2014年度4年生特集 ~日本体育大学~

4年生特集、続いては日本体育大学を見ていきます。全部で5人登録されています。人数としてはかなり少なめですね。1学年上には服部世代、1学年下は山中世代と力のある選手が揃った学年に囲まれていましたからねー。そんな状況もあり、3大駅伝はいずれも2人の出場に留まっています。ただ、木村は箱根優勝メンバーですし、加藤も4年時に大きく伸び、トラックでは関東インカレでも勝負出来るまでになりました。

 

 

 

 

加藤 光・・・どちらかと言えばスピードランナーで、トラックに強い選手ですね。関東インカレ1部1500mでも3年時に9位、4年時には3位に入っています。3大駅伝には3年時の出雲でデビュー、4区4位でした。さらに全日本では5区6位とこれまた安定した結果を残したのですが、ハーフの距離では実績に乏しかったこともあり、箱根を走ることは出来ませんでした。その後、ハーフで63分台まで持ちタイムを伸ばすと、5000mで13分49秒の好タイムをマーク、1万mも29分13秒まで伸ばすなど一気にタイムを伸ばすとともに、関東インカレ1部5000mでも9位に入り、持ちタイムだけではなく勝負レースでも結果を残してきました。

 

一気にエース格の一人として期待された駅伝シーズン、全日本でも主要区間の1区を任されますが区間16位と微妙な結果に・・・トラックに比べると、ロードではちょっと物足りないかなあと思ってしまいますね。それでも、最初で最後の箱根駅伝では、主要区間の3区を任されて区間11位で走っており、役目は果たしたかなあと。

 

 

木村 勇貴・・・唯一箱根に2度出場を果たしています。最初はチームが優勝を遂げた2年時、当時主力の一人だった福士が外れて木村が入り厳しいかなあ?と思ったのですが、区間5位の快走を見せました。ここで遅れるのと前との差を詰めるのとでは、服部の走りやすさも違ったでしょうし、この走りは見事でした。その後は5000mで14分12秒、1万mでも29分15秒までタイムを縮めるのですが、なかなか3大駅伝の出番は回ってこず・・・それでも4年時の上尾ハーフで63分8秒の好タイムをマークすると、最後の箱根では再度4区を任されました。結果は区間17位と物足りないものでしたが、優勝した時の走りが最初で最後の3大駅伝になってしまうか?と心配していたので、最後にもう一度箱根メンバーを勝ち取ったのは良かったです。

 

 

児玉 瑞樹・・・この世代では最も早く頭角を現してきた選手の一人ですね。5000mで14分22秒、1万mで29分45秒をマークしています。しかし、その後はなかなか姿を見せることが無く・・・このまま1年時が大学ベストになってしまうのか?と危惧しましたが、3年時に1万mで29分29秒、4年時に5000mで14分20秒とそれぞれベストを更新して来ました。ただ、ハーフのベストは4年時の上尾でマークした65分41秒に留まり、3大駅伝出場を果たすことは出来ませんでした。。。

 

 

冨田 祥平・・・加藤同様、スピードランナーですね。3年時に5000mで14分8秒、1万mで29分39秒と大学ベストとなるタイムをマークすると、出雲でも2区5位、全日本で7区8位で走っています。しかし、その後の上尾ハーフでは65分23秒に留まったこともあり、箱根には出場することは出来ませんでした。。。4年の上尾ハーフでは64分18秒までベストを伸ばしてきたので、最後に箱根出場もあり得るか?と期待したのですが、残念ながら16人には選ばれたものの、箱根を走ることは1度も出来ませんでした・・・

 

 

近並 郷・・・この世代の他の選手と比べるとあまり目立った実績はなく・・・5000mは3年時の14分28秒がベストです。それでも、4年時になると1万mで29分54秒、上尾ハーフでは64分19秒のタイムをマークし、箱根では16人のメンバーに入ってきました。3大駅伝・予選会を合わせても出場はおろかエントリーされたことさえありませんでしたが、4年生になって大きく伸びてきましたね。残念ながら出場は叶いませんでしたが、こうした選手がチームの選手層を底上げしてくれるのだと思います。

 

 

3大駅伝の出場回数は全員合わせても7回とずっと3大駅伝で戦ってきた日体大からすれば、やはりちょっと物足りないのかなあ。OB1年だけではなく、現1~3年も選手が揃っていますからねえ。また、どちらかと言えばスピードランナーが揃っていたのも、最も出場出来る人数が多い箱根に出場するチャンスが少なくなってしまった原因かなあと思います。それでも、自分の得意な距離・大会では結果を残してくれました。来年度は選手が揃った1年生が2年となりさらに成長が期待される他、現2年はスカウトでは決して上位の選手が獲得出来た世代ではないのですが、一気に伸びてきた選手が多く個人的には現1年以上に楽しみです。さらに、新入生も都道府県対抗で5区区間賞の三浦を始め、室伏、林田と楽しみな選手が揃っています。まずは1年間故障に苦しんだ山中に完全復活してもらい、また上位を争えるようなチームを築いていって欲しいです!!

 


PAGE TOP