法政大学 ~2015年度戦力分析~ まさかの箱根予選落ちから戻れるか?

今日紹介する大学は、法政大学についてです。奇しくも箱根予選落ちの大学が続いてしまいました。予選落ちした4大学(法政、東農、専修、国士舘)の中で個人的に最も意外だったのがこの法政大学でした。西池・関口らが卒業した今年度、果たして箱根に即復帰となるでしょうか・・・?そんな法政大学の選手一覧はこのようになっております。

 

 

 

 

 

4年生・・・まずは中心になるのがこの4年生ということになるでしょう。ハーフ64分前半かつ箱根経験者に中村、佐藤、藤井孝がおり、この3人の他に藤井翔、有井と箱根予選経験者が5人いますからね。前回の箱根予選では全体的にペースが上がらずに最初から最後まで通過圏外となってしまいましたが、その悔しさをバネにチームを引っ張っていって欲しいです。ずば抜けた選手はいませんが、選手層は厚い学年だと思います。

 

 

3年生・・・足羽がハーフ63分37秒、出雲・全日本でも好走などと持ちタイムでも実績でも抜けていますね。今年度エースとなってほしい選手ですし、箱根予選でも稼ぐ役割が期待されます。故障に苦しむことも多かったですが、この1年間怪我なく過ごしてくれればと思います。続くのは田辺、木村、坂田といった箱根予選経験者たちですかね?ただ、ハーフの持ちタイムはいずれも65分をやっと切る程度で1万mの持ちタイムも木村・坂田は30分台とちょっと物足りません。持ちタイムが全てで無いのは重々承知ですが、もう少しタイムも伸ばして聞きたいところです。

 

 

2年生・・・2年生はちょっとまだ実績に乏しいのですが、1万m29分台に入った鹿嶋やハーフで64分1秒を出し、全日本予選も経験した細川あたりが期待の選手ですね。他にも5000mで14分24秒とこの学年トップの園田も長い距離に対応してくれば面白い存在となりそうです。1万mで30分30秒台、ハーフで66分台ではまだちょっと厳しい気がしますからね。。。

 

 

1年生・・・ 面白そうな選手が揃っています。いわゆる無名校エースの坂東に駅伝での実績が豊富な矢嶋、福田といますからね。持ちタイムはいずれも14分20秒台前半ではありますが、タイム以上の走りをロードでは見せてくれています。こういう選手は大学でも即戦力として活躍することも多いですし、同学年で切磋琢磨して強い学年へとなっていって欲しいです。

 

 

前年度の箱根予選会はさすがに悪すぎて参考にはなりにくいですが、2年連続で予選落ちとなるとスカウトにも響くでしょうし、絶対に避けたいところです。有力ルーキーの加入は好材料ですが、西池世代の穴の影響は大きく、当然ルーキーだけで穴埋めは難しいでしょう。それでも、決して選手が揃っていないわけではないですし、予選を突破出来るだけの戦力はありますからねー。きっちりと1年で箱根路に返り咲き、また見応えのあるレースをして欲しいです!

 


PAGE TOP