2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~日本体育大学~

続いては、日本体育大学における全日本駅伝の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本では1区勝亦が出遅れたものの、2区山中の区間賞、4区服部の区間2位の好走で3位まで順位を上げ、出雲に続き3位かと思いきや、アンカー矢野がまさかの失速で総合8位とシードを逃してしまいました。しかし、箱根ではその矢野の爆走もあり、3位以内で全日本の出場権を獲得しています。今年度は3本柱の卒業にエース山中の調子が上がらず、期待の1年生が多数加入したとはいえ、チーム状況はまだまだ厳しそうですね。そんな日体大のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:加藤 光木村 勇貴

3年:勝亦 祐太周防 俊也

2年:小野木 俊小松 巧弥大手 敬史山本 航平

1年:小町 昌矢吉田 亮壱冨安 央城越 勇星柿本 昇忠

 

 

全日本予選エントリーを見て、最も驚いたのがこの日体大ですね。エースの山中は出雲に続いてエントリー漏れ、出雲メンバーからも4年の冨田、3年の奥野、小泉、2年の秋山と実に4人が外れています。本来であれば、3年生が中心となるべき日体大なのですが、3年がわずかに2人のみ・・・2年生4人、1年生5人と極端に下級生に偏ったエントリーとなりました。新たにメンバー入りした選手は、3大駅伝は未出場ながら、1万mで29分34秒、ハーフで64分31秒のタイムを持つ周防、先月の記録会で29分28秒の好タイムをマークしている小野木、今年5000mで14分9秒をマーク、1万mでも29分49秒を出すなど順調に成長を遂げている小松、今年5000mで14分18秒とベストをマークしている大手、箱根で7区13位の実績があり、今年5000mでもベストを更新している山本、高校時代に1万mで29分41秒で走っている城越、1万mで先月29分42秒をマーク、高島平20kmでも61分19秒と長い距離に早くも対応している柿本の7人となります。

 

そんな日体大の区間配置予想は以下のとおりです。

 

加藤(4)-小町(1)-小松(2)-木村(4)-吉田(1)-山本(2)-柿本(1)-勝亦(3)

 

 

これまた、予想が非常に難しいですね。。。実績のある上級生がことごとくエントリー漏れしているだけに、主要区間を組むのさえ苦労してしまいました。出雲エントリーと先月の日体大記録会1万mの結果を基本的には重視して選んでみました。出雲の主要区間である1,3,6区にエントリーされていた加藤、小町、勝亦をそのまま全日本の1,2,8区に当てはめてみました。1区で最も出遅れる可能性が低そうなのが加藤ですし、前回は勝亦でも遅れてしまいましたからね。今シーズン絶好調の主将に任せたいところ。2区は小町、1万mで29分16秒の好走、高島平20kmでも61分22秒とまずまずのタイムで走ってはいますが、正直2区を任せるには力不足な気もします。。。しかし、他に主要区間を任せたいという選手も正直いませんし、ならば期待のルーキーに任せるのも面白いかなあと・・・

 

 

アンカーの勝亦は好不調の波があるのは気になりますが、ハーフの持ちタイム62分39秒はエントリーメンバーの中でダントツのタイムを誇りますし、上級生となってそろそろ安定した走りを見せて欲しいですね。4区は最上級生の木村としましたが、ちょっと読めないですね。。。木村の実績も2年時箱根での4区5位くらいで他の3大駅伝は未出場ですし。。。今シーズンは5000mでベストを更新するなど、順調にきていますので勢いのある下級生に負けない走りを期待したいです。繫ぎ区間の3区は小松、今年5000m、1万mでともにベストを更新しているその勢いに期待したいなあと。ハーフの距離での実績がまだありませんので、最短区間での3区あたりでどうでしょうか?5区は吉田、過去に日体大は矢野、山中といったルーキーを5区で起用していますし、吉田ならばいきなり主要区間もあり得るかもしれませんが、出雲も最短区間の2区でしたし、まずは繫ぎ区間で予想してみました。

 

 

6区は山本、先月の記録会では30分13秒でわずかなベスト更新に留まりましたが、やはり箱根経験者というのは大きいですし、5000mでもベストを出していますからね。持ちタイム以上の力はあるでしょうし、3大駅伝の経験を活かしてくれればと思いました。7区は柿本、ルーキーのエントリー数の多さから3人は起用されるのではないか?そうすると、5000m、1万m、20kmのいずれでも結果を出している柿本は外せないかなあと。1年生を並べての起用は出来れば避けたいかな?と思い、7区にしてみました。出雲では2区吉田、3区小町と連続でルーキーだったのであまり気にしていないのかもしれませんが・・・

 

 

正直、上位を狙うというよりは下級生に経験を積ませるのが目的なのかな?と思ってしまうエントリーですね。これである程度戦えれば収穫でしょうが、ちょっともったいない気も・・・シード権争いにさえ絡むことは正直難しそうで、一桁順位でゴールできれば上出来かなあ?監督も今年度のルーキーには非常に期待していましたし、谷間かと思われた2年生も順調に伸びてきています。出場する下級生には実力で全日本のメンバーに選ばれたということ証明して欲しいですね!!

 

 

全日本区間配置予想順位予想の投票も受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!

 


PAGE TOP