2014年 全日本駅伝戦力分析&区間配置予想 ~明治大学~

続いては、明治大学における全日本駅伝の戦力分析と区間配置予想を行っていきます。前回の全日本では1区文元で4位と好位置につけると、2区八木沢こそ11位と苦しみますが、3区以降はいずれも区間6位以内の安定したレースを見せ、アンカー大六野で3位にまで浮上し、出雲で7位に沈んだ借りを返しました。優勝を狙うなら、もう今年度がとにかく勝負の年であり、来年度以降は厳しい戦いが予想されます。出雲は故障者が多くベストメンバーから程遠い印象でしたが、全日本ではだいぶ選手も戻ってきました。そんな明治のエントリー一覧過去5年成績はこのようになっております。

 

 

4年:山田 速人文元 慧大六野 秀畝有村 優樹松井 智靖

3年:横手 健牟田 祐樹木村 慎山田 稜

2年:吉田 楓藪下 響大

1年:皆浦 巧渡邊 智裕

 

 

出雲エントリーからは、江頭賢が外れた一方、次の4人が新たにエントリーされています。全日本は2年時に7区5位で走っており、今年度は1万mで28分35秒とチームトップとなるタイムを叩き出した山田速、5000m13分47秒、1万mでは今シーズン28分43秒を記録し、持ちタイムでは十分、後は勝負レースでの実績が求められる牟田、5000mで14分8秒をマークし、高島平でも61分16秒とまずまずのタイムで走るなど、順調に力を伸ばしてきている山田稜、前年度は1年生で唯一箱根エントリー16人に選ばれている吉田となります。八木沢、前野は未だにエントリーされなかったのは残念ですが、出雲に比べればだいぶメンバーは揃ってきましたね。そんな明治大学の区間配置予想は以下のとおりです。

 

 

文元(4)-横手(3)-山田速(4)-木村(3)-有村(4)-松井(4)-山田稜(3)-大六野(4)

 

 

来年度以降のことは考えず、3,4年生のみで予想してみました。先日行われた高島平20kmでまずまずの走りを見せたのがチーム内1位の山田稜と2位の皆浦であり、微妙な走りだった牟田、吉田、藪下、渡邉はメンバー落ちが濃厚かなと。。。より良かった山田稜を8人目に選んでみました。1区は文元、出雲ではまさかのメンバー落ちでしたが、さすがに全日本では1区を走ってほしいなと・・・というか走ってくれないと明治としては厳しいという思いがあります。文元の安定感のある走りは明治にとって大きな武器ですからね。残る主要区間は、出雲でも主要区間でエントリーされた横手、木村、大六野にしてみました。2区は横手、トラックでの活躍に比べるとロードではやや物足りないこともあり、主要区間の中でも走りやすいと言われる2区でどうかなあと・・・もちろん、エース級が集まる区間でもありますが、今年度の横手はひと味もふた味も違うところを見せて欲しいです。

 

 

4区は木村、出雲では最長区間の6区にエントリーされるほどですし、1年時には4区を任せれた7位でまとめており、前回は7区区間賞と全日本での実績も豊富です。 ここは是非とも過去に経験している主要区間である4区で前回のような快走を見せてほしいと思いました。アンカーは前回同様大六野、前回の区間4位の快走は見事でしたし、優勝を目指すのであれば、アンカーに大六野を置いておきたいところなんですよね。チームのエースとして、昨年度に負けない走りを期待したいです。繫ぎ区間は 八木沢や前野がいないこともあって悩ましいところです。3区は山田速にしました。過去5年いずれも6位以下と実は苦手としている区間なだけに、ここは1万mでチームトップを持つ山田速のスピードを見せてほしいなあと・・・持ちタイム通りの走りを見せてくれれば、チームとしても一気に勢いづきそうです。

 

 

5区は有村、本来は主要区間も任せられる選手ではありますが、出雲も最短区間の2区でしたし、他に主要区間を任せられる選手は揃っています。それならばいっそ、2年前に区間記録にわずか1秒まで迫る走りを見せた5区でその走りの再現を見せて欲しいかなあと。。。6区は松井、出雲も4区にエントリーされていましたし、前回は5区2位、前々回も6区4位で走っていますからね。全日本では2年連続で結果を残していますし、今年度も3位以内は期待したいです。7区は山田稜、先ほども書いたとおり、高島平での走りを見ても、5000m14分8秒と今年ベストを更新していることからも、そろそろ3大駅伝デビューを期待したい選手ですし、予想した他7人がいずれも3大駅伝を複数回経験していることから、比較的走りやすい7区あたりでデビューかな?と思いました。

 

 

主要区間は実績のある選手・今期好調の選手で埋められそうですし、繫ぎ区間を見ても大きな穴は無さそうですね。ここに八木沢がいればさらに盤石と言えそうだったのですが、いないものはしょうがありません。優勝候補の一角に数えられるだけの戦力だと思いますし、全日本は出雲や箱根と違ってブレーキすることもなく、堅実に走れている印象です。全日本にエントリーされている選手が、高島平20kmで何人も凡走しているのは気になるところですが、今年度勝てなければ次はいつまた勝つチャンスがくるのか 正直わからないですし、是非とも勝負の年である今年度に全日本初優勝を果たして欲しいです!!

 

 

全日本区間配置予想順位予想の投票も受付けていますので、こちらもよろしくお願いします!

 


PAGE TOP