91回箱根駅伝 山梨学院大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、箱根予選会では4位通過、全日本でも8区オムワンバの逆転でのシード獲得といまいちピリッとしない結果が続いている山梨学院大学について区間配置予想及び戦力分析を行っていきます。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。今年度は卒業生による戦力ダウンが少ない一方、スーパールーキー達が複数入ってきて大幅な戦力アップが期待されましたが、期待のルーキーは故障に悩まされましたね。。。

 

 

4年:井上 大仁阿部 竜巳兼子 侑大桃澤 大祐有泉 潤

3年:E・オムワンバ田代 一馬前田 拓哉谷原 先嘉礒野 裕矢

2年:佐藤 孝哉上村 純也秦 将吾

1年:上田 健太市谷 龍太郎河村 知樹

 

 

エントリーは順当でしたね。前回の箱根経験者も揃ってエントリーされていますし、今年度の走りから16人にはまず間違いなく入ってくるだろうと思っていた選手がエントリー漏れということも無かったです。箱根予選や全日本が奮わなかったせいか、ちょっと優勝候補からは一歩下がった扱いを受けている印象ですね。主要区間を走るであろう主力達と繫ぎ区間を走るであろう中堅選手との戦力差がちょっと空きすぎてしまっているのも気になるところです。そんな山梨学院の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

佐藤-オムワンバ-兼子-上村-井上

桃澤-市谷-前田-阿部-谷原

 

 

迷った末、比較的オーソドックスと思われる予想にしてしまいました。1区は佐藤、本当は井上を1区に予想したいところなのですが、そうすると5区がいないんですよね。。。候補かなと思っている上田や前田は今年度の走りを見る限り5区は厳しそうですし・・・ハイペースになったとしても、今の佐藤ならばそれなりにまとめてくれるのではないかという思いもあり、全日本で2度1区を走っている経験もありますしね。2区はオムワンバ、箱根予選も全日本も慎重に走りすぎているという印象でしたが、他に2区を任せられる選手もいないですし(井上は除く)オムワンバが3年連続で務めるのが妥当かなあ。前回は途中棄権という悲劇に見舞われましたが、今回は2年分の思いを込めて快走して欲しいです。

 

 

3区は兼子、前回も2区棄権があったにも関わらず好走していますし、これまた無難な選択を・・・3区阿部、9区兼子もありかなあと思いましたが、前回好走している二人をわざわざ入れ替えるのも微妙ですよね。今年度はやや奮わない走りが見受けられますが、箱根予選ではしっかりと合わせてきていましたし、箱根も心配ないと信じたいです。4区は上村、1万mで28分台を出した走りは私も観戦していましたが見事でした。ただ、まだロードやハーフの距離では目立った実績は無いため、前回の経験もある最短区間の方が良さそうかなあと。3大駅伝は次走れば4回目ですし、そろそろ結果を残したいところです。

 

 

5区は消去法で井上にしました。前回の箱根を見る限り、そこまで山に適性があるのではなく、走力で走っていた感じもしましたが・・・先ほども書いたとおり、他に任せられそうな選手がいないので、前回経験者の井上に上ってもらうのが一番かなあと。井上を平地に下ろせるような選手が出てくると、チームの厚みもグッと増すんですけどね。6区は桃澤、前々回の箱根6区では大ブレーキとなってしまいましたが、前回の箱根では60分台で走っていますし、さらに走力がアップしている今年度は前回以上の走りが期待出来そうです。下り適性があるのは間違いないですし、他の選手に変更するリスクを取る必要もないかなと。

 

 

7区は市谷、全日本の2区はさすがに荷が重かったのか苦戦しましたが、初のハーフで64分6秒をマークするなど、長い距離には問題ないことを示してくれました。とはいえ、全日本に続いて箱根もいきなり主要区間というのは考えにくいため、比較的走りやすい7区あたりで無難にデビューしてくれればと思います。8区は前田拓、ハーフ63分26秒の好タイムを持ち、練習でも走れていると監督が評価してはいるのですが、いざ駅伝となると箱根予選は2年連続で100位オーバー、箱根も苦しい走りが続いています。正直、外れる可能性もあるかなあと思ったのですが、市谷以外のルーキーや田代といった10人に入ってきて欲しい選手が今年度はあまり継続して結果を残せていませんし、それならば前田の方が良いかなあと思いました。上村同様、そろそろ3大駅伝で好走してほしい選手です。

 

 

9区は阿部、前回はオープンでしたが区間5位相当の好走を見せており、今年度も箱根予選会で21位と好走していますし、問題は無さそうです。全日本はやや奮わなかったものの、それは前回も同様でしたし。。。阿部を復路に残せて置けるというのはチームにとっても大きいですよね。10区は谷原、今年度伸びてきた選手で1万mでベストを更新し、箱根予選会も38位と好走しました。全日本は微妙でしたが、正直最短かつスピード区間の3区は谷原には合ってなかった気もしますし、箱根の距離となれば堅実に走ってくれるのではないかと期待しています。10区は23km区間で上級生が任されることが多いこともあり、谷原を10区としました。

 

 

選手は揃っていますよねー。田代、河村、上田あたりが走れるようだと、さらに選手層が厚くなるのですが・・・1万mの平均持ちタイムは4位、ハーフの平均持ちタイムは5位とここ10年でもかなり上位に位置しており、持ちタイム通りの走りが出来れば、十分上位争いには絡んでくるはずなのですが。井上世代が4年生となり、今年が勝負の年であることは間違いないんですよねー。井上以外にも阿部、兼子など主力が揃っていますし、いくら1年生に有力選手が揃っていると言っても、現4年生の穴はなかなか埋まらないでしょう。是非とも戦力が充実している今年度に結果を残して欲しいところです!

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP