人の力が抜けてはいますが、箱根5区を任された渡邉に1万m29分台に入ってきた永信が続くかなあ。エース力はあるのですが、選手層の厚さに不安のあるのがちょっと心配なところです。

 

 

3年生・・・4年生とは違い、エースと呼ばれる存在はいないかもしれませんが、中神、石橋、東の3人が箱根予選を2度、箱根を1度経験しています。特に東は箱根予選で44位、全日本でも最長区間の8区を任されましたし、中神も箱根では10区11位で走っていますからね。他の3学年と比べるとスカウトが良かったとは言えない世代ですが、着実に力をつけてきた世代でもあります。こういう選手たちが特に箱根予選や箱根では必要になってきますし、頼りになる学年となって欲しいです。

 

 

2年生・・・高校時代から実績のある大野、大川、鈴木健、浅利の4人は1年時から3大駅伝・予選会を経験するなどルーキーイヤーからさすがの活躍を見せました。大野は箱根8区9位の好走、大川は箱根では3区18位ながらいきなり主要区間を任され、鈴木健は箱根予選33位の快走、浅利は全日本予選2組5位とそれぞれ結果を残しています。故障をしていた浅利も復活レースを無難に走っていますし、心配は無さそう。さらに1万mで29分22秒と学年トップタイムを誇る大塚、1万m29分台を出した鈴木祐も台頭してきています。楽しみな選手が揃っており、2年生にして神奈川大の中心となってもおかしくない学年ですね。

 

 

1年生・・・5000mで14分3秒のタイムを誇る山藤、山藤と同じ愛知高校出身の多和田が中心となるかと思います。特に山藤は高校時代の実績も豊富ですからねー。都大路、都道府県対抗と奮わなかったのが気にはなりますが・・・大学では焦らずに力をつけて行って欲しいです。幸い、即戦力が求められるほどエースも選手層も不足しているチームではないですし・・・

 

 

予選会に比べて、どうしても本戦で結果を出し切れていないのが気になりはしますが・・・チーム力は着実についてきていると思います。エース柿原を始め力のある選手が揃った世代が抜けはしましたが、2年生が着実に成長を遂げれば、そこまで戦略ダウンとはならないと思うんですよねー。関東インカレで得点を狙うとするとやはり我那覇・西山の二人が可能性が高いかなあ。西山はハーフであれば表彰台も狙えるかとは思いますが、出来ればトラックで勝負して欲しい気もしますが果たして・・・?

 

全日本予選も通過は特に問題無いでしょう。前回トップ通過を果たしている他、箱根3位以内の推薦出場がない(前回は日体大が推薦)+予選1枠増加により、9枠もありますからね。。。本気で全日本出場を狙った場合、何度はもはや箱根とかわらなくなってきたように思えます。以前は狭き門でしたが・・・ただ通過するだけではなく、2年連続のトップ通過を狙って欲しいですね。そして、今年度こそ箱根のシード権を獲得し、今後につなげていって欲しいです。

 


PAGE TOP