2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~東海大学~

続いては、東海大学における全日本駅伝の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本予選では、1年生を5人も起用せざるを得ない苦しいオーダーで10位と予選落ちになりました。しかし、今年度の全日本予選は白石、宮上、中川といった主力を欠きながらも、1組から安定した走りを披露、常に通過圏内でレースを進め、最終組でも川端が9位で走るなど層の厚さを見せつけ、見事に3位通過を果たしました。箱根予選も3位通過と順当に結果を残してきており、予選会校の中で最もシードに近い大学の一つです。そんな東海大学のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:中川 瞭石川 裕之

3年:白吉 凌冨田 三貴髙木 登志夫宮上 翔太

2年:廣田 雄希石橋 安孝荒井 七海桐原 翔太成田 元一

1年:川端 千都春日 千速

 

 

箱根予選会のメンバーから安藤が外れただけですね。土屋は高島平20kmで好走しており、心配は無さそうです。後は吉川が戻ってきてくれれば、ほぼ万全と言えそうかな?昨年度に比べると、故障者も復活してきており、ここまでは順調にきていますね。前回の箱根では廣田、石橋、石川、中川といった主力を欠いてシード落ちとなってしまったため、今年度は怪我なく全日本、そして箱根に臨んでほしいものです。そんな東海大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

白吉(3)-川端(1)-石川(4)-廣田(2)-冨田(3)-中川(4)-髙木(3)-宮上(3)

 

 

実力が拮抗している東海大学なので、箱根予選の結果を重視し、トップ4を主要区間にしてみました。1区は白吉、2年連続で箱根予選チームトップのエースと呼ぶにふさわしい選手です。どの区間でも任せられそうですが、1区で確実に上位で繫ぎためにも白吉に走ってほしいなあと・・・距離も2番目に長い区間ですし、スローペース、ハイペースのどちらにもきっちりと対応出来そうですしね。2区は川端、箱根予選会のラスト5kmのラップを見てもまだまだ余裕がありそうでしたし、長い距離は全く問題無さそうですね。もう学年に関係なくエース格の一人として、2区を走ってほしいです。主要区間であっても上位で来てくれそうなんですよね。ルーキーらしからぬ高いレベルでの安定感は本当に魅力的です。

 

 

4区に廣田、中川でもいいかなあと思ったのですが、完全復活をしてきた廣田を繫ぎ区間というのももったいないですし、是非とも主要区間を担って欲しいですね。箱根予選では2年連続で好走していますし、初の3大駅伝出場となりますが、堅実な走りをしてくれそうです。アンカーは宮上、ハーフ62分台のタイムを持ち、箱根予選もチーム3番手と好走していましたし、宮上ならば安心して任せることが出来そうです。ちなみに、白吉、宮上ともに1年時に全日本を走ってそれぞれ3区12位、5区12位と散々な結果だったんですよね。。。そんな二人が2年後にはチームのエースとして活躍しているとは、素晴らしい。。。

 

 

3区に石川、これまた主要区間を走って欲しい選手なのですが、予選会で62位とやや物足りない結果に・・・ちなみに、前年度も62位と 全く同じ順位だったんですねー。これはびっくりです。まだ、3大駅伝で好走したことは無いですし、ならばいっそ最短区間の3区で今年13分台、28分台を出したスピードを活かして欲しいなあと・・・繫ぎ区間にも力のある選手が置けそうなのが今年度の東海の強みですね。5区に冨田、箱根予選は216位と散々な結果でしたが、過去にハーフの距離で結果を残せていないですし、単純に長い距離が苦手なのかなあと・・・しかし、1万mでは先月29分3秒のベストを出しているわけですし、ならば比較的距離の短い5区での起用はどうかなと予想してみました。箱根は出場が厳しそうなだけに、全日本は出場してほしいという思いもあります。

 

 

6区に中川、長い故障からよくぞ戻ってきてくれました。箱根予選会では41位でしたが、まだまだ上げてこれそうな印象でした。中川が完全復活してくれれば、チームにとっても非常に心強いですね。繫ぎ区間の中でも個人的に重要視している6区あたりでどうかなあと思いましたが、チーム状況次第では主要区間に起用されることも十分に考えられます。3大駅伝でも、復活した姿を見せて欲しいです!!7区は髙木、今年度最も伸びてきた選手の1人ですね。1万mも29分11秒を先月出していますし、箱根予選会も52位とまずまずでした。高校時代に実績のあるセンスだけではなく、こういう叩き上げの選手が出て来たことが東海にとって大きいですよね。3大駅伝デビューが濃厚ですし、この勢いのまま3大駅伝でも好走して欲しいです!

 

 

選手を見ると、シード権も十分に狙えそうな戦力ですよね。ただ、じゃあ前回のシード校6校のうち、どこがシード落ちをするのか?と言われると、いずれもシードを守りそうな気がするんですよねー。それくらい、前回シード校は強いです。さらに、箱根予選会を2週間前に走っているというハンデもありますからね。箱根予選会校が全日本でシード権を獲得するのは非常に困難だとは思いますが、今の東海にはなにか期待したくなる強さがあるんですよねー。箱根へとつなげていくためにも、まずは全日本で結果を残してほしいものです!!

 

 

全日本区間配置予想順位予想の投票も受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!

 


PAGE TOP