91回箱根駅伝 東海大学 ~区間配置予想&戦力分析~

続いては、全日本ではしぶとくシード権が見える位置で喰らいつき、全日本予選会校の中で唯一シード権を獲得した東海大学について区間配置予想及び戦力分析を行っていきます。エントリーメンバー箱根成績(直近10年)はこのようになっております。

 

 

4年:吉川 修司中川 瞭石川 裕之山下 英俊栄土 功樹

3年:白吉 凌髙木 登志夫宮上 翔太油井 智也

2年:廣田 雄希石橋 安孝土屋 貴幸安藤 健太林 竜之介

1年:川端 千都春日 千速

 

 

エントリーを見る限り、全日本予選を走った8人は全員エントリーされており、主力は問題無さそうです。しかし、前回の箱根経験者である荒井、福村、今井と3人がエントリー漏れ、箱根予選会でチームトップ10以内に入った桐原、成田も漏れてしまいました。早稲田同様、ベストメンバーが組めれば問題無いのかもしれませんが、前回のように故障者が出ると途端に大きな戦力ダウンになってしまいそうなリスクも抱えているように思えます。そんな東海の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

白吉-川端-石川-石橋-宮上

髙木-廣田-土屋-中川-吉川

 

 

今シーズンは前回の箱根では故障していた選手が着実に戻ってきた一方、川端、髙木など新戦力の台頭も著しく、余程のことがないとシード落ちは無いのでは?と思わせるほど戦力が充実しています。前回とはエントリーメンバーもチーム状況もかなり異なるので、大きく入れ替えてみました。1区は白吉、前回の箱根、全日本と好走しており、箱根予選で2年連続チームトップとエースと呼ぶにふさわしい選手になってきました。1区の走りには定評がありますし、走力も高いので安心して任せることが出来るでしょう。2区は川端、全日本でも2区を任されていましたし、箱根予選会でもチーム2番手の好走、2区を走るだけのポテンシャルは秘めていると思います。大エースがいないだけに、誰が走っても繫ぎの2区となるかとは思いますが、ここで区間1桁で走れれば大きいかなあ。。。

 

3区は石川、前回の経験者である土屋や箱根予選会で2年連続好走している廣田でも良いと思うのですが、土屋は箱根予選会・全日本と欠場していますし、廣田も全日本の走りを見るとちょっと不安に・・・ならば、今年度安定した成績を残している石川あたりはどうかなあと予想してみました。前回予定されていた9区の可能性が高いかな?と思いつつ・・・今年度の石川ならば3区でもしっかりと走ってくれそうです。4区は石橋、箱根予選会ではチーム11番手となってしまったのが気になって最短区間の4区としました。全日本7区での好走はチームをシードに導く走りでしたし、その好走を箱根でも見せてくれれば・・・

 

 

5区は宮上、これはもう鉄板でしょう。前回は惜しくも80分きりこそなりませんでしたが、区間5位の好走を見せてくれました。東海が最も稼ぐことが期待される区間と言えるでしょう。5区終了時でシードをほぼ確実というところまでタイム差をつけておきたいですね。前回の経験者である福村がエントリー漏れしたことで悩ましい6区ですが、髙木にしてみました。前回補欠だった山下の可能性ももちろんあるかと思いますが、前回は急遽9区を走ったとはいえ区間19位でしたからね。適性はあったとしてもちょっと怖いかなと。。。それならば、今年度最も勢いがあり、走力もついてきた髙木あたりでどうかなあと・・・

 

 

7区は廣田、 6区に不安がある以上、7区に力のある選手を置いておきたいのでは?ということで予想してみました。箱根予選は2年連続で20位前後で走っており、距離への不安はありませんし、7区であれば区間上位で走ってくれるのではないか・・・前回は怪我で走れなかっただけに、今回はその借りを返すような走りを期待したいです。8区は土屋、今年度は昨年度ほどの安定感が無く、箱根予選、全日本と走っていないのが気がかりで繫ぎ区間の8区としました。もちろん、万全であれば区間6位と好走している3区を走って欲しい選手です。前回、往路を有利に進められたのは1区白吉、5区宮上はもちろん、3区土屋の走りが非常に大きかったですからね。勝負レースにおける強さも魅力的な選手です。

 

 

9区は中川、故障に1年以上苦しんできましたが、箱根予選、全日本としっかりと走り見事に復活を遂げてくれました。特に地元である全日本8区を走ってのシード獲得は本当に嬉しそうでしたねえ。今の中川ならば復路の主要区間である9区も十分に任せることが出来そうです。故障やチーム事情もあって1度も立つことの出来ていない箱根の舞台、最初で最後の箱根で好走を見せて欲しいです。10区は吉川、故障などもあったようですが上尾ハーフで63分25秒の好タイムをマークして完全復活をアピール、過去2度の箱根はいずれも区間20位以下とブレーキになっているのが気になりますが、上尾ハーフの走りを見る限りは起用されるのでは無いかなあと・・・過去2度の悔しさを晴らす快走を期待したいところです。

 

 

心配なのは6区くらいで後は実績のある選手でオーダーを組めそうなんですよねー。今回の2大重用区間となりそうな1,5区も前回好走した二人が残っていますし、 心配はいらなそうです。チームとしては5位を目指しているということで、いわゆる優勝候補の一角を崩すという目標は全日本と一緒ですねー。ベストメンバーが組めれば7位までは上がってきそうですが、そこから上はどうなるかという印象です。非常に戦力が充実していますし、全日本でもシードを獲得して勢いがありますから、最低でもシード獲得、そして目標通り上位進出を果たして欲しいです!

 

 

明日は陸マガの発売日ですね。駅伝大特集ということで、箱根駅伝に向けて何か新しい情報が載っているかなあ?購入するかは未定ですが、取り敢えずチェックはしておきたいところです。

 

 

皆さんの区間配置予想順位予想も受け付けています。是非とも予想してみてください♪

 


PAGE TOP