91回箱根駅伝 早稲田大学の優位/不安要素

続いては箱根では5区予定だった山本を怪我で欠きながらも、総合4位に入った早稲田大学の優位/不安な点を考察していきます。・・・過去5年の箱根成績はこのようになっております。前回の箱根経験者が9人残り、今年度は1万m,ハーフでベストを連発するなど持ちタイムを大きく伸ばしてきました。その一方で、全日本予選では殆どの選手が持ちタイム通りの力を発揮出来ずに7位でまさかのシード落ちとなってしまいました。

 

 

全日本を見る限り、 勝負レースになった時にどこまで走れるのか?というのが不安要素として上がってくるかなあ。早稲田記録会で1万mのベストが何人も出たり、学生ハーフや上尾ハーフといった数百人単位で選手が出場するようなレースでは確かに結果を残せているのですが、その走りを駅伝では見せることが出来ていないんですよねー。記録会と勝負レースではプレッシャーも遥かに違いますし、単独走になることが多いというのも異なります。そういった状況の中で持ちタイム通りの走りが出来るのかはちょっと未知数かなあ・・・

 

 

毎年、不調者・怪我人を出してしまっているのも不安要素の一つですね。3冠を達成した4年前は佐々木、志方を、3年前は三田、八木が出場出来ず、2年前は出場はしたものの、前田や志方が万全ではありませんでした。そして前回は山本、田中を欠いています。毎年主力がこれだけ走れないのはやはり戦力的に厳しいですよね。今年度も前回3,4区を走った武田、平が出雲・全日本に出場出来ていませんし、5区を走った高橋も上尾ハーフを見る限りちょっと厳しそうです。ベストメンバーが組めれば5強(駒澤、明治、青学、東洋、早稲田)の一角を占める戦力と言えるのですが、ここ数年の状況と全日本のメンバーを見る限り、ちょっと厳しそうな気がします。

 

 

1区もここ数年、3大駅伝で悩まされている区間です。大迫が走らなければ遅れてしまうという状況が続いています。。。全日本こそ無理にトップ集団に付いていかなかった柳がようやく1区で結果を残しはしましたが、優勝を狙うのであればあれだけ1区で話されてしまうと厳しいでしょう。他に井戸、平あたりが候補と監督も話していましたが、いずれも上尾ハーフは走っておらず、特に平は故障からどこまで回復しているのか未知数です。1区のスペシャリストのような選手が出てくれれば、非常に心強いのですが。。。

 

 

一方、優位な点は何といっても5,6区で好走経験のある選手が揃っていることですね。過去に2度5区で3位で走っている山本、前回の6区2位の三浦がおり、5,6区ならば駒澤相手にも引けをとらないですし、山に不安を抱える他の優勝候補に対し大きなリードを奪える可能性が高いです。山が上りも下りも心配いらないというのは、他の平地を走る区間の精神的な面でもいい影響を与えると思いますし、4区まで好位置につけて、5,6区で一気にトップを伺うような展開を期待したいところですね。

 

 

ハーフの距離への強さというのも優位な点の一つかと思います。ハーフの平均持ちタイムは62分43秒で駒澤に次ぐ2位、3位を30秒近く引き離しています。ハーフで62分台を7人も抱えているというのはやはり他大にとって脅威だと思います。監督も長い距離になるほどうちは強いという話をしていましたし、山を考慮にいれなくても、3大駅伝で今の早稲田が最も強いのは箱根だと思います。ハーフに強いところを、箱根で見せて欲しいですね。

 

 

箱根経験者が10人いるというのも、大きなアドバンテージと言えますね。前回の経験者9人+山本がいます。力のある選手でも初の箱根では結果を出せないことが多々ありますから、やはり一度走っている経験は大きいです。もちろん、経験者が今回の箱根を万全の状態で走れることが前提ではありますが・・・経験者の中には山の好走者だけではなく、箱根2区区間賞の高田もいますからね。全日本は不本意な走りでしたが、上尾ハーフで優勝しもう問題は無さそうです。2年連続の区間賞に向けて爆走してほしいところです。

 

 

箱根エントリー16人予想

 

4年:山本、田口、高橋、臼田

3年:高田、中村、三浦、柳、三井

2年:井戸、佐藤、平、武田

1年:光延、安井、石田

 

 

特に意識したわけではないですが、各学年3~5人とバランスの良い予想となりました。4年は箱根経験者の山本、田口、高橋に16人には選ばれている臼田としましたが、臼田は今年度の結果や上尾ハーフを見る限りちょっと厳しそうかも。3年は前回の箱根経験者である高田、中村、三浦、柳に上尾ハーフで64分7秒で走った三井を入れてみました。1万mでも今シーズンベストを更新していますし、その勢いに期待したいところ。2年生は無難に全日本・箱根経験者の井戸、佐藤、平、武田の4人としました。このうち3人が上尾ハーフを走っておらず、二人が全日本を走っていないのは気になりますが、箱根にはきっちりと合わせてきてくれると信じて・・・1年は上尾ハーフを走った光延、安井、石田の3人かなあ?ただ、光延と石田はいずれも66分前後と奮わない結果でしたし、エントリーはされても安井以外は走る可能性は低そうです・・・

 

 

選手は揃っていますよねー。主要区間で好走経験のある選手がいるのも強みです。上尾ハーフでの好結果は全日本でのシード落ちの悪夢を払拭にするに相応しい走りでした。後は、箱根で結果を残すだけですね。もちろん、目標は優勝でしょうが全日本予選に出場するのは避けたいでしょうから、最低でも箱根で3位に入り、全日本の推薦出場を勝ち取りたいところですね!!

 


PAGE TOP