2014年度 学生ハーフ結果雑感 ~國學院、駒澤、順天、上武、東海、法政~

学生ハーフの大学ごとの振り返り、パート4で最後です。学生ハーフ結果が日本学連のHPに載っています。今日は國學院、駒澤、順天、上武、東海、法政の6大学について見ていきます。

 

國學院大学

63分台を出したのが63分57秒の稲毛だけだったのはちょっと寂しかったですかね。稲毛は予選会は全日本・箱根全てに出場しているのですが、3大駅伝はまだ未出場なんですよね。同級生の蜂須賀がエースへと成長しているだけに、負けずに活躍してほしいです。同じく2年で今年度伸びてきている松本が64分24秒をマーク、3部門全てで自己ベストを出していますし、来年度はメンバーに入ってきて欲しいですね。期待の1年生では、セカンドベストながら64分台で磯邉、渡邊が走っており、向が64分59秒、軸屋が66分33秒で走っています。高校時代の実績では向、軸屋の方が上なのですが、新たに戦力となる選手が出てきますねー。ハーフの持ちタイムが65分きりは20人以上となり、選手層が非常に厚くなってきました。

 

 

駒澤大学

今年度、最も伸びた選手と言われる1年の工藤が62分12秒とベストを6秒更新する走りで2位に入り、ユニバ代表の座を掴みました。1年前は恐らく駒澤ファンでもそこまで期待していなかったであろう選手がもはやエースと呼ばれるほどの活躍を見せています。大暴れのロードシーズンでしたが、トラックでもどれだけ活躍してくれるか楽しみですね。もう13分台や28分台を出したくらいでは微妙なタイムと言われそう・・・中谷が2年時に出した13分38秒、28分30秒あたりがターゲットになってくるのでは?

 

工藤にこそ遅れをとりましたが、其田が62分20秒で6位、馬場が62分21秒で7位と3人が入賞してきました。其田は全日本に出場出来なかったり、馬場は箱根5区でアクシデントが起きるなど悔しい思いをした3年生が結果を出してきましたね。エース格として期待される西山も62分43秒と自己ベストと同タイムで走っていますが、これで物足りなくなるほど他の選手も結果を残しています。62分台4人、入賞3人は全大学中最多で素晴らしい結果だったとも言えますが・・・いずれも箱根で好走するなど実績のある選手ばかりなんですよね。一方で63分台は高本しかマークしておらず、紺野の64分5秒を始め、64分台で吉澤、中西、中村佳らが走っていますが、駒澤のメンバー争いを考えるとまだ物足りないように思えます。。。主力と主力以外の戦力差が空いてしまい、中堅どころの選手層が薄くなっているのでは?という不安も感じられる結果でした。

 

 

順天大学

森が63分35秒と好タイムをマークしてきましたね!箱根を6区11位とまずまずの走りを見せた期待の2年生が持ちタイムも伸ばしてきました。聞谷とともにこの学年を引張る存在となってくれれば。他の2年生では山下智、箱根で快走を見せた西澤が65分台前半で走っています。3年生は齋藤、小盛といったメンバー争いに絡んできて欲しい選手が66分前後、主力として期待される稲田が64分15秒ながらセカンドベストともう一つだったかなあ。選手層の薄さは以前よりは解消されてきたとはいえ、まだまだ選手が出てきて欲しいところですね。1年では全日本・箱根を走った栃木が63分56秒まで伸ばしてきました。花澤はクロカンで活躍していますし、1年の2トップも箱根以降元気な姿を見せています。トラックシーズンでどこまで他大の主力と渡り合えるかも気になるところです。

 

 

上武大学

4年の倉田が大学最初で最後となるハーフに出場、63分53秒で走っています。倉田の実力からすれば物足りないかもしれませんが、故障に苦しんだ4年生の最後はきっちりとまとめてきたと思います。実業団では怪我なく伸びていって欲しいですね。3年生以下では、田林が64分17秒をマーク、今年度伸びてきた3年生が結果を残しました。箱根でも8区10位で走っていますし、主力の1人として活躍が期待されますね。

 

同じく伸びてきた3年の三好は65分28秒、山岸塁は65分58秒ということでちょっと物足りないかなあ。全日本予選や箱根予選では好走している選手たちですし、勝負レースにはきっちりと合わせてきて欲しいですね。今年度、駅伝シーズンで一気に伸びてきて箱根出場まで果たした2年の河崎はセカンドベストながら64分29秒をマーク、来年度は更に活躍が期待されるのでは?上武の中でも特に期待している選手の1人です。

 

 

東海大学

エースの白吉が62分16秒で4位と快走を見せました。本当に外さない強い選手です。ただ、4位だとユニバ出場は確定しないんですよねー。10000mのユニバ選考会で好走した選手が優先されることもありますし、どうなることやら・・・ もう1人62分台で走ったのが髙木、2年まではほとんど出てこなかった選手だったのですが、トラックシーズンでは関東インカレ1部3000m障害で2位に入ったのを始め、走るたびに自己ベストを更新、駅伝シーズンでも結果を残し続けるなど大きく飛躍を遂げた1年となりました。その締めくくりで62分台まで出してしまうのですから、まさに最高の1年だったのでは?箱根では9区を任されるまでになっていますし、主力としてチームを引っ張って欲しい選手ですね!

 

 

同じく3年生で駅伝シーズンになって伸びてきた林が63分13秒の好タイムをマーク、もう選手層がどんどん厚くなっていく東海、これだけのタイムを出しても駅伝メンバーに入れるか分からないほどですね。まだ3大駅伝・予選会ともに未出場なだけに最終学年で何とか結果を出して欲しいです。1年の春日も63分47秒と走るたびにベストを更新、箱根でも8区5位と好走しており川端の活躍が目立ちますが春日もチームに欠かせない選手に早くもなっています。他にも春日と同じ佐久長聖出身の成田が後輩に負けじと64分1秒で走っていますし、石橋・今井が64分28秒で走るなど多くの選手が自己ベストで走っています。来年度のメンバー争いは本当に熾烈を極めることになりそうですね。

 

 

法政大学

来年度、エース格として活躍が期待される足羽が63分37秒と好タイムをマーク、故障がちらほらあるのが心配なだけに、怪我なくシーズンを過ごして欲しいです。個人的にややびっくりだったのが1年の細川の64分1秒という好タイム、全日本予選では1組26位とある意味実力通りの走りではありましたが1年の終わりには大きくタイムを伸ばしてきました。ハーフで結果を出せている1年が少ないだけに貴重な存在となりそう。

 

3年では中村が64分7秒とまずまずのタイムをマーク、ハーフで64分30秒きりの選手がこれで5人(足羽、細川、中村、佐藤、藤井孝)となり、ここらへんの選手がまずはチームを引っ張っていって欲しいところ。細川だけではなく、鹿嶋や園田といった1年生にも期待していたのですが、それぞれ66分10秒、66分40秒でのセカンドベストに留まり、なかなかハーフの距離ではタイムを出せていないですね。面白そうな新入生が何人も入りはしますが、長い距離はまだ未知数ですし、何とか1年で箱根返り咲きを狙うためにも、長い距離で好走する選手が1~3年で一人でも多く出てきて欲しいです。

 


PAGE TOP