2014年度 丸亀ハーフ結果雑感

先日、丸亀ハーフが行われ、公式に結果が発表されましたので、自己ベストを出した選手を中心に大学ごとに見ていきたいと思います。ひと通り丸亀ハーフの結果もHPに反映してありますので、気になる方は選手一覧を見てみてください。国内屈指の高速レースかつ有力選手が多数集まることで有名な丸亀ハーフなだけに、今回も好記録が連発しましたねー。ちなみに、私は何故か上尾ハーフと丸亀ハーフを度々間違えてしまいます。頭ではわかっているのですが、何故か何度も打ち間違えてしまう。不思議です・・・

 

 

青山学院大学:

神野が61分21秒と学生トップタイムをマーク、山だけではなく平地でも学生トップクラスのランナーであることを見せてくれました。小椋、一色といった主力も62分1桁で走っており、来年度に向けて全く隙が無いですね。3冠を狙う青学vsそれを阻む他の大学という構図になりそうです。

 

駒澤大学:

唯一出場した高本が63分10秒で自己ベストを更新しました。これで、1年生のハーフ持ちタイム1,2位を駒澤の工藤、高本で占めることになりました。ただ、高速レースであったことを考えると、できれば62分台で走ってほしかったかなあ。

 

明治大学:

初ハーフとなった横手(厳密にはペースメーカーでの出場あり)が今年度の勢いそのままに、61分37秒という素晴らしいタイムを出しました。箱根でハーフの距離への不安は払しょくされていますが、ここでも強さを見せてくれました。大学トップクラスのランナーへと成長してきましたね。横手とともに来年度の明治を引っ張る木村も62分45秒の好タイムをマーク、大六野も自己ベストには及びませんでしたが、木村を1秒上回り先輩の意地を見せました。他にも、藪下が63分23秒までタイムを伸ばしてきたのは来年度に向けて収穫ですね。今年度、明治で最も伸びた選手かなあ。

 

 

東海大学:

荒井が64分36秒とハーフのベストでは走っていますが、選手層が非常に熱くなってきただけにちょっと物足りないタイムだったかなあ。来年度はメンバー入りしてほしい選手なのですが・・・

山梨学院大学:

佐藤が63分12秒、谷原が63分24秒、市谷が63分31秒と来年度チームを引っ張っていってほしい選手がそろって63分台、好タイムでの自己ベストをマークしました。現4年生が抜けても楽しみになってきましたね。上村、河村、伊藤といった中堅どころも64分前半で走っていますし、エース格だけではなく、選手層も厚みを増してきそうです。収穫の多いレースとなりました。

順天堂大学:

田中が63分19秒で大幅にベストを更新しました。駅伝での実績を考えればハーフ65分台の選手ではないですよねー。実績にタイムが追い付いてきた感じです。ただ、聞谷が64分33秒にとどまり、森に至っては68分ジャストと箱根を走った2年生がちょっと物足りない結果になってしまいました。

 

日本大学:

もはやエース格へと成長した石川が62分46秒の好タイムをマーク、高校時代持ちタイムNo.1ランナーが持ちタイムでも世代上位となってきました。今年度はワンランクレベルアップした印象ですし、来年度はエースとしてチームを引っ張っていってほしいです。

 

國學院大学:

國學院のエースとなった蜂須賀が62分26秒でベストを2分近く更新しました。箱根予選での快走を考えればこのくらい走ってもおかしくないですよね。待望のエース誕生ですね。まだ2年生ですし、今後が楽しみです。同じ2年生の稲毛が63分30秒とこれまた好走した他、ルーキーの磯邊が64分4秒で走っています。各学年に楽しみな選手が出てきましたね。

 

日本体育大学:

箱根では2区を任された奥野が62分46秒の好タイムをマーク、上尾ハーフの62分台に続いての62分台で安定した力を見せました。山中に次ぐエース格として期待したい選手です。

 

 

上武大学:

1年生ながらすでにチームの中心選手の1人である坂本が63分26秒の自己ベストをマークしました。やはり、力のある選手なんですよねー。来年度は安定感を高め、エースとしての走りを見せてほしい選手です。

 

 

創価大学:

箱根では2区を走った後沢が64分18秒、5区を走ったセルナルドが65分36秒でともにベストではありますが、箱根予選での実績を考えるとやや物足りないか?それ以上に気になるのはエースの山口が67分かかってしまいました。山口のことですから、勝負レースにはきっちりと合わせてきてくれると思いますが・・・

 

東京農業大学:

来年度のエースである戸田が62分14秒の快走、今年度苦しみ続けましたが完全復活と言えそうです。他にも遠藤、大橋が64分台後半、木山が65分1桁で走っており少しずつ底上げも進んできたかなあ。

 

専修大学:

丸山が63分13秒の好タイムをマーク、今年度の箱根予選会は出場できませんでしたが、来年度は中心選手となってほしいですね。他にも、64分前半で上手、渡辺瑠偉が走っており大惨敗に終わった箱根予選会から少しずつ立ち直ってきたかなあ?その他にも、ルーキーの風岡が65分12秒、吉田が65分38秒とまずまずの結果を残しています。

 

明日、箱根駅伝の決算号が発売されますね。読み応えのある雑誌で箱根で好成績を残した大学のファンには見逃せない1冊だとは思いますが・・・箱根でショックすぎた駒澤ファンの私は、相変わらず購入することは出来なそうです。。。

 

 


PAGE TOP