91回箱根駅伝 中央学院大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、前回の箱根では惜しくもシード権を逃したものの、今年度は全日本予選、箱根予選はきっちりと突破し、箱根に向けて戦力も揃ってきた中央学院大学について区間配置予想及び戦力分析を行っていきます。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:及川 佑太山田 侑紀芝山 智紀松下 弘大木部 誠人

3年:潰滝 大記塩谷 桂大山本 拓巳小川 貴弘

2年:海老澤 剛村上 優輝久保田 翼海老澤 太大谷 未来

1年:大森 澪鎌田 祐生

 

 

エントリーはほぼ順当でした。箱根予選、全日本共にエントリーされず、状態が心配された箱根経験者である4年生の芝山、山田が戻ってきたのは大きいですね。他、全日本を走った選手も全員エントリーされていますが、箱根予選でチーム7番手だった渡邉、9番手だった清水がエントリー漏れしてしまいました。ともに10番手を争う選手なのかと思っていたので、ちょっと意外でした。そんな中央学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

潰滝-及川-塩谷-村上-剛

太-木部-山本-山田-芝山

 

 

1区は潰滝、全日本では1区及川でしたが大きく出遅れてしまい・・・箱根の1区も有力選手が集まる可能性が高いことを考えると、潰滝しかそのハイペースについていける選手はいないかなあと。前回は区間13位と不本意な走りでしたが、今年度はさらに力をつけていますし、シードを争う大学を突き放す走りを見せて欲しいところ。2区は及川、前回の箱根5区は正直微妙でしたし、往路の主要区間を走るであろうという話もあったので2区を任せたいかなあと。少なくとも5区に起用される時点で上りが苦手なはずはないので、権太坂もラストの坂も心配はいらないかと。ただ、ちょっと前回の箱根、今回の全日本と3大駅伝で連続して結果を残せていないのは気になるところです。最後の箱根では好走を期待したいのですが・・・

 

 

3区は塩谷、今年度はあまり目立った活躍は出来ていませんでしたが、箱根予選では19位に入ってきており心配はいらなそうです。ならば、前回3区4位と素晴らしい走りを見せた区間でその再現を期待したいところです。前回の全日本以降、安定感が出てきたのが心強いですね。4区は村上、前回は区間15位と微妙な結果でしたが、今年度は全日本予選で3組11位と好走し、1万mでもベストを更新しています。しかし、ハーフではまだ結果を残せていないので最短区間の4区としておきました。前回以上の走りを期待したいですし、そろそろ長い距離にもしっかりと対応してきて欲しいです。

 

 

5区は海老澤剛、前回は6区で区間12位とまずまずの走りでしたが、今年度は箱根予選会で29位、全日本で3区3位、1万mでも29分12秒まで伸ばすなど中央学院で最も伸びた選手でした。本人もアップダウンには自信を持っていますし、6区で起用するのはもう勿体無いので、ならばいっそ5区はどうだろう?と思いました。今シーズンの勢いのまま、山も駆け上ってほしいなあと。6区は海老澤太、前回剛が走って今回太が6区予想というのも安易といえば安易ですが、本人も6区を希望していますし、ハーフで64分13秒と好走しています。剛が目立ってはいますが、太も負けてはいられませんし、5,6区という幻の兄弟タスキリレーというのも面白いかもという考えもちょっとあります。

 

 

7区は木部、前回は同じ区間を走って16位と奮いませんでしたが、箱根予選ではチーム5番手に入るなど着実に力はつけています。前々回の順位である7区12位を上回り、区間1桁は期待したいところですね。8区は山本、箱根は未経験ですが箱根予選はチーム6番手で走っており、全日本でもアンカーを任されるということで長い距離に心配は無さそうです。箱根デビューということで、まずは復路の繫ぎ区間である8区あたりが良いかなあと。3年生は潰滝、塩谷の二人が抜けていただけに、山本の台頭は嬉しいです。

 

 

9区は山田、過去2度10区で好走している山田ですが、チーム状況を考えると、今年度は復路のエース区間を担って欲しいかなあと。往路に主力を注ぎ込むことになるかと思いますが、9区に山田が控えているのはチームに安心感をもたらしそうです。10区は芝山、1年時に箱根を走って以来、ずっと故障に苦しみ続けましたが、全日本予選を走り、高島平20kmも無難に走っていますので、上級生が走ることが多い10区を担ってくれればと思いました。ただ、ちょっと復活を希望している主観が入っているのかも・・・全日本を走った松下、久保田あたりが代わりに起用される可能性も高そうです。

 

 

ほぼベストメンバーと呼べそうなエントリーになったことで、復路にも選手を残すことが出来そうですね。4本柱(潰滝、塩谷、及川、剛)は往路に起用される可能性が高いですが、復路も十分に戦えそうです。5区終了時でシード圏内に入っていれば、復路は粘って何とかなりそうな気がします。となると、やはり往路でどれだけ勝負出来るかですねー。及川が走る区間が鍵を握りそうかなあと思います。1年生はちょっと10人に入ってくるのは厳しそうですが、2~4年生はバランス良くオーダーが組めそうですし、前回わずかに届かなかったシード権を今回はきっちりと掴みとって欲しいです!!

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP