91回箱根駅伝 山梨学院大学の優位/不安要素

続いては前回の箱根では2区で途中棄権となってしまった山梨学院大学の優位/不安な点を考察していきます。・・・過去5年の箱根成績はこのようになっております。シードを確実視されており、さらなる上位進出も期待されていた山梨学院ですが、まさかの結末となってしまいましたね。今年度は大学を代表する選手へと成長した井上が4年生+有力1年生が多数加入したことで、優勝争いも期待されていましたが、ちょっとここまでは上手く噛み合っていないように思えます。

 

 

まず気になるのは怪我人の多さですね。特に1年生は有力ルーキーがほぼ全員と言っていいほど怪我に苦しみました。市谷がいち早く怪我を直して出てきた他、上田、河村も学連記録会で復帰を果たし、少しずつ足並みが揃ってきました。箱根予選会に誰一人としてエントリーされなかった時はどうなることかと思いましたが・・・他にも、前回の箱根1区を走った田代がなかなか姿を見せず、上尾ハーフ、学連記録会ともに結果を残せておらず、ちょっと箱根は厳しいかもしれません。

 

 

また、チームとして安定感が無いのも気になるところです。オムワンバ、井上のダブルエースは何も問題はありませんが、阿部、兼子、佐藤といった主力達でさえ箱根予選は良かったのに、全日本は物足りないなどちょっと不安定な部分がありますが・・・それ以上に中堅どころがちょっと不安ですね。箱根予選で好走した谷原は全日本3区11位に終わっていますし、箱根予選まずまずだった上村は全日本5区で13位、その一方で学連記録会では28分台を出す見事な走りを見せてくれました。他にも、監督が練習で良く走れていると評価し、ハーフで63分26秒の好タイムを持つ前田拓は箱根予選で154位に沈むなどなかなか勝負レースで結果を残せていません。

 

 

一方、優位な点は何といっても全大学を見渡してもトップクラスのダブルエースがいることですねー。オムワンバ、井上ともに関東インカレでの圧倒的な走り(オムワンバが1500m,5000m2冠、井上が1万m2位、ハーフ優勝)に比べると、箱根予選、全日本では圧倒的な力は見せれてはいませんが、監督も箱根には問題無いという話をしています。井上はちょっと気負いすぎていて、オムワンバは疲労骨折をしていたこともあり、慎重すぎた走りだったとか・・・箱根では、どちらもエース区間を任されること間違いないでしょうから、ここで他大を一気に離す走りを期待したいところですねー。

 

 

平均持ちタイムを見ると、1万mでは28分51秒で4位、ハーフでも63分14秒でこれまた4位につけています。必ずしも持ちタイムが箱根の成績に直結するわけではもちろんありませんが、持ちタイムが良いに越したことは無いですし、1万mで28分台が6人、ハーフも10番手が64分6秒という高いレベルで選手が揃っています。持ちタイムを見ればもっと優勝候補の一角に上がってきてもおかしくないのですが・・・やはり箱根予選会で4位だったり、全日本でも4位と大きく離されての5位というのが評価をさげているんですかねー?

 

 

箱根エントリー16人予想

 

4年:井上、阿部、兼子、桃澤

3年:オムワンバ、田代、前田拓、谷原、磯野、山本

2年:佐藤、上村、伊藤

1年:市谷、上田、河村

 

 

うーん、意外と16人選ぶのは難しかったですねー。4年は箱根予選を走し、前回の箱根を経験している井上、阿部、兼子、桃澤の4人はほぼ間違いないでしょう。他の4年生は姿を見せなかったり、ハーフで結果を残せなかったりなので外して予想しています。その分、6人と最多予想となったのが3年生、エースのオムワンバに箱根予選を走った谷原、磯野、前田拓、山本に前回の箱根経験者の田代としました。ただ、山本は箱根予選で2年連続チーム最下位と期待に応えられていない他、10位、11位も前田拓、磯野と3年生なんですよねー。チームが優勝争いに絡むには3年生の奮起が必須かなあ。2年は箱根予選会を走った佐藤、上村、伊藤の3人、1年は全日本を走った市谷、学連記録会を走った上田、河村としました。

 

 

期待された1,3年生が今シーズンあまり目立った活躍が出来ていないことが、やはり箱根に向けては評価が下がってしまうのかなあ。主要区間を担うであろう選手は揃っていますし、ダブルエース以外もある程度上位では走ってくれると思います。となると、チーム6~12番手くらいの走りが非常に大事になってきますねー。箱根出場が予想される選手は、いずれも箱根予選や記録会などで好走している経験があるわけで、後は箱根でいかに力通りの走りが出来るかですね!!前回の箱根では非常に悔しい思いをしましたので、その借りを返す素晴らしい走りを見せて欲しいです!!

 


PAGE TOP