91回箱根駅伝 上武大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、戦前の予想に反して全日本予選を4位通過、箱根予選もダブルエースの佐藤、倉田が奮わなかったにも関わらず6位通過と総合力では昨年度を大きく上回るチームとなっている上武大学について区間配置予想及び戦力分析を行っていきます。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:倉田 翔平佐藤 舜松元 航佐々木 天太大西 淳貴横内 佑太朗

3年:三好 慎平田林 希望山岸 塁石黒 大介

2年:森田 清貴志塚 亮介上田 隼平河崎 裕史

1年:井上 弘也坂本 佳太

 

 

エントリーは順当でした。故障が長引いていた主将の佐々木も戻ってきましたし、箱根予選メンバー、全日本メンバーも揃って箱根メンバー入り、ここにきて一気に伸びてきた河崎もエントリーされました。まさにベストメンバーと言っていい16人が選ばれたと思います。主将の佐々木の状態やダブルエースの倉田、佐藤がどこまで戻しているかなど個々の選手では気になる点もありますが、初のシード獲得に向けて選手層は厚くなっていましたし、後はエース格がエースらしい走りをしてくれればと思います。そんな上武の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

倉田-佐藤-坂本-田林-森田

三好-井上-志塚-大西-山岸

 

 

うーん、一部の選手を除いて力が似通っているだけに、区間配置予想がしづらいですね。1,2区はダブルエースが妥当だと思います。全日本で1区だった倉田を箱根でも1区予想としました。今年度はなかなか万全の状態で勝負レースに臨むことが出来ず、もどかしい状況が続いてはいますが、最後の箱根はビシッと合わせてくれるのではないでしょうか。2区は佐藤、マラソンにも積極的に参加するなどスタミナには自信があるでしょうから、1区よりもスタミナが必要とされる2区と予想しました。箱根予選では2年連続で90位台となるなどらしくない結果が続いてはいますが、前回も3区10位で走ってくれていますし、他に2区を任せられそうな選手もいないので、二人で1,2区をしっかりと走ってくれればと思います。

 

 

3区は坂本、監督がリスクがあっても1年生を主要区間に使わざるを得ないというような話をしていましたので、箱根予選で大撃沈となった井上よりは坂本の方が主要区間の可能性が高いかなあと。(坂本も全日本では大撃沈していますが・・・)来年は坂本と井上にチームを引っ張っていってほしいという期待も込めての3区予想としました。4区は田林、ルーキーの井上も考えましたが、不安定な1年を連続で起用するのはさすがに怖すぎると思い、3年になって結果を残してきた田林に任せたいと思いました。今年度は3年生が揃ってブレークした年でしたねー。今回の箱根も来年度も大いに活躍して欲しいです。

 

 

5区は森田、前回経験者では松元がいますが区間20位でしたし、希望区間を6区以外としており、あまり5区には拘りがないのかなあと思いました。ならば、本人が5区を希望しており、1万m,ハーフでともに持ちタイムを大きく伸ばし、全日本でも6区10位と続けて結果を出している森田に思い切って任せてみるのもありかなと思いました。関東インカレ3000m障害でも入賞しているというのも5区予想の理由の1つです。6区は三好、前回は区間17位でしたが、今年度は全日本での1組4位を始め大きく飛躍した1年でしたし、箱根予選こそチーム11番手でしたが前回以上の走りが十分に期待出来る選手です。6区では初出場以来ずっと区間16位以下と苦戦が続く区間ではありますが、三好ならば十分にその順位を更新してくれるのではと思います。

 

 

7区は井上、高校時代の実績や今年度の起用のされ方から見ても箱根は走るでしょうし、全日本では3区8位と結果を出しているのも良かったです。ただ、箱根予選の結果が不安を残すものだっただけに、繫ぎ区間である7区でのデビューの方が良さそうかなあと思いました。8区は志塚、本人が5区希望だったことから同じ上りの8区と予想しました。箱根予選でもチーム2番手の好走を見せていますし、2年生が2人起用されてもおかしくないかなあと思います。

 

 

9区は大西、前回も9区を走っている選手ですし、箱根予選会もチーム3番手で走っています。いくら下級生に勢いがあると言っても、復路のエース区間は経験豊富な4年生にビシッと締めてほしいというのもあります。10区は山岸、エントリー選手中高校時代の持ちタイムは箱根全エントリー選手中ワーストだと本人も語っていましたが、そこから箱根予選会でチームトップ、全日本で4区を任されるまでに這い上がってきました。この成長ぶりは凄まじいものがありますし、経験不足な分主要区間はちょっと厳しいと思うので、距離は長くとも比較的走りやすいと言われる10区でどうかなあと思いました。

 

 

箱根予選会、全日本とともに出場・好走した選手が少ないだけに、どの10人が選ばれるのかも予想しにくいですね。4年生の松元、佐々木を外して予想してみましたが二人が選ばれる可能性も十分にありますし・・・となると、誰を外すのか?というのが悩ましいところです。監督もシード権獲得を目標に掲げてはいましたが、現実的には厳しいのではないかとも思っているようで少しでも長くシード権争いに加わっていたいという話もしていました。前回もシード権争いを出来たのは3区までで選手層の薄さを露呈しました。今回は何とか倉田・佐藤で序盤から喰らいつき、一気に伸びてきた中堅が粘ってシード権を取れれば理想的ですが、逃したとしても来年度に繋がるようなレースをして欲しいです!!

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP