2014年度4年生特集 ~早稲田大学~

4年生特集、続いては早稲田大学を見ていきます。全部で6人登録されています。いわゆるスポーツ推薦で入ったのは3人ですが、高校時代に実績があったのは山本くらいで高橋も田口も早稲田のスポーツ推薦にしてはちょっと物足りないかなという感じでした。それでも、田口・高橋ともに箱根を走るまでに成長を遂げてきたのですから、監督の見る目もあったのでしょう。ただ、指定校推薦や一般組からは3大駅伝を走る選手が現れなかったのは、ちょっと痛かったですねー。エントリーは何人も何度もされているのですが、実際に走るまでが遠かったです・・・

 

 

 

 

山本 修平・・・選手特集にて既に記載済

 

 

田口 大貴・・・高校時代はそれほど目立った選手ではありませんでしたが、一浪して早稲田に入ると、2年の出雲で5区を走り8位で早くも3大駅伝デビューを果たします。この時は正直ベストメンバーを組めなかったから走れたという印象でしたが、箱根では10区4位と好走しました。しかし、区間順位は良いのですが、帝京の熊崎との壮絶なラスト勝負で惜しくも競り負けてチームは5位、本人の長距離生活の中でも最も悔しい瞬間だったのではないでしょうか?3年時にはハーフで62分台をマーク、箱根でも復路の主要区間である9区で7位となかなかの走りを見せています。しかし、日体大の矢野に2分差を詰められ、チームも結果として日体大に敗れての4位とまたしても悔しい思いをする羽目に・・・決して田口の走りは悪く無いのですが、争う相手が素晴らしい走りをしてくるんですよねー。

 

4年時には、5000mで13分台、1万mで28分台をマーク、全カレ5000mでも入賞を果たし、ロードだけではなくトラックでも成長した姿を見せました。迎えた駅伝シーズン、中止となった出雲で最長の6区予定、全日本でも最長のアンカーを任されました。しかし、7位とシード圏外でタスキを貰った上、後ろからは山梨学院のオムワンバがわずかな差で追ってくるという絶望的な状況・・・前半からハイペースで前を追いましたが、後半失速して区間11位、チームもシード権を逃してしまいました。箱根でもアンカー10区を任されると、区間7位の走りを見せました。スポーツ推薦で合格した時点では期待値は決して高くは無かったですが、13分台、28分台、62分台と持ちタイムを大きく伸ばし、3大駅伝でも主要区間を任されるまでに大きく成長を遂げてくれました。

 

 

臼田 稔宏・・・高校時代14分13秒と好タイムをマークしており、山本に次いで期待されていた選手の1人です。箱根16人のメンバーには何度も入ってきており、1万mで29分42秒、ハーフも63分台まで伸ばしてきているのですが、3大駅伝出場を果たすことは出来なかったんですよね。特に箱根は走ってもおかしくはない選手だったのですが、上にも下にも強い選手が揃っていましたからね。後一歩、届かなかったかなあ・・・

 

 

岡田 健志・・・5000mで14分34秒、1万mで29分57秒をいずれも1年でマークしています。しかし、いずれも1年時ベストが大学ベストになってしまいました。。。故障に苦しむことが多かったですからねー。それでも、最後の箱根では16人のメンバーには入ってきていますから、やはり力はあったんですよねー。継続して練習が詰めていたらと思うと残念です。

 

 

高橋 広夢・・・高校時代はギリギリ15分きりの選手だったのですが、3年時に上尾ハーフで64分9秒をマークすると、箱根でも5区に出場し12位で走っています。本来5区予定だった山本が走れなかったことで出番が回ってきたと思われるのも嫌だったでしょうし、結果として好走した東洋・駒澤に大きく差をつけられてしまったのも悔しかったでしょう。4年時には5000mで14分6秒までベストを伸ばし、関東インカレ1部3000m障害でも3位表彰台に上ってきます。前年度以上の活躍が期待された駅伝シーズンですが、故障に悩まされることに・・・結局は箱根16人のメンバーからも漏れてしまいました。高校時代の実績を考えればよくぞここまで伸びてきたと思います!それだけに、最後の箱根は走って欲しかったなあ。。。

 

 

山田 侑矢・・・高校時代はギリギリ14分台の選手でしたが、3年時に5000mで14分34秒、1万mで30分15秒、ハーフでは64分23秒といずれも大学ベストとなるタイムをマークしています。特にハーフの持ちタイムを伸ばしてきたこともあって密かに期待していたのですが、残念ながら3大駅伝に出場することは出来ず・・・最後の箱根でも16人にエントリーされることも無かったのはちょっと意外でした。

 

 

山本・田口が箱根に3度出場しており、やはり抜けています。特に山本は3大駅伝に10度出場して7度3位以内というのは素晴らしいですね!それでいて区間賞が1度も無いというのがびっくり&残念です。4年生が抜ける穴は決して小さくはないですが、箱根を走った選手は8人残りますし、1~3年まで力のある選手が揃っています。ただ、故障で苦しむ選手がどうしても多いだけに、そこは何とか改善していって欲しいですね。

 

新入生も清水、車田、小澤、永山と楽しみな選手が揃います。どんどんメンバー争いに絡んできて欲しいです。渡辺監督が退任し、相楽体制となる来年度の早稲田、既にコーチとして早稲田を支えていた相楽監督となることで、指導法などは大きく変わらなそうかなあ?ただ、スカウトへの影響はやはり気になります。渡辺監督は今でも大学歴代最強ランナーだと思っているので・・・そういう監督の元でやりたいという選手も多かったでしょうから。チームとしては、2012年の全日本を最後に3位以内にも入れない状況が続いていますので、まずは3位以内に入ってくるチームを作っていきたいところですねー。そうすれば、必然的に優勝争いにも絡んでいけるようになると思うので。。。

 


PAGE TOP