2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~早稲田大学~

続いては、早稲田大学における全日本駅伝の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本では1区柳が15位と大きく出遅れたものの、2区大迫の区間賞を始め、3区以降は各選手がしっかりとタスキを繫ぎ、不安視されていたアンカーの田中も区間6位の力走、総合4位でのシード権を獲得しました。今年度は大エース大迫が抜けたものの、28分台を出す選手が何人も出てくるなど、総合力では昨年度を上回る戦力となってきました。そんな早稲田大学のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:山本 修平田口 大貴

3年:柳 利幸高田 康暉中村 信一郎三浦 雅裕藤岡 孝彰

2年:井戸 浩貴武田 凜太郎佐藤 淳

1年:光延 誠石田 康幸安井 雄一

 

 

出雲のエントリーメンバーは全員エントリーされており、新たに3人がメンバー入りしました。先日の記録会で1万m28分台をマーク、箱根では2区区間賞という最高の走りを見せてくれた高田、5000mで14分29秒、ハーフは30分53秒ながら学生ハーフで64分40秒のベストをマークした藤岡、1年時は3大駅伝にフル出場の大活躍も、箱根以降は半年間故障に苦しみ、先日の記録会で29分12秒で走れるまでに回復してきた武田の3人です。高田、武田の復帰は早稲田にとって非常に大きいですね。後は平と高橋さえ戻ってきてくれれば、選手は揃いそうですね。そんな早稲田大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

柳(3)-高田(3)-武田(2)-山本(4)-光延(1)-井戸(2)-中村(3)-田口(4)

 

 

早稲田の区間配置予想において、参考になりそうなのが出雲の区間配置と先日行われた早稲田記録会です。早稲田記録会では28分台が5人も出るなど大盛況、武田、高田も好走しており、出雲メンバー6人+高田、武田の8人が全日本も走る可能性が高いと思います。早稲田にとって最も大事な区間といえるのが1区、4年連続で1区で出遅れています。そして、出遅れを4年連続で挽回してくれていた大迫はもういません。例年以上に重要度が高い1区ですが、出雲でも1区柳を起用予定だった以上、全日本も柳の可能性が高いでしょう。過去に3度1区を走って3度失敗していますが、それでも1区に起用してきたのですから監督の信頼の高さが伺えます。トラックで見せるような快走を駅伝でもそろそろみたいですね。4区も前回同様山本にしました。2年連続で4区を走っていずれも好走しており、今年度も早稲田記録会でトップになるなど好調みたいですから、悪くとも過去2年並みの走りは期待出来るのでは?2区は高田、箱根2区での区間賞は衝撃的でしたし、28分台で走れるまでに回復しているのであれば、是非ともエース区間を走って欲しいです。箱根2区がフロックではないことを証明して欲しいですね!!

 

 

アンカーは田口、出雲でもアンカーを任されていましたので、全日本もアンカーの可能性が高そうかな?ハーフでの実績も豊富ですし、前年度の田中以上の走りも期待出来そう。まだ、主要区間でそこまで結果を残せてはいませんが、 監督の信頼度が高そうというのも理由の一つです。繫ぎ区間に目を向けると・・・3区は武田、ずっと故障をしていたことで走りこみが不足している恐れがありますし、それならば最短区間の3区が良いかなあと。10kmではベストに近いタイムで走れることは先月記録会で証明していますしね。5区に光延、5区は過去4年のうち3度ルーキーが起用されている区間であり、全カレで入賞するなど期待のルーキーではありますが、主要区間を走れる選手は揃っていますので、まずは繫ぎ区間でのデビューで問題無いかと思います。

 

 

6区は井戸、1万mで28分台までタイムを伸ばしてきており、主要区間も任せられそうですが、6区に井戸がいてくれればチームとしても心強いかなあと。前回は7区3位で走っていますし、同じくらいの順位では走って欲しいところですね。7区に中村としました。28分台ランナーを7区に置けそうなのは、駒澤、明治、青学といった優勝候補くらいではないでしょうか?まだ3大駅伝では目立った活躍は出来ていませんが、今シーズンは5000m,1万mでベストを更新するなど順調に伸びてきていますので、大きな飛躍が見込まれる選手ですね。

 

 

随分と選手層が厚くなってきており、繫ぎ区間でも他大なら主力級を配置することが出来るようになってきましたね。そうなると、最大の不安要素はやはり1区ですね。ここで出遅れなければ、十分に優勝争いは出来そうです。ただ、優勝争いとなると8区も不安になってきそうです。優勝候補と呼ばれる大学はエース級を8区に起用してくることも十分に考えられますからね。そうなると、アンカーまでに差をつけておこうか、エース級を配置する必要も出て来ますからね。全カレや早稲田記録会の結果を見ると、優勝候補の一角に名を連ねてきてもおかしくないですね。絶対的エースはいませんが、やはり総合力が高いです。3冠を達成して以来、優勝争いにさえ絡むことが出来ていませんので、優勝出来れば最高ですが、まずは先頭がある程度見える位置でレースを進め、優勝争いの緊張感を経験しておきたいところですね!

 

 

全日本区間配置予想順位予想の投票も受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!

 


PAGE TOP