91回箱根駅伝 城西大学の優位/不安要素

続いては箱根では1区から大きく出遅れると、そのまま低空飛行を続け、1度も17位以内に入ることのないまま19位に沈んだ城西大学の優位/不安な点を考察していきます。・・・過去5年の箱根成績はこのようになっております。箱根予選会では紘太が日本人歴代最高タイムで全体トップの好走を見せましたが、6番手以降が100位オーバーで9位通過、全日本でも紘太がトップと秒差無しの好走を見せたものの、最終的には関東最下位となってしまいました。

 

 

散々な駅伝シーズンのように見えますが、ここにきて少し風向きが変わってきたように思えます。選手層の薄さというのが城西の大きな不安要素の一つだったのですが、上尾ハーフで復活してきた高橋が64分2秒、佐藤穏空(シズク)、廣瀬がともに64分半前後で走るなど2年生が元気なんですよねー。特に穏空は先月の10月26日~11月23日までのわずか1ヶ月たらずの間に、5000m,1万m、ハーフのいずれも自己ベストを更新するなど、今最も伸びている選手です。箱根予選会、全日本をともに好走した菊地、学連記録会で29分3秒を出した松村陣とともに2年生の成長が、選手層の薄さを解消しつつあります。

 

 

選手層と並んで安定感の無さも城西の不安要素かなー。ここ最近、安定して結果を残しているのはエースの紘太と菊地くらいで、他の選手は好不調の波が激しいです。安定して3大駅伝や予選会で上位に入ってきている選手が少ないんですよねー。不安定な選手は、序盤で出遅れるとその総合順位付近の区間順位になってしまうことも多いですし・・・上尾ハーフ、学連記録会とベストを出す選手が何人も出てきていますし、それを箱根にもつなげていって欲しいですね。

 

 

ここ2年鬼門になっている5区の山上りも人選も気になるところです。2年前は途中棄権の悪夢でしたし、前回は急遽走った黒川が区間15位、本来はしる予定だった松村元は箱根予選で大撃沈してしまい、ちょっと5区は難しそうに思えます。城西がここ5年で2度総合6位になっているのは、田村が3年連続で5区を6,7位と好走していることが大きいですからね!来年度以降を見据えると、伸びてきた2年生から山適性がある選手がいると面白いのですが・・・

 

 

不安要素だった怪我人もだいぶ回復はしてきましたかねー。全日本で復帰した室井は29分51秒のベストを学連記録会で出していますし、全日本7区で撃沈した山本も30分14秒とまずまず・・・ようやく戻ってきた河名は31分台とまだまだのようですが、ずっと姿を見せていなかった選手が10月以降に走れるようになってきたのは大きいです。選手層が薄い+怪我人が多いというのはある意味最悪の組み合わせですからね。。。全日本では8区で撃沈だった管も30分12秒ながらベストを更新、組トップだったので条件次第ではまだまだ伸ばせるでしょう。こちらも心配はいらなそうです。箱根に向けて少しずつですが、足並みは揃ってきているようですね。

 

 

箱根エントリー16人予想

 

4年:村山、横田、寺田、黒川、松村元、杵島啓

3年:西岡、舟生、室井、山本

2年:菊地、松村陣、高橋、佐藤穏、廣瀬

1年:管

 

 

箱根予選会は4年生中心のエントリーでしたが、ここにきて3年生以下にも元気がある選手が増えてきて、16人エントリーが予選会校の中では読みにくいですね。 学年のバランスやここ最近の勢いを考慮してエントリーを予想してみました。4年は実績のある村山、横田、寺田、黒川の4人は当然として、1万m30分1桁で走った杵島啓太と箱根予選は大撃沈ながら実績のある松村元も入れてみました。3年は学連記録会で29分50~30分15秒の間にまとめていた西岡、舟生、室井、山本の4人をそのまま・・・河名は31分台でさすがに厳しいと思い、外して予想してみました。

 

 

2年生が難しいところですが、実績のある菊地、松村陣は当然として、上尾ハーフで好走した高橋、佐藤穏、廣瀬もみんな入れてみました。ここは2年生の勢いに期待したいかなあと。来年度以降のことを考えても、2年生は主力となっていって欲しい学年ですしね!1年生は管以外はまだ目立った結果を残せていないので、16人に入るのは厳しいでしょう。個人的には佐藤史に期待しているのですが来年度あたり出てこないかなあ?

 

 

箱根予選及び全日本の結果を見る限り、シードは遥か彼方にある印象でしたが、上尾ハーフ、学連記録会での好走で少しではありますが光明が見えてきたようにも思えます。村山紘太という大学トップクラスのエースを抱えているのは、他のシードを狙う大学に対して大きなアドヴァンテージとなりますし、まずは1,2区を上手く滑り出し、5区さえ凌げれば復路はある程度戦えそうな気もするんですよねー。来年度は4年生卒業の穴が非常に大きいだけに、何とかシードを獲得してほしいものです!!

 
『箱根駅伝名場面100』という本が明日発売されますねー。去年は100人の証言だったかな?あれも興味深く読みましたが、こちらは特にここ10年くらいの名場面について書かれているみたいですねー。うーん、なかなかに興味を惹かれる内容ではあるが、こういったのも買っていると、出費がさらにかさむことになるからなあ・・・今週発売される陸マガ増刊号は買わないわけにはいかないし・・・駅伝ファンにとってはお財布と相談する日々が続きそうですね(笑)
 


PAGE TOP