2015年 金栗記念 結果雑感 ~自己べスト連発~

いよいよ、トラックシーズンが本格的に始まりましたね。その幕開けとして、金栗記念6大学対校、世田谷記録会が行われました。どの記録会でも自己ベストが何人も出るなど、早速好記録ラッシュとなりました。世田谷記録会はまだ公式結果が発表されていませんので、まずは金栗記念について自己ベストを出した選手を中心に振り返ってみたいと思います。平均持ちタイムも早速結果を反映しています。※世田谷記録会は最終組のみツイッターで画像を載せてくれた方がいたので、反映しています。

 

 

~金栗記念~

大学生:13分台

オムワンバ(山梨学院):13:28.41

潰滝(中央学院):13:42.16

松枝(順天):13:49.74

髙田(早稲田):13:50.32

工藤(駒澤):13:52.97

 

 

学生トップタイムを出したのは、山梨学院のオムワンバ、13分28秒ということで自己ベストを3秒更新してきました。元々大学トップタイムを保持していましたが、さらにタイムを伸ばすとは・・・箱根は直前の故障で出場することが叶わず、2年連続で悔しい思いをしていいますからね。。。最終学年に賭ける思いは非常に強いでしょう。チームをさらなる上位へと導いて欲しいです。日本人大学生トップをマークしたのは、中央学院の潰滝、13分42秒と9秒も縮めてきましたね。日本選手権の標準も突破してきましたね!ただ、優勝を狙うのであれば3000m障害の方が可能性は高いと思いますが、どうするのかなあ?今から楽しみです。

 

 

5000mの持ちタイムも日本人大学生では駒澤の中谷に次いで2位となっています。というか、5000mの持ちタイム日本人トップは中谷だったのですね。トップが13分38秒というのはちょっと寂しい気も・・・さらにタイムを出してくる選手が出てきて欲しいです。順大の松枝も13分49秒と40秒台をマークしてきましたが、わずか0.56自己ベストに及びませんでした。それでも、世界クロカンでの好走からすぐにトラックでも自己ベストに近いタイムを出すなど、好調を維持していますね。さらに一皮向けたようでトラックシーズン、大いに活躍が期待出来そうです。

 

 

早稲田の髙田が13分50秒で自己ベストを10秒更新してきました。髙田のベストが14分台というのも実力にあってなかったですからね。さらにタイムを伸ばしてきてもおかしくないと思いますが、まずは順当に結果を残してきました。エースとして活躍が期待されます。駒澤の工藤が13分52秒でベストを15秒縮めてきました。全日本以降の大活躍ぶりを見れば14分7秒のベストの選手じゃないですよね。日本人大学生では唯一最終組で出場しており、1000mで2分40秒を切るようなハイペースで突っ込んでますからね。もう1つ前の組ならばもっとタイムが出てもおかしくなかったかもしれません。今後の活躍次第では、駅伝シーズンにはエースと呼ばれるようになっているかもですね。そのくらい、成長が止まりません。

 

 

14分台の選手も簡単に見ていきます。神奈川の西山が14分5秒でセカンドベストをマークしました。最近の西山ならば自己ベストを出してもおかしくは無いと思ったのですが、セカンドベストでのシーズン開幕ならば上々でしょう。日大の荻野が14分6秒、石川が14分7秒とともにまずまずのタイムで走っています。ちょっと駅伝シーズンは奮いませんでしたが、日大を引っ張る日本人エース二人には、トラックでは切り替えて結果を出して行って欲しいです。

 

 

中央学院勢は潰滝が見事な走りを見せましたが、期待のルーキー森田が14分8秒でベストを4秒更新してきました。エース、ルーキーが揃って自己ベストというのはいいスタートですね。高校時代から安定して結果を残しており、さらにクロカンで見事な走りを見せて期待していましたが、その実力を見せる走りでした。山梨学院勢も14分6秒で佐藤、8秒で上田が走っています。佐藤は0.6秒ベストに及びませんでしたがまずまずの走り、そして上田は去年は出だしこそ良かったものの、ずっと故障に悩まされることになりましたからね。14分1桁に走れるまでに戻してきましたし、後は怪我なく過ごしていって欲しいです!

 

 


PAGE TOP