東洋大学 ~2015年度戦力分析~ 服部兄弟を中心に引き続き優勝戦線へ!

本日紹介するのは、東洋大学です。前年度は全日本で4位、箱根で3位と好成績ではありますが、ここ最近の圧倒的な安定感、もう1,2位をずっと独占し続けた強さからすると、ちょっと物足りなくも思ってしまいます。さらに田口、髙久、今井、淀川などエースと呼ばれる存在はいなかったかもしれませんが、多くの選手が3大駅伝で結果を残してきた世代が卒業し、今後も優勝戦線へと踏みとどまれるかが問われる1年ともなりそうです。そんな東洋大学の選手一覧はこのようになっております。それでは、各学年ごとに戦力分析をしていきます。

 

 

 

 

4年生・・・有力選手が揃う東洋大学の中でも、中心になるのはやはり4年生ということになるでしょう。箱根2区区間賞のエース勇馬を筆頭にハーフ62分台で箱根経験者の上村、高橋にハーフ63分台に渡邊、長谷川、寺内といますからね。ハーフの持ちタイムは選手が揃っています。ただ、1万mとなると勇馬、上村の28分台に続くのが29分31秒の渡邊とちょっと間が空いてしまっていますね。タイムは狙えば出るとは思いますが・・・ロードだけではなく、トラックでも活躍して欲しいところです。

 

 

3年生・・・中心となるのはもちろん服部弾馬、勇馬とともに今年度のチームを引っ張る存在です。箱根では7区3位、ハーフベスト63分31秒は高橋と並んでチームトップ、3年生以下では唯一の28分台ランナーでもあります。続くのは櫻岡でしょう。全日本では3区6位、箱根では4区4位という結果を残しています。ハーフも62分台を持っていますからね。弾馬と櫻岡という二人の3大駅伝経験者が引っ張っていく学年となるでしょう。続く選手は誰になるかはいい意味で難しいですかね。1万m29分台前半の山本、口町は1年時から3大駅伝にエントリーされていますし、成瀬は箱根5区候補として期待される選手です。橋本はハーフで63分35秒を出し、箱根メンバーにも入ってきていますからね。ここから誰がメンバーに入ってくるのか楽しみです。

 

 

2年生・・・3大駅伝に出場した選手がいなかったのはちょっと残念でしたが・・・楽しみな選手はチラホラいます。トラックシーズンは竹下が活躍を見せ、出雲では1年にして東洋のアンカーを任される予定でした。残念ながら台風で中止となってしまいましたが。。。その後、故障の影響もあって全日本以降は姿を見せなかったんですよね・・・トラックシーズンでは復活を遂げて欲しいです。小早川は上尾ハーフで63分17秒の好タイムをマークしました。このタイムはちょっとびっくりしましたねー。箱根16人にも入ってきましたし、今年度は3大駅伝デビューも期待したいです。1万mの学年トップは野村、29分31秒がベストでセカンドベストも29分32秒と安定しています。長い距離にも対応出来てくれば、箱根も面白そうですけどねー。この3人が1年時は見せ場を作りましたが、高校時代は堀や高森の方が実績は上なんですよね。ちょっと故障がちなこの二人がしっかりと練習を積めれば、貴重な戦力となるはずなのですが・・・

 

 

1年生・・・高校時代の実績が豊富な3人、小笹、山本、中畑の3人が中心になってくると思います。その中でも、小笹は3年の駅伝シーズンで高いレベルで安定した走りを披露、持ちタイムこそ14分15秒に留まりますが、持ちタイム上位の選手にも負けない活躍を見せました。こういう選手は箱根でも即戦力になることが多く、東洋であっても1年時から3大駅伝にデビューしてきそうな選手です。山本は1万mで29分39秒を既にマークしています。兄である柏原世代の山本 憲二、特に箱根では好走を見せ、優勝に貢献しました。弟の山本 修二にも期待したいところです。中畑は3年時は故障で奮いませんでしたが、伊賀白鳳では下らとともにチームを引っ張る選手でしたからね。まずは万全の状態で大学デビューを果たしてくれればと思います。

 

 

持ちタイムや駅伝での実績という面では前年度よりも劣るかもしれませんが、楽しみな選手はそろっているんですよねー。勇馬という大学を代表するエースがおり、選手層も一時ほどの厚さはありませんが、各学年に楽しみな選手が揃っています。3大駅伝では青学の戦力がずば抜けてはいますが、青学に続く2位グループの1チームという位置づけかなあと思います。箱根へのピーキングは全大学を見ても抜けていますし、今年度も東洋は強いというところを見せて欲しいです!

 


PAGE TOP