91回箱根駅伝 日本体育大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、前回の箱根では3強の一角にも挙げられ、実際に箱根でも3位に入ったものの、服部世代が卒業し、エースの山中が故障で姿を見せない中、全日本では1区大ブレーキから11位に終わり、箱根ではシード権さえも不安視される状態の日本体育大学について区間配置予想及び戦力分析を行っていきます。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:加藤 光木村 勇貴冨田 祥平近並 郷

3年:勝亦 祐太奥野 翔弥周防 俊也

2年:小野木 俊秋山 清仁大手 敬史山本 航平

1年:小町 昌矢吉田 亮壱冨安 央城越 勇星柿本 昇忠

 

 

前回の箱根1区区間賞、歴代3位の好タイムをマークし、大学を代表する選手となった山中が予想通りエントリーから外れてしまいました。予想されていたこととはいえ、全大学中最も痛いエントリー漏れだったのでは無いでしょうか?他にも、前回の箱根経験者である坂本、ハーフ63分26秒のタイムを持ち、6区候補と言われた小泉が外れています。ただでさえ、主力が多く卒業して苦しいチーム状態なのに、さらに主力が複数人エントリー漏れという結果になってしまいました。また、1年生が5人エントリーされるというのは、全大学中単独最多です。楽しみな選手が多いですが、ルーキーが複数人活躍出来るほど箱根駅伝は甘く無い気もしますが・・・そんな日体大の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

勝亦-奥野-加藤-吉田-小町

秋山-山本-冨安-木村-冨田

 

 

監督が既に起用を明言している2区奥野、5区小町、6区秋山は逆らってもしょうがないのでそのままに・・・となると、1,3区は勝亦、加藤という上級生が考えられます。勝亦は前回の箱根3区で17位に終わっていますし、加藤は全日本1区で16位と結果を残せていないのは気がかりですが・・・経験が豊富な勝亦を1区としました。出雲も主要区間であるアンカー予定、全日本もアンカーで区間8位とまずまずの走りでしたし、山中が居ない以上勝亦には頑張ってもらわないと困りますからね。2年前に優勝した時には1区7位と好走していますし、あの時よりもはるかにハイペースも予想されますが、何とか凌いで欲しいところです。

 

 

2区は奥野、前回の箱根で8区5位と好走している他、上尾ハーフで62分台を出すなど安定して結果を残している選手です。全日本で外れたのにはびっくりしましたが、今の奥野であれば2区でもそれなりに戦うことが出来るのではないでしょうか?それでも、他大のエース級とはまだ差がありそうですし、凌ぐ2区となるかもしれませんが・・・3区は加藤、トラックシーズンは大活躍の1年でしたが、ロードではトラックほどの走りは見せられず・・・それでも、上尾ハーフでは63分40秒で走っていますし、チーム状況を考えても主要区間を走ってもらわないと困る選手なので3区予想としました。恐らく上級生が走るであろう1~3区でシード権から遠く離れている状況は何としても避けたいところですね。

 

 

4区は吉田、1年生は最低3人、もしかすると5人起用するかもしれないという話を監督がしていましたが、取り敢えず3人と予想しており、出雲でも最短区間の2区予定で全日本でも最短区間である3区を任された吉田としてみました。他の1年生と比べるとハーフでの持ちタイムは65分1秒とやや劣りますが、上尾ハーフに出ていれば他の1年生と同じ位走れていたと思いますし、何より出雲・全日本とメンバーに名を連ねているくらいですからね。全日本は3区15位と奮いませんでしたが、箱根では好走して欲しいです。5区は小町、期待の1年生がいきなり山上りを任されそうです。出雲は3区予定、全日本も2区を走るなどいきなりエース区間を任され期待の大きさが伺えますが、全日本では2区16位という結果でしたし、まだまだ走力不足、経験不足な気もするのですが・・・1年で箱根5区を好走した選手は東洋の柏原、早稲田の山本など数えるほどしかいませんが、果たして小町はどんな走りを見せてくれるでしょうか?

 

 

6区は秋山、小泉がエントリーされずにどうなることかと思った箱根6区ですが、秋山でしっかりと目処が立っているということでした。2014年に3部門でベストを更新し、出雲でも5区出場予定でしたからね。初の3大駅伝出場となりますが、力をつけてきていますし、下り適性も高いのでしょう。期待したいところです。7区は山本、前回も7区13位という結果を残していますし、全日本も7区7位、上尾ハーフでも63分43秒で走るなど結果を残しています。前回以上の走りは期待出来るのではないでしょうか?数少ない前回の箱根経験者なだけに、その経験を走りにもチームにも活かして欲しいです。8区は冨安、柿本と迷ったのですが、上尾ハーフでは64分5秒と好走しており、全日本でも5区10位と4区までいずれも区間15位以下に沈んでいた状況から何とか持ちこたえたことを考慮して冨安としました。高校時代に1万mで29分24秒を出すなど実績のある選手ですし、1年から期待したいところです。

 

 

9区は木村、2年時に4区5位の好走以降、なかなか奮わない状況が続いていましたが、上尾ハーフでは63分8秒と見事なタイムを出していますし、やはり復路の主要区間は上級生に任せたいこともあって9区としました。2年前に優勝に貢献しながら、前回箱根を走れなかったのは悔しかったでしょうし、2年分の思いを走りに込めてくれれば・・・10区は冨田、ちょっと長い距離に不安があるだけに迷ったのですが、ここ3年、アンカーは4年生に任せていますし、上尾ハーフでも64分18秒でまとめてきていますからね。いくら1年生に勢いがあるとは言っても、最後の9,10区くらいは4年生にビシッと締めてもらいたいという思いもあって10区予想としました。

 

 

うーん、非常に厳しい区間配置予想となりました。計算出来る選手というのが少ないんですよね。前回であれば1区山中、2区本田、5区服部、 6区鈴木、9区矢野と5人はしっかりと走ってくれるだろうと思えましたが、今回は正直確実に区間1桁で走れるはずという選手がいないような気が・・・下級生が多く、期待は大きいのですが。チームとしては無謀と言われながらも3位を目指すという話を監督はしていましたが、正直、シードも厳しいように思えます。山中がいてくれたらチーム状況は全く違ったと思うのですが。。。全日本のように1区から下位に沈む展開では得るものも少ないでしょうし、経験の浅い下級生も走りにくいでしょうから、何とかシード権が見える位置ではレースを進めて欲しいです。前評判は低いですが、何とか来年度以降に繋がるレースをしてほしいものです!!

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP