2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~青山学院大学~

続いては、青山学院大学における全日本駅伝の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本では1区一色が6位と粘りの走りを見せ、3区終了時で3位と好位置につけます。その後は徐々に差をつけられ、シード権も厳しいかと思いましたが、日体大のブレーキもあり、大東大の猛追も何とかかわして6位でシード権を獲得しました。今年度は昨年度出場した選手が何人も外れていますが、総合力では遥かに上回り、優勝候補に名を連ねるまでになりました。そんな青山学院大学のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:藤川 拓也川崎 友輝

3年:小椋 裕介神野 大地渡邉 心久保田 和真

2年:一色 恭志秋山 雄飛安藤 悠哉田村健人

1年:中村 祐紀大越 望田村 和希

 

 

出雲のエントリーメンバーは全員エントリーされており、新たに3人がメンバー入りしました。今月になって5000m、1万mでともにベストを更新するなど勢いのある田村健、今年度5000mで14分4秒までベストを伸ばし、1万mも29分台に突入した大越、高校時代は都大路で好走し、5000mも14分3秒まで伸ばしてきた田村和の3人です。前回全日本を経験した5~8区の茂木、橋本、山村、高橋がいずれもエントリーを外れています。それでも、チーム力が大幅にアップしているというのが、今年度の青山学院の好調さを感じさせますね。そんな青山学院大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

小椋(3)-藤川(4)-久保田(2)-一色(2)-川崎(4)-秋山(2)-渡邉(3)-神野(3)

 

 

出雲駅伝 の区間配置を参考にしつつ、優勝候補筆頭と目される駒澤を意識して予想しています。最初と最後は出雲同様に小椋、神野としました。出雲で2度1区で好走しており、今年度は1万mで28分20秒台を出している小椋ならば出遅れる心配はまず無いでしょうし、ハイペースになっても昨年度の一色のように粘りの走りを見せられそう。アンカーの神野は前年度3大駅伝全てでエース区間を任されてしっかりと走っており、他大学のエース級とも互角に渡り合える選手ですからね。いわゆる大学を代表するようなスーパーエースが相手でなければ、前でタスキをもらえばそうそう抜かれることは無いでしょう。駒澤が馬場を起用してきたとしても同時スタートならば有利という考えもあります。

 

 

他の主要区間は2区に藤川、4区に一色としました。監督が4本柱と評価する4人をそのまま主要区間に予想しています。藤川は前回の箱根9区3位の好走が素晴らしかったですし、今年度は故障に苦しみましたが、夏合宿はしっかりとこなせたということで問題は無さそう。エース区間を任せられる選手だと思います。4区一色は駒澤の村山を意識しての予想、出雲でも3区村山を予想して一色をぶつけてきましたし、全日本も何区予想かは分かりませんが、一色をぶつけて最小限の差で抑えようとするのかなと・・・今の一色は青学のエースと呼んでいい選手に成長していますし、主要区間を安心して任せられる選手です。

 

 

繫ぎ区間は3区久保田としました。久保田はどちらかといえばスピードのキレを取り戻す練習を多めにしていたと聞きますし、ならば最短区間の3区あたりでそのスピードを活かしてもらえればと思いました。久保田が完全復活をしているようですと、この全日本はもちろん、箱根、そして来年度が非常に楽しみになります。5区に川崎、6区に秋山、7区に渡邉心としました。1年生の起用も持ちタイムや今年度の勢いからしてあり得るとは思うのですが、何が何でも優勝を狙うとなると、経験豊富な2年生以上の方が良いかなあと・・・川崎は今年度13分台、28分台を出しており、秋山は5000m14分ジャスト、初の1万mで28分台、渡邉心は5000mで13分台、1万mで29分1桁といずれも主要区間を任されてもおかしくない結果を残しています。そんな選手を繫ぎ区間に起用出来る選手層の厚さが今の青山学院にはありますからね。

 

 

持ちタイムや今年度の実績を考えると、やはり優勝候補と呼ばれるだけの選手が揃っていますね。主要区間、繫ぎ区間ともにどの区間も隙無くオーダーが組めそうです。アンカーにタスキが渡る時点でトップに立っていれば、そのまま逃げ切る可能性が高いのではないでしょうか?ただ、出雲の時も話しましたが、3大駅伝に優勝候補として臨んだ経験が青山学院にはありません。 優勝争いの経験値という点では他の優勝候補に劣るんですよねー。前回の全日本では優勝した駒澤にジャスト9分差をつけられており、その差をわずか1年間で埋め、見事に全日本初優勝を果たすことが出来ることが出来るのか?優勝候補と言われる大学の中では、3年生以下が最も充実しているだけに、今年度優勝出来れば最高ですが、そうでなくとも優勝争いに絡絡んでくれば、来年度以降に初栄冠を達成する可能性は高そうです。

 

 

順位予想の投票はまだ受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!

 


PAGE TOP